読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やりやすいことから少しずつ

好きだと言えないくせして子供みたいに死ぬほど言ってもらいたがってる

真心ブラザーズライブ2015「Do Sing Tour with MB's」に行ってきました! 感想

余裕ありすぎが物足りなくもあり


真心ブラザーズ毎年恒例の中野サンプラザのライブに行ってきました。
毎年この時期、ツアーはなくてもここ中野サンプラザでライブをやってくれるので、行けるときはなるたけ行くようにしています。単発ライブのときは面白いタイトルが付くのですが、今回は先日出た新譜「Do Sing」ツアーの一環だったため、面白タイトルはなし。ちょっと残念。
f:id:ese19731107:20150221172024j:plain
f:id:ese19731107:20150221172103j:plain


この日のセトリ↓
1.胸を張れ
2.空にまいあがれ
3.朝が来た!
4.Is this love
5.splash
6.あいだにダイア
7.消えない絵
8.君がそばにいるだけで
9.この愛ははじまってもいない
10.花のランランパワー
11.きいてる奴らがバカだから
12.高い空
13.おぼろげな春
14.あいつが夢所からやってくる
15.I'M SO GREAT!
16.ENDLESS SUMER NUDE
17.拝啓、ジョン・レノン
18.Song of You

アンコール1
19.スピード
20.RELAX~OPEN~ENJOY

アンコール2
21.ふりかけ

ライブの流れやMCはこの方のブログを読んでください。詳細すぎる。
真心ブラザーズ『Do Sing Tour with MB's』@中野サンプラザ(ネタバレ注意 - メランコリア
(MCの内容まで、こんなに覚えているもんかな?録音しているのかな?)


なので、それ以外で気になったことや覚えていることを書こう。
今回はアルバム「Do Sing」ツアーなので、このアルバムの曲は全部やるものだと思ってこのアルバムだけを予習してきたのですが、思ったより少なかったですね。ここでやらなくて次いつやるんだ。「グライダー」「Tower of Lover」聴きたかったな。
また、今回のアルバム・ツアーは4人編成で演奏していたのですが、今回は10人編成のMB's。なのでアレンジどれくらい変わるかな、と思っていましたが、そんなに大きな変化はなかったですね。でも、ビバさんのドラムはやはり素晴らしい。新曲でもハイハットのハーフオープンでビバ流のグルーヴを生み出していました。


YO-KINGのハーモニカ(こういうときはブルースハープというのか?)、カッコいい。ハーモニカ吹いている姿は誰でもカッコいい。小学校の頃はそんなこと思わなかったのに。マイクに付けながら吹くのがカッコいいのかな?


上記のブログに詳細書いてありますが、私が好きだったMC部分。
曲終わりで間が空いて変な空気になった後のYO-KING「…だよね。分かる分かる。まずMCは肯定から入る」。余裕あるなあ。
YO-KING「最近ね、自分の歌が好きで」桜井「最近じゃねーよ!ずっとだよ!」食い気味のツッコミ。素晴らしかった。


今回は懐かしの曲で「花のランランパワー」「きいてる奴らがバカだから」「おぼろげな春」をやったのですが、私、知らない!悔しい。私は「善意の第三者」からの真心ファンなので、それ以前の曲を知らないのです。悔しい。

天てれ「花のランランパワー」高音質MTK フルver - YouTube

Opening song Kobo Chan/コボちゃん - 花のランランパワー - YouTube


YO-KINGはそこにいるだけでスターですが、それでももう少し動いたり客を煽ったりして欲しかったです。ここ最近はずっとそんなですが、ちょっと物足りなくなってきました。
中野サンプラザはイス席なので、ゆったり見ることができます。はしゃぐのも踊るのも自由。なのではしゃいだり踊ったりしたいのですが、真心なので、そんなに熱狂しません。ああ、ちょっと物足りなかった。


今回は桜井さんがバイオリンを弾く曲があるのですが、おっかなびっくりで弾いていて、確かにあまり上手くない。桜井さんは「今年は弾き語りとバイオリン頑張ります」と言っていましたが、そもそもミュージシャンが「楽器が弾けないこと」をネタに笑いを取るのはどうかと思うんです。地球3兄弟のときはそもそもがお遊びプロジェクトで、楽器をとっかえひっかえするのが楽しかったので「弾けない」もアリだったのですが、今はプロの場でしょ。


「エンドレス・サマーヌード」、やっぱりセトリに入れなきゃダメですかね?そろそろ抜いてもいいんじゃないかな。とイントロを聴くと思うのに、いざ始まるとノリノリになる自分がいるので、必要なのか。
「拝啓、ジョン・レノン」って、ずっとテンション高く歌いっぱなしだしメロディがあまりないので、カラオケで歌うと(特にこの曲を知らない人の前で歌うと)ひどい目に遭います。でもYO-KINGが歌うと名曲なんだよなあ。この曲は、メロディだけでなく、各楽器の演奏も含めての曲なので、余計カラオケ向きじゃないのかも。
「Song of You」、こんないい曲だったっけ!ライブ映えする曲だなあ。今までもライブで聴いたことあるけど、ここまでいいと思わなかった。何が違うんだろう。セトリの曲順かな?

真心ブラザーズ 『Song of You』 - YouTube


アンコールではYO-KINGはTシャツの上に革ジャン。暑くないのかな?サングラス+革ジャンで、何だかギターウルフのセイジさんみたいでした。
で、ラストは「RELAX~OPEN~ENJOY」もちろん名曲ですが、ラストの曲として定着しすぎている気がします。そろそろ違う曲のエンディングでもいいんじゃないでしょうか。個人的には「Keep on smiling」が聴きたいの!やってほしいなあ。
ダブルアンコールでは「ふりかけ」。2番は桜井さんが「ギターを弾いたり歌を歌ったりいろいろやったりバイオリン弾いたり」と歌っていました。バイオリンがいいフリになっている!面白い。


というわけでおしまい。もちろん楽しかったのですが、ちょっと愛情が薄れてきている自分もいました。
それは、やはりYO-KINGに名曲モチベーションがないからです。今回のアルバムでYO-KING単独名義は4曲のみ。桜井さんの曲も悪くないのですが、努力と学習の曲なのです。YO-KINGの「天才」には遠く及ばないのです。
頼むよ~。ヒット曲書いてよ~。


で、この次はあの名盤「KING OF ROCK」発売20周年記念ライブがあるのです。これは楽しみ!MCでYO-KINGは「発売日に4000万枚売れた」と言っておりました。
個人的にはこのアルバムとその次の「GREAT ADVENTURE」「I will Survive」を「真心黄金の3部作」と呼んでいるので、この辺縛りのライブが見たいなあ。