読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やりやすいことから少しずつ

好きだと言えないくせして子供みたいに死ぬほど言ってもらいたがってる

「デザインあ展」に行ってきました! 感想

展示会・博物館など

東京ミッドタウンにて開催中の「デザインあ展」に行ってきました。
番組は見たことありません。
公式HPはこちら→「デザインあ展」


私は絵心無い芸人ですので、絵もデザインもできません、描けません。それでも、こういうステキな「発想」を見るのは楽しいです。
f:id:ese19731107:20130209134538j:plainここは外ですが、何とこの展示会は中も撮影OK!


f:id:ese19731107:20130209135129j:plainあなたが立てば「あ」の完成。


f:id:ese19731107:20130209141540j:plain雑誌を裁断したカスを集めたところ。ダイビングの雑誌は青が多くて花の雑誌は緑が多い。女性ファッション誌はやはりピンクが多くて、この左にある男性ファッション誌は黒が多い。文字通り、その雑誌の「カラー」が出ているのですね!


f:id:ese19731107:20130209141816j:plainf:id:ese19731107:20130209141910j:plain「器の『解散』」。あらゆるものを分解する「解散」シリーズ。


f:id:ese19731107:20130209141925j:plainこちらはお金の「解散」。千円札です。


f:id:ese19731107:20130209142027j:plain本のタイトルを自由にカスタマイズ。「おむすびジュリエット」「トムソーヤーのまんじゅう冒険」「走れアリス」など、ステキな作品ができていました。


f:id:ese19731107:20130209141633j:plainどの大きさが「ちょうどいい」?


f:id:ese19731107:20130212120339j:plain会場の外にも「あ」が!これも期間中に成長するさまを見せているそうです。


これ以外にも「あ」を題材にしたイラストを私たちが描けるワークショップでは、その中のいくつかが展示されていたのですが、上手い人は上手いなあ。センスとか発想とか。
「モノ・オトと映像の部屋」では音楽と映像がシンクロして表現されています。そして部屋の中にあるモノも、その音楽と映像に合わせてピンスポが当たり、全てが意味をもって融合しています。ここ、素晴らしい。あまりに素晴らしくて写真撮るのを忘れちゃった。
その他、「見る」だけじゃなく「聴く」「体験する」といった五感全てに「気持ちいい刺激」が満載です。以前佐藤雅彦さんのワークショップに参加した時のことを思い出しました。


この文章や写真ではこの企画展の楽しさを全く伝えられていません。
ここは大人も子どもも全員楽しめますので、みなさん行くべし!


f:id:ese19731107:20130209145401j:plainミッドタウン外にはアイスリンクがありました。ここ、いいですね。