読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やりやすいことから少しずつ

好きだと言えないくせして子供みたいに死ぬほど言ってもらいたがってる

今さらですが「FNS歌謡祭2012」 感想

あけましておめでとうございます。
年末年始も「すべらない話」「ガキの使い」「ドリームマッチ」と面白い番組が目白押しでしたが、どれもまだ見ていません。この「FNS歌謡祭」だって12月5日放送なのにようやく今日見終わりました。私のハードディスクはそれくらいのタイムラグで録画消化しているのです。


で、この「FNS歌謡祭」ですが、やはり面白かったです。生で演奏しているところ、2つのステージを交互に使うノンストップメドレー、様々なコラボなど、いつもの「僕らの音楽」のバージョンUP版としてとても楽しめました。
それでは、感想を箇条書きで。


■ゴールデンボンバー
音楽はちゃんと聴いたことがないので、大層なことは言えないのですが、何となく人気の理由が見えた気がしました。
①顔がいい
②ホストっぽい
③ヤンキーの匂いもある
④「ミュージシャンなのに面白い」という低いハードル
⑤ボカロやネット音楽の普及により、「エアバンド」に対する否定的感情が薄い。逆に武器になっている。
アイドルと芸人とビジュアル系バンドと氣志團のいいとこどり。


■TMレボリューション
やっぱり歌上手いね。


松下奈緒
私はロリコンなのに、この人の美しさにはひれ伏してしまいます。美人だ。
同じくミュージシャンでは村治佳織さんの顔も好き。


■倖田來未
授乳期間なのでいつもより胸がでかい。


■ジャニーズ
みんなちゃんと歌っているのになぜジャニーズだけ口パクなんだ。踊りもそんなに上手いわけじゃないのに。ちゃんと歌うとスマップみたいにひどいことになるから?
テゴマスだけは頑張っていましたね。手越くんのドヤ顔はちょっと目に余るけど。


柴咲コウ
歌う時の動きがCoccoや鬼束さんのようで、この先がちょっと怖いかも。


久保田利伸
いつでも誰とコラボしても、力の差が見えすぎる。他の人がMAX10の力を9まで発揮しても、久保田さんはMAXが100くらいあるので、そんなに力を出さずに15くらいでも差が見えすぎる。
でも、3代目Jソウルの人は上手いと思います。


由紀さおり
「夜明けのスキャット」って歌詞あったのね。


石井竜也
エンタテイナーですね。歌も上手い。私、石井さんと陣内孝則がかぶるのですが、いかがでしょうか。


華原朋美
復活ですが、もともとファンではないのでそんなに感動せず。「頑張って準備・練習したんだろうなあ」「でも歳は取るよな」という思い。
この人と中島美嘉は「声はいいのにピッチ(音程)が悪い」というイメージがあります。中島美嘉のデビュー曲を聴いたときに「これ、朋ちゃん?」と思いました。何でも直せる現代のレコーディング技術なのに「音痴?」と思うほどの破壊力。


小柳ゆき
久々ですが、さらにパワーUPしてますね。デーモン閣下を圧倒するボーカル!ちょっと怖いほどの迫力でした。あ、見た目の話じゃないですよ。


■The MONSTERS
香取くんと山Pのユニットです。この曲、二人の作詞作曲となっていますが、本当?すごいな。
いい曲なのですが、K-POPに寄せすぎじゃないですか?


西野カナ
現代の若い女性の希望を全て具現化すると彼女になります。タレ目の感じも会えない感じも。
でも最近、私は彼女のボーカリストとしての実力に感心しているのです。どんどん上手くなっていますよね。もともとハイトーンが強みでしたが、声量も増え、音程もしっかりしている。見た目と歌詞のせいで軽く見られがちですが、10年後は違う評価をされていると思います。


菅野美穂
ここ10年くらい、私のステキ女性ランキングで常にほぼトップにいます。いつまで可愛いんだ。


雅-MIYAVI-
彼がこの番組に出るなんて!アッコさんとコラボしていましたが、これで気に入られて飲みに誘われてそう。今度彼で「僕らの音楽」やってくれないかな。この「見て分かるすごさ」はテレビ向きだと思うのですが。
BOBOがスーツ着て髪の毛もしばっていて笑った。下半ズボンだし。


水樹奈々
彼女のことも何も知りません。でも歌は上手かった。音程も化粧もバッチリ。


■いきものがかり
いきものがかりは「ちょうどいい」。曲も王道だし、ボーカルも上手いけどR&B的なテクニックに走らず、「まっすぐ歌う」感じが良い。数年後、音楽の教科書に載っていそう。でもコード難しいのが多いんだよな。
あとはボーカルの吉岡さんの顔も「ちょうどいい」。可愛いのにエロくない。ちょうどいい可愛さです。


■とんねるず
人として強いので、いるだけで存在感があるし、しゃべるだけで面白い。松本人志とは基礎体力が違う。
「フジテレビ頑張れ、このままじゃテレ朝に負けちゃうぞ」というのは本音だと思っています。


大橋トリオ
ピアノ弾いているだけだったのでもったいない。
見ている人は「あの人と誰と誰が大橋トリオなの?」と思ったことでしょう。


■ATSUSHI
ギター持っている意味ないじゃん。浜省や「TRUE LOVE」の頃のフミヤみたい。


LOVE PSYCHEDELICO
クミさんの声はいいですね~。
なぜだろう、ギターの男が前に出てくるとイラッとするのは。


■浜崎あゆみ
劣化したなあ。見た目もそうですが、声が出てない。
マドンナを目指して日々トレーニングしているはずなのに、ボイトレはうまくいってないのかな?プロ意識は人一倍ある浜崎様なので、これでいいと思っていないはずなのに。
全然好きではないですが、頑張れ。


さて、長くなりましたが、今回一番大活躍だったあの人を書いていません。
そうです、玉置浩二です。
でも、玉置さんについては書きたいことが多すぎてさらに長くなっちゃうので、別エントリで書きます。


今回の「FNS歌謡祭」は、いつもに増してアイドルが多く、そこが不満でした。口パクだし、コラボもしないし。
ゴールデンなのでお茶の間の人気者を出すのもある程度は仕方ないのですが、もう少し「実力者同士のぶつかり合い」が見たいのです。「僕らの音楽」でのSuperflyと秦基博の「楓」なんて鳥肌もんだったけどなあ。
でも豪華な番組でとても楽しめました。来年も期待します。あとは毎週の「僕らの音楽」も。
テレ朝に負けるな!

【TV】 superfly×秦基博×金城綾乃「楓」