読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やりやすいことから少しずつ

好きだと言えないくせして子供みたいに死ぬほど言ってもらいたがってる

舞台「鍵泥棒のメソッド」 感想

内田けんじ監督、大好きなんです。「運命じゃない人」「アフタースクール」「鍵泥棒のメソッド」、どれも素晴らしいので未見の方はぜひ見てください。
鍵泥棒のメソッド」の感想はこちら。→映画「鍵泥棒のメソッド」 感想 - やりやすいことから少しずつ]


上記のエントリだとイマイチのように書いていますが、これは私が「運命じゃない人」「アフタースクール」のイメージで見たためです。このエントリにいただいたコメントにあるように、よくできた落語のような作品です。脚本がしっかりしていて、伏線と回収が気持ちいいお話。


で、この作品が舞台化というので、見てきました。会場は池袋のサンシャイン劇場
キャラメルボックスはお初です。誰が劇団の人で誰が客演なのかも分かりません。誰がスターなのかも分かりません。
この作品は一部ダブルキャストで、私が見たのはホワイトの回です。
キャラメルボックス2014スプリングツアー『鍵泥棒のメソッド』 | 演劇集団キャラメルボックス


お話は、映画とほぼ一緒です。銭湯のシーンもちゃんと再現していましたよ。どうやってかは、見てのお楽しみ。
映画と一緒なので、もうあまり書くことが無い。やっぱりよくできたお話で、もう一度映画を見たくなりました。


ちょっとだけ気になったことを。
■役者さんの演技が、いかにも「舞台演技」という感じがして、序盤入り込めなかったです。
■映画だとそのものをアップで見せれば伝わる場面も、舞台だと見れないのでセリフで表現しなくてはなりません。なので、説明台詞が多くてそれも気になりました。スクリーンを設置して、それに映すなどの方法もあったと思います。
■驚いて演者が止まる場面、もう少し間を長くしてもらいたかったです。その方が「おもしろ」につながったと思うのですが。
■映画の舞台版であり、元の脚本がしっかりしている(伏線や構成など)とはいえ、そのまま移植過ぎないか、と思いました。もう少し舞台ならではの演出方法があってもよいのでは。
※しかし、これについてはあえて「映画の演技を参考にした」そうなので、それなら納得です。→観終わってからよんでください | キャラメルボックス2014スプリングツアー『鍵泥棒のメソッド』 | 演劇集団キャラメルボックス


あと、この舞台の劇中歌やテーマソングが良かったです。曲目調べたら若手インディーバンドなどが多いのね。→
曲目リスト | キャラメルボックス2014スプリングツアー『鍵泥棒のメソッド』 | 演劇集団キャラメルボックス

キャラメルボックス『鍵泥棒のメソッド』PV 「蒼天航路」Ver. - YouTube
※テーマソングの石田ショーキチさんは若手じゃないけど。


作品の面白さは保証します。舞台を見に行ける方はぜひ行ってください。行けない方は映画版をぜひ見てください。

『鍵泥棒のメソッド』予告編 - YouTube


今回、ポスターなど撮るのを忘れたので、パンフをパシャリ。
f:id:ese19731107:20140519182803j:plain