読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やりやすいことから少しずつ

好きだと言えないくせして子供みたいに死ぬほど言ってもらいたがってる

ようやく見ました「世界は言葉で出来ている」

あのオッサンは何も成していない


ゴールデン1回目を見逃してしまったのですが、2回目にもMummy-Dが出るので今度は忘れずに録画予約しました。


先日のエントリでは内容も見ずに書いていたので、いくつか違っているところがありましたね。
通常の放送は19時でなく20時なのですね。回答もフリップに手書きからキーボードに打ち込み→画面に表示にバージョンアップしていました。さすがゴールデン。
司会も、深夜時代はショーパンだったのがアヤパンになっていました。これもゴールデン対応なのですね。
キョンキョンは毎回いるのかな?深夜時代と同じようにたまに主宰者は変わるのかな?


さて、肝心のDさんですが、全く活躍していませんでした。答えの内容もイマイチだし、トークはもちろんイマイチ。テレビのスピードについていけていない感じ。ステージの上だとあんなにセクシーなのに。ステージの上だとあんなにとぼけて面白いのに。そして決めるところは格好いいセリフで決めてくれるのに。やはりテレビは宇多丸さんの方がいいですね。


それにしても、やっぱりこの番組は乗り切れない。企画自体は良さそうなのに。多分企画会議では盛り上がったと思います。でも、実際やるとそうでもない。机上の空論ですな。
話を戻そう。
やはり偉人の名言が隠されていたらその正解を知りたくなるし、その正解を考えてしまう。でもこの番組はそういう「クイズ番組」ではないので、そこを期待してはいけない。
そして回答者(コトバスターという)の言葉には「ほおー」「なるほど」しか感想が出ない。正解を当てるカタルシスも爆笑を誘うコメントもない。
そこで、私の案。
偉人の言葉はテレビを見ている私たちには先に教えてもらいたいです。そうであればそれと比較して「超えている」「やっぱり偉人の方が深いコメントだな」などと感じられるし。
採点の観覧客も偉人の言葉は知っていて、それと比較しての点数だとよいのでは。


と書きながらも、これも机上の空論なのでしょう。


前回のエントリはこちら↓
見るの忘れた「世界は言葉でできている」 - やりやすいことから少しずつ