読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やりやすいことから少しずつ

好きだと言えないくせして子供みたいに死ぬほど言ってもらいたがってる

ステージに立つ人の立ち振る舞い~YO-KINGと岡村靖幸の違いで考える~

スターは一般人ではない


先日、真心ブラザーズのライブを見てきまして、とても素晴らしく幸せな気持ちになったわけですが、YO-KINGのステージ上の立ち振る舞いを見ていろいろ考えることがありました。


ステージ上でフロントマンはみんなの視線を一手に引き受けていることを理解しているからこそ煽ったり盛り上げたりするわけです。
「イエーイ!」と声を出す、コール&レスポンスをする、ステージを端から端まで走る、ジャンプする、客席に手を振るなどなど。さらには客席の中に入っていったり客席の上を歩いたりする人までいます。
しかし、YO-KINGはそういうことを一切しません。昔はフロントモニターに足をかけてジャンプ!とかもやっていましたが、ここ数年は本当に何もせず、ごくたまにステージ上を左右に歩くだけ。やるのは面白MCと素晴らしい歌だけ。


それでも成立するのがYO-KINGです。その「何もしない」を恐れない心とそれで成立させるスター性。これ、桜井さんではできない芸当です。というか、ほとんどの人はそんな無防備な姿でステージに立つことなんてできないはずです。


さすがYO-KINGだなーと考えていたら、そういえば岡村靖幸は真逆だな、ということを思いました。
ステージ上でMCは一切しない代わりにコール&レスポンスはしつこいほど繰り返し要求するし、3時間ぶっ通しで踊り続けるし、手を振るどころか投げキッスも連発してくれます。


何もしなくても成立するYO-KINGとコミュニケーションを求めてデンスし続ける岡村靖幸
「満ち足りているから自分の幸せを分け与えよう」というYO-KINGと「全然足りないんだ」と希求し続ける岡村靖幸
岡村ちゃんはそれを「モテたい」というワードで表現し、そしてその「足りない」という飢餓欲求が私たちに対する磁力になり、魅力になり、共感になるのです。


二人ともスターであることは間違いないのですが、アプローチは真逆。
どっちがいいとか正しいとかいう話ではありません。普通の人はYO-KINGの余裕は持てないし、岡村ちゃんほどコミュニケーションも求めない(既にステージ上でキャーキャー言われているわけですから)。どちらも一般人ではありません。この「過剰な余裕」と「過剰な飢餓」がスターたる所以なんだろうな。


ここで音楽評論家なら何かしらの「結論」を導き出すのでしょうが、私はそんなことできず、何の分析も結論もないけど「スターってすごいよね」というお話でした。


GOODDEST

GOODDEST

幸福

幸福

 

真心ブラザーズ「東西たっぷり真心届けます!2017」 に行ってきました!感想(その2)

前回のお話↓
ese.hatenablog.com

バンドメンバーが戻ってきて『あれあれ、あの、あれ』。
これは桜井さんの曲なのですが、個人的には桜井さんの曲の中でトップクラスに好きな曲です。メロディもいいし、歌詞も面白いし、今の自分そのものだし。ライブでも盛り上がっていい曲です!
この曲終わりでYO-KINGは「俺、桜井の曲の中でこの曲の2番の『そう、系でいうとそう』の部分がいちばん好き。あれは出てこない」と褒めるが「そこ…?」と腑に落ちない桜井さん。そりゃそうだ。


『I'm In Love』は地味だけどいい曲。沁みる。
『STONE』大好き!チンポ石チンポ!
今回は曲の途中からSly&The Family Stoneの『サンキュー』に変わり、また『STONE』に戻るというアレンジが素晴らしかったです。
www.youtube.com


さあ、ラストスパート!
『Dear, Summer Friend』は真心復活第1弾シングルで、当時私はTシャツ付きのシングル買ったなー、なんていう思い出。
この曲は、出た当時は「復活一発目だから『サマーヌード』の二番煎じを持ってきたな」と思い、そんなに好きではありませんでした。でも、今は好き。いい曲です。素直になろう。
ちなみにこの曲は、歌詞の文節終わりの音と次の歌詞の音が同じなのです。
「君とキスしたら/楽勝で世界は/笑うほど変わった/ただの真夏は光の季節に」という具合。これが1曲まるまる続きます。まるでしりとり。これは当時桜井さんが歌詞の実験で「口が気持ちいい歌詞を書こう」ということでこういう実験的な手法を使って書いているのです。面白い。


『ENDRESS SUMMER NUDE』。今回のライブはレア曲満載であっても、定番曲は外さない。正直私は「たまにはやらなくていいんじゃない?」と思うこともあるのですが、曲が始まると盛り上がってしまう。
初めて真心ブラザーズのライブに来た人もいるはずなので、そういう人たちに自分たちの代表曲を必ず演奏するという姿勢も素晴らしい。


『EVERYBODY SINGIN' LOVE SONG』で本編終了。
この曲も好き。作詞:YO-KING、作曲:桜井さんが上手くはまっている!掛け合いもあるし後半ハンドクラップだけになるところもあるのでライブでも盛り上がる。


アンコールは物販のTシャツに着替えることが多いですが、本日は最初の服装そのまま。汗びっしょりじゃないの?
先日亡くなったムッシュかまやつさんを偲んで『バン・バン・バン』。
www.youtube.com
歌いだしてからエレキを持っていないことに気づいて慌てて後ろに置いてあるエレキを手に取るYO-KING。かわいいぞ!
曲終わりで「ムッシュが僕らをえこひいきしてくれたから世に出ることができました。ムッシュありがとう!」と桜井さん。そうですよね、かまやつさんが真心の二人のデビューを後押ししてくれたのです。


『I'M SO GREAT』はライブのために作ったのかなーと思うほど毎回盛り上がる。「俺すげー!」の自己肯定ソング!
www.youtube.com
『新しい夜明け』はやはりライブ後半に置かれるのが正しい。とてもハイでポジティブな気持ちになれる。歌詞もいい。
www.youtube.com
そしてオーラスはおなじみ『RELAX〜OPEN〜ENJOY』。


終わりました。真心ブラザーズのライブの感想は毎回同じなんですけど、「幸せになる」です。楽しい、いい人になる、自己肯定感が増す、これらをひっくるめて「幸せになる」です。
彼らは必死に煽ったりコール&レスポンスや腕の振りなどの強要もない。MCはゆるい。なのに後半になると大いに盛り上がり、ラストで幸せになる。セトリや構成が上手いよなー。と、『STONE』以降のセトリを振り返って思うのです。


その他感想いくつか。
YO-KINGは、本日も喉絶好調。当然のようにいいので「いい」とわざわざ思わないほどのハイアベレージ。
そして、彼はステージで「何もしない」んですよね。客席を煽るアクションもしないし左右に走って盛り上げることもしないしお客に手を振ったりもしない。泰然自若な立ち振る舞いですが、これが許されるのはYO-KINGだから。選ばれし「スター」だからただそこにいるだけで間が持つのです。
桜井さんはサービス精神あふれるお方ですが、スターではない。


あと、今回はドラムがビバさんから山口美代子さんに緊急代打だったわけですが、これが全然違うドラムでした。
ビバさんはリズム後ろ目のリズムキープですが、山口さんはつんのめる前のめりビートなので、同じ曲でも全然違う。『I'M SO GREAT』のような速い曲ははまるけど、『RELAX〜OPEN〜ENJOY』のような遅い曲は他の楽器と合っていないように感じました。こんなことを感じたのは私だけでしょうか。


ついでに。今回、ステージ上の四隅には照明の櫓が組まれていて、その最上段には人が座って照明を操作しておりました。私初めて気づいたのですが、これって毎回?あの素晴らしい照明は手動だったのか。


この中野サンプラザでの毎年恒例ライブがいつまで続くか分かりませんが、続く限り行くぞ。中野サンプラザが建て替えになったらどうなるんだろ。
で、新曲なんかは作っていらっしゃるのでしょうか…。急かしませんが、待っていますよー。


本日のセトリ。ここからいただきました。
真心ブラザーズ @ 中野サンプラザ ホール (東京都) (2017.03.04) | ライブ・セットリスト情報サービス【 LiveFans (ライブファンズ) 】
1.Soul Intro~The Chicken
2.BABY BABY BABY
3.ループスライダー
4.きみとぼく
5.メトロノーム
6.アーカイビズム
7.同級生
8.ふわふわ人
9.流れ星
10.橋の上で
11.この愛ははじまってもいない
12.流星
13.あれあれ、あの、あれ
14.I'm in Love
15.STONE
16.Dear, Summer Friend
17.ENDLESS SUMMER NUDE
18.EVERYBODY SINGIN' LOVE SONG
アンコール
19.バン・バン・バン
20.I'M SO GREAT
21.新しい夜明け
22.RELAX~OPEN~ENJOY


Keep on traveling(DVD付)

Keep on traveling(DVD付)

そろそろ『Keep on smiling』を聴きたいのですが、どうでしょう。

真心ブラザーズ「東西たっぷり真心届けます!2017」 に行ってきました!感想(その1)

毎年恒例の真心ブラザーズ中野サンプラザ公演に行ってきました。
f:id:ese19731107:20170304163454j:plain
f:id:ese19731107:20170304163535j:plain
中野サンプラザって建て替えの話があるけど、結局いつまで営業しているの?
(調べたら2022年解体、2025年復活だそうです)


開演時間を10分ほど過ぎてスタート。知らない曲だなーと思っていたら、ジャコ・パストリアスの『The Chicken』でした。
www.youtube.com
今回はドラムがいつものビバさんではなく、山口美代子さん。何とビバさんはコケて骨折したそうです!



YO-KINGもギター持っているのね、と思っていたら桜井さんがギターを置いてMCに。何といきなりメンバー紹介でした。各メンバーのソロ回しでは、YO-KINGもギターソロを披露してくれました。いつもエレキは遠慮気味ですな。


そのまま本編開始。『BABY BABY BABY』。
www.youtube.com
この曲、好き。後半の「少しずつよりよくなるのさ」の部分が好き。自分からよりよくするのだ。アクティブなポジティブ。
演奏もホーンが活躍するのでよい。


続いては『ループスライダー』。おお!この曲をライブで聴くのはめずらしい。
www.sonymusic.co.jp
あれ?この曲はMVはオフィシャルではあげてないの?ソニーのページを貼っておきます。
この曲は1997年の武道館公演の際に前説として出ていたつぶやきシローに「この曲はサビの終わりが下がるのがもったいないね」なんて言われていましたが、私もそう思います。勝負曲だったのに、こねくり回しすぎた、と思っています。


ここで最初のMC。
Y「『ループスライダー』をやるということは、そういうライブです。普段やらない曲をたくさんやります」
桜井「中野サンプラザでのライブは数年前に10回目だったんだけど、それが何年前だったかは覚えていません!」
Y「そういう『周年』は気にしなくていいんじゃない?」


『きみとぼく』
活動再開後のシングルはどれもぱっとしない印象なのですが、ライブで聴くといい曲だな。
メトロノーム
桜井さんの曲はどれも「考えて作っているなー」と思います。ボーカルが別の人だともっといい曲に感じるんだろうなー。
一応YO-KINGはエレキを持っているのですが、弾いているような弾いていないような…。


ここでホーン、キーボード、コーラスが舞台からはけて、ドラム・ベースと真心の二人のみ。そこで演奏する曲は『アーカイビズム』!
この曲は去年の「GREAT ADVENTURE 20th」ツアーで演奏されていますが、それを除くとライブで聴くのはレアですな。
テンション高い曲ですが、YO-KINGは走ったり跳んだり煽ったりはしないのです。YO-KINGはスターなのでそんなことをしなくても成立するのです。


再びMC。裏方の人って有名でも顔は知らない人っているよね、という話で「以前筒美京平さんが曲書いて俺が歌詞書くっていう仕事をしたんだけど、譜面でのやり取りはしたけど『そういやお顔知らないや』っていうことがあって」と桜井さんが言うと「桜井だってそんなに知られてないよ」と言い放つYO-KING。冷たい!


ここからさらにレア曲。1991年のシングルで、シングルなのにアルバム未収録の『同級生』、1stアルバム収録曲の『ふわふわ人』。
私はどちらも知らない曲だったのですが、どちらもいい曲。『同級生』は昔の真心のフォークな感じでメロディがいい。『ふわふわ人』は歌詞とコード・メロディの展開がいい。
Y「懐かしい」
桜井「1stのリマスターでもどうですか」
Y「もうすぐ30周年だからね。ってさっき『周年にはこだわらない』って言ったばかりなのに!」
桜井「さっき言ったこともすぐ忘れるという」


お客さんを座らせて『流れ星』『橋の上で』『この愛ははじまってもいない』の「失恋3部作」。
www.youtube.com
さらにおまけ?で吉田拓郎『流星』!これまた名曲!
www.youtube.com
こういうのを聴くとYO-KING吉田拓郎チルドレンだなーということがよく分かりますね。


感動の拍手の客席に対して
Y「分かった?俺のボーカリストとしての実力」
桜井「毎日『私のこと好き?』って訊く乙女みたい」
欲しがるYO-KING乙女。


ここでバンドメンバーが戻ってきて後半の盛り上がりなのですが、一旦切ります。続きは明日以降。


流星

流星

2017年2月ツイートまとめ(その2)







↑これ、強く望みます。


KANA-BOONの件。









「お姉さん/おばさん」の線引きは男性が決めてくれるそうです。
↑さすがにアイドルは別枠にしてくれよ。「CUT」でいいじゃん。

↑だから、味がどう違うのか訊いているんだよ!



↑尾崎アナ、好き。
↑毎日レジでいいです。でもお金とか保険とか年金を考えるとそうもいかないよね。

↑これ、どこまでアリなの?じゃあまず最前列にダッシュしてそこに荷物置いていいの?ちょっとモヤモヤした。

↑この柴さんのヤンキー・サブカル論、とても納得!好きなカルチャーの違いではなく自意識の問題。

2017年2月ツイートまとめ(その1)

















↑その頃、もう誰もピコ太郎に興味がなくて客席ガラガラだったらかわいそうだな。






↑今でも自然は好きではない。都会で文化に触れたい。
↑「コラ!」で済む話だと思うけど、見せしめの意味もあったのかな。






↑そう思うと、逆に以前はよく映画館が存続していたな、と思う。


↑昔は夕方にドラマやアニメの再放送をしていた。今は情報番組ばかり。再放送の方が制作費安上がりだし数字も取れると思うけどなー。