読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やりやすいことから少しずつ

好きだと言えないくせして子供みたいに死ぬほど言ってもらいたがってる

スガシカオ「アイタイ」が素晴らしすぎて思わず…

音楽 スガシカオ

スガシカオは、1stシングル「ヒットチャートを駆け抜けろ」から注目していて、アルバムは全て持っています。
当時は岡村靖幸が不在だった時期なので岡村ちゃんの代わりを探していて、「ファンク」という単語に反応してチェックしていたのですが、今となってはもう岡村ちゃんとの比較なんてしません。スガシカオブランドが確立しています。


しかし1stからずっと聴いていると、もうあまり感動しなくなってくるのです。いや、ずっと高いクオリティなのですが、慣れちゃうのです。人間って贅沢。
それが、「PARADE」で急に開けた感じがしました。ファンクのままでポップになった感じ。そして続く「FUNKAHOLiC」「FUNKASTiC」ではタイトルの通りファンク魂を全面に出しながらもポップ。ここでスガシカオサウンドはある種の到達点に至ったのではないでしょうか。
しかし、私個人としてはこのファンク2部作はそんなにのめり込むアルバムではありませんでした。何が不満なのかは分かりません。慣れなのかな?人間って贅沢。


そしてスガさんは事務所を離れ、独立し、またメジャーに戻ってきました。
そのメジャー復活第1弾シングル「アイタイ」が、いい曲なんですよ!
上記に書いたように、スガさんはもうしっかりスガブランドを確立し、ハイクオリティな楽曲を生み出してくれているのですが、それに満足しない贅沢な私がいるのです。


今回の曲は、そんな私もぶっとぶいい曲でした。


メロディもアレンジも、今までのスガさんではありません。ここまでキャリアを積んできて、さらにその先へさらにその向こうへ行くのです。脱帽です。
メロディは今までのスガさんらしくないのに、ポップでキャッチーなのは今まで以上。いや、シングルらしいかと問われれば全くシングルらしくはありません。でも、きちんとマスのJ-POPで戦える楽曲です。かといってヒットチャートを駆け抜けるような曲ではありませんが。ライムスターのMummy-Dの言葉ですが「振り切れていた方が逆に伝わる」感じがします。
そして歌詞は今まで以上のスガ節べっとり。「会いたい」のか「あ、痛い」なのか。スガシカオの得意技「カタカナ」炸裂です。
こんなねっとりべっとりした曲を、ポップでキャッチーに仕上げるスガさんは偉い。いや、繰り返しになりますがチャート上位の爽やかで明るい曲では全くありません。でも、私にとってはポップでキャッチーに伝わったのです。


もちろん、この先にはアルバムがあるんですよね。期待。そして50歳までに最高のアルバムを作ると公言しているスガさんですが、それが次回作になるのでしょうか。時間的にはもう1作作れる余裕はありそうですが。


この曲に感動した私は、スガさんのオフィシャルHPから「キリン夢の雑誌ドリーム」に応募してしまいました!私だけのためにスガさんが曲を作ってくれるんですって!
既に決定している気になっています。早くこのブログでお知らせしたいな、でもCMや雑誌に出ると顔がバレちゃうな。
妄想はタダですから。


スガさん過去エントリ↓
スガシカオ「SugarlessⅡ」 - やりやすいことから少しずつ


キリン夢の雑誌ドリーム↓
https://nodogoshi-dream.jp/magazine/main.php



スガ シカオ/アイタイ(Short ver.) - YouTube