読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やりやすいことから少しずつ

好きだと言えないくせして子供みたいに死ぬほど言ってもらいたがってる

東北を旅してきました 「4日目①」

1月27日(日)

本日の予定:花巻(宮沢賢治関係)、遠野


今日は日曜日なのですが、もはや曜日の感覚はありません。
夜のうちは雪が降っていましたが、出発の頃には晴れていてまたいい旅びより。


まずは「ぎんどろ公園」へ。
しかし、全ては雪の下。冬の間はお休みなのですね。
f:id:ese19731107:20130127095206j:plain


続いて「雨ニモマケズ」の詩碑がある場所へ。
前日の雪で通路は埋まっていましたが、地元のおばあちゃんふたりが雪かきをしていました。少しお話したのですが、お年寄りの方言は柔らかくていいですね。何言っているか分からないこともありましたが。
f:id:ese19731107:20130127101115j:plain
読めなーい。
f:id:ese19731107:20130127101550j:plain
隣には「桜地人館」もあったのですが、これも冬季間はお休みでした。
f:id:ese19731107:20130127102124j:plain


次は「イギリス海岸」。何がイギリスなのか分からないまま向かいます。
しかし岸は雪+工事中で何もイギリス感を感じることができませんでした。単なる川。
後で調べたら、地層がイギリスの地層に似ているとのこと。何だそりゃ。しかも夏の渇水期にその地層はたまに見られる程度らしいです。何だそりゃ。ガイドブックに載せんなよ。
f:id:ese19731107:20130127104900j:plain


いよいよ本番。「宮沢賢治童話村」です。
この旅のために宮沢賢治の作品をいくつか読んできたのですが、彼の作品はお話のストーリーよりもここの自然を愛し、そのまま受け入れている表現が素晴らしいのですね。
そして、この童話村はそのイメージをうまく表現していると感じました。
f:id:ese19731107:20130127111523j:plain
f:id:ese19731107:20130127111751j:plain
f:id:ese19731107:20130127112000j:plain
f:id:ese19731107:20130127112321j:plain
f:id:ese19731107:20130127112347j:plain
宇宙、空、大地、風などのイメージの部屋。


昼食は山猫軒で。ここは「注文の多い料理店」で出てくるあの料理店の名前です。
チキンカツ定食(メニューだと何かにちなんだ名前だったはず)をいただきました。
f:id:ese19731107:20130127131630j:plain


昼食後、隣の「宮沢賢治記念館」へ。
賢治が教師をやっていたことは知っていましたが、宗教への傾倒やアインシュタインの宇宙理論についての知識、音楽的才能などは知らなかったので勉強になりました。
f:id:ese19731107:20130127141602j:plain


そろそろ長くなってきたので一旦終了します。