読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やりやすいことから少しずつ

好きだと言えないくせして子供みたいに死ぬほど言ってもらいたがってる

「人間交差点」フェスに行ってきました! 感想(その2)

前回のお話↓
ese.hatenablog.com


さあ、スチャダラパーです。何とバンドセットなんですね。最近のスチャは知らないのですが、バンドセットが一般的なんですか?
セトリですが、覚えてない…!「アーバン文法」「ライツカメラアクション」「MORE FUN-KEY-WORD」「GET UP AND DANCE」とあと何があったかなあ。誰か補完してください!


ライツカメラアクション/スチャダラパー×東京モノレール - YouTube

GET UP AND DANCE[LIVE] / スチャラダラパー 20周年記念ライブ ...
MCでBOSEは「今日は呼んでもらえて本当に嬉しいです。どうせならさんぴん対LBみたいにすればよかったのにね」とジョークを交えて語っておりました。
RHYMESTERスチャダラパーは、日本語HIPHOPの歴史においてとても大きい存在ですが、これまでほとんど交流がありませんでした。この二組の性格を考えれば積極的なDisなどはないと思いますが、何となく別の道(同じ方向だけど違うルート)を歩んできたという印象があります。
私個人の勝手な憶測だと、宇多さんがスチャに嫉妬してなかなか絡めなかったのでは、と思っています。
もっとRHYMESTERとの関係などを話してほしかったのですが、その辺はあまりなく、さらりと進んでいきました。
今夜はブギーバック」もやってくれた!「心変わりの相手は僕に決めなよ~」の部分はアニが歌ったのですが、20年たってもやっぱりまだ音痴でした。
サマージャム’95」はやると思っていたけど無し。残念。


SOIL&"PIMP"SESSIONSです。
ジャズは気持ちいい。ポップスのフォーマットから外れて、全ての楽器が主役になれる音楽。
でも演奏だけだと気持ちいいけどアガりきれないこともあるのですが、このバンドは「社長」というアジテーターがいるので、アガる!
社長が「このフェスに呼んでもらったということは、あいつらを紹介しないわけにいかないだろ」ということでもちろんRHYMESTER登場。宇多丸「サプラーイズ!」そんなわけねえだろ!w
曲はもちろん「ジャズィ・カンヴァセイション」!

SOIL &"PIMP"SESSIONS feat. RHYMESTER/「ジャ ...
もちろん、言うまでもなく、カッコいい!


ここでまた退出。ヴィーナスフォートなどに行けるのはお客としてはありがたいけど、フェスに出店しているお店の人たちは痛し痒しですね。ごめんなさい。
f:id:ese19731107:20150510154718j:plain
f:id:ese19731107:20150510161341j:plain
中でアイスとうどんを食べました。フェス内の飲食ブース、がっつり系が多くて、おじさんには辛いのよ。


本当は10-FEETに行こうと思っていたのですが、昼の陽射しでだいぶ肌をやられてしまい、またその後のメンツを考えてヴィーナスフォート内でしばしチル。
と思っていたら、10-FEETはとんでもないことになっていたようです。


RHYMESTERが出ることは予想していましたが、サ上にFIREBALLまで!何て贅沢!10-FEETの皆さんのサービス精神とか「絶対楽しませてやろう」という意地のようなエンタメ精神には毎回頭が下がります。行けばよかった!


ヴィーナスフォートを出ると、空は曇って風も出てきて涼しい!ちょっと肌寒いくらいです。
次はKGDR。この歴史的なライブを見逃すわけにはいきません。
といいながら、私はキングギドラはあまり好きではないのです。Zeebraはラッパーとしては認めますし日本のHIPHOPを世間に広めた功労者だとは思うのですが、HIPHOPの悪くてダサいイメージを植え付けた張本人だとも思っているので、功罪相半ば、という印象です。
Kダブシャインは、こっちゃんとしては大好きですが、ラッパーとしては「過去の人」のイメージです。韻を踏むことにはうるさいのですが、フロウが古すぎ。
HIPHOPはラップというメロディの薄い音楽を、韻とフロウでグルーヴを創り出すという音楽ジャンルです。韻はあくまでグルーヴを生み出すための技術や手段でしかなく、フロウ(ビートやリズムに対してどうやって音を乗せるか)の方が重要なのに、フロウへの意識がほとんどないように思えます。
なんてこといいながら、やはりレジェンド。盛り上がります。
もちろんRHYMESTERの客演あります!やる曲はもちろん「口からでまかせ」!

RHYMESTER feat. KING GIDDRA SOUL SCREAM ...
この曲の宇多さんヴァースは当時の日本語HIPHOPのライターに対する怒りを書いたものですが、今回はそれを一部バージョンアップさせて、ネットでのつまらん批判に対する怒りを歌っていました。細かいリリックまでは覚えていません。
Dさんは「20年前のやつやるぜ!」で、そのままでした。


ここでも宇多さん「サプラーーイズ!」そんなわけねえだろ!w
Kダブ「対抗戦やっていいすか!」何と、Kダブと宇多丸ZeebraとDさんで曲をやるそうです。そうか、この手があったか!
まずはKダブと宇多丸「物騒な発想(まだ斬る!!)」

K ダブシャイン+宇多丸「物騒な発想(まだ斬る!!)feat. DELI」 - YouTube
続いてZeebraとD「マスターマインド

DJ HASEBE feat.ZEEBRA&MUMMY D - Master ...
いやあ、これはどちらもスペシャルだなあ。
ちなみにこの時JINさんもステージ上にいたのですが、特にやることがなく、DJ OASISの後ろでうろうろしながらいつの間にかいなくなっていました。
曲終わりでトーク。Kダブ「今日は母親にも感謝しなくちゃダメだよ」宇多丸「あんたそういうこと言って、母親に電話とかしたの?」Kダブ「さっき電話した。今日頑張ってね、って言われた」
Kダブはラッパーとしては好きではないですが、こっちゃんとしては好き。何なんだこのみんなが好きになるこの感じ。杉作J太郎さんに通じるものがある。


スガシカオ
今回は3人編成という珍しい形。ベーシストの方がベースはもちろんキーボードも弾くしコーラスもするし客煽りのアクションもするしでとても良かったです。お顔がポルノ岡野さんと流れ星瀧上さんに似ていると思ったのですが、ファンのみなさんからすると、この意見はどうなのでしょうか。
「19歳」間奏でスガさんがハーモニクスを使った演奏をしていたのがカッコよかった!誰もそんなところ気にしていないだろうけど。

スガ シカオ(SUGA SHIKAO) _ 19才 - YouTube
(この曲のMV、エロいのね!びっくりした)
「コノユビトマレ」の次に「はじまりの日」。もちろんDさん登場ですが、スガさんは呼び込みをしない。何でかなーと思っていたら、「始まる前にDさんから『俺、今日何度も出ててお客飽きているから、呼び込みしないで』と強く言われた」とのこと。なるほど。Dさん今日7度目(!)の客前だそうで
す。ライムスの出番はこれからなのに、お疲れ様です!

スガ シカオ(SUGA SHIKAO) / コノユビトマレ - YouTube

スガ シカオ(SUGA SHIKAO) / はじまりの日 feat.Mummy-D - YouTube
Dさん「今日は、いろいろなアーティストが出てくれているけど、スガさんに出てもらうということが本当に重要なんだよ。ジャンルは違うけど、同じアティチュードを持っているというか。こうやって、ポップスの方から来てもらうというのが本当にありがたい」というようなことを仰っていました。ああ、とても感動的なMCだったのに覚えてない!誰か詳しい言い回しなど教えてください。


「Progress」の認知度は大きいな。「みんなが知っている曲」を持っている人は強い。
そして「アイタイ」。私、この曲はサイケでドロドロとしたイメージを持っています。こんな曲をシングルにするなんて、大好き。

スガ シカオ/アイタイ(Short ver.) - YouTube
「午後のパレード」ではサビでファンの皆さんが踊っていました。この曲のMVでダンサーが踊っていて、ライブではサビ部分を踊ることが定番になっているそうです。

スガ シカオ(SUGA SHIKAO) / 午後のパレード - YouTube
なるほど。確かに踊っている。
ラストは「Party People」。フェス向けとして万全のセトリじゃないか!素晴らしかったです。


Party People - スガ シカオ(SUGA SHIKAO) - YouTube
ちなみに、スガさん現在48歳。何だこのシャープな体と軽やかな動き。若すぎるぞ。


さあ、ようやく大トリ。RHYMESTERです!
でも長くなったので切ります。続く。