読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やりやすいことから少しずつ

好きだと言えないくせして子供みたいに死ぬほど言ってもらいたがってる

松本の旅2015、夏。(その2)

天から旅行券が降ってきたので高級旅館に泊まった話。
1日目の話はこちら↓
ese.hatenablog.com


2日目。
起きたらまず温泉行くよね。夜中に男女の浴場が入れ替わっており、昨日とは違うお風呂が楽しめます。こっちのお風呂には岩盤浴の部屋がありました。寝てみたけど、よく分からん。遠赤外線とかで何か体にいいのかな。よく分からん。
こっちの浴場も水風呂はないのね。そして高温サウナもないので森林浴サウナにずっと入っていましたが、やはり私は高温サウナで身体の中から無理矢理汗を絞り出すのが好きなのだ。


朝食。
f:id:ese19731107:20150724080650j:plain
私は左利きなのですが、朝テーブルに着くとお箸が左利き用に配置されていました。スタッフが昨日、私が左手で食べていたのを見て、朝食のスタッフに伝えたということですよね。この心遣い、プロやなあ。
f:id:ese19731107:20150724081712j:plain
f:id:ese19731107:20150724084735j:plain
朝食も、美味しいー!


名残惜しいけど、宿を出発。
f:id:ese19731107:20150801161211j:plain
ありがとう浅間温泉!
f:id:ese19731107:20150723090358j:plain
途中、ヤザワエンブレムのプリウス発見。矢沢永吉ファンもプリウスに乗る時代か…。


今日の目的地は戸隠。
戸隠といえばおそばが有名ですが、そばは昨日食べたので違うものにしようといろいろ調べて、美味しそうなお店を見つけたのでそこを目指す。
しかし、戸隠はだいぶ道の傾斜やカーブがきついですね。今回の車はハイエースなので、普段の感覚でハンドルを切ると後ろの人がだいぶ揺れる。普段の感覚でスピードを出すと少しの段差で後ろの人がバウンドする。だいぶ気を付けながら運転したつもりですが、後ろの人たちは大変だったかも。山道でゆっくり走っているデカい車見たら煽ったりせず、いろいろお察しください。


お目当ての店は、ナビでも道路標示のない砂利道を走って、ようやく到着。
f:id:ese19731107:20150801162200j:plain
ここ、ロッジなのね。「パイプのけむり」というお店です。
カレーとシチューのセットがありましたが、カレーを選択。
f:id:ese19731107:20150724132435j:plain
このベーコンは、ご主人が自分で作ったそうです。期間2週間!薫りがいい。美味しい。
f:id:ese19731107:20150724133348j:plain
カレー。見た目は普通。それが食べてみると、めちゃめちゃ旨い!美味しい!
私は味オンチなので何を食べても美味しいのですが、逆にいえばとても美味しいものを食べてもその美味しさに気づけないのです。それが、このカレーは旨い!美味しい!
味オンチの私にとってカレーなんて「辛い」か「辛くない」しかなかったのですが、初めて「旨い!」を知りました。
f:id:ese19731107:20150724134826j:plain
f:id:ese19731107:20150724140020j:plain
さらにヨーグルトアイス、ケーキ、コーヒーまでついて至れり尽くせり。大満足でした。
このロッジはもう30年やっていて、こういうロッジにつきもののノート(来た人が自由に書き込むノート。写真撮るの忘れた)は何とNo.214!中を読むと「10年ぶりに来ました」とか「独身時代に彼女と来て、今回は子どもと来ました」という書き込みが多くて、愛されている感じがとてもよかったです。
f:id:ese19731107:20150801163301j:plain
ご主人、ありがとうございました!
でも、こういうところのご主人って、みんな語りたがるよね。何でだろ。


さて、次なる目的地へ。
f:id:ese19731107:20150724143857j:plain
f:id:ese19731107:20150724143952j:plain
f:id:ese19731107:20150724151344j:plain
戸隠忍者からくり屋敷!
これが、めちゃめちゃ面白かった!隠し扉などがある部屋を抜けて脱出するのですが、難しい!とっても時間かかっての脱出となりました。
中に「傾いた部屋」があったのですが、これが中に立っているだけで気持ち悪い。目は平ら(普通の部屋)を見ているのに、実際は斜め。視覚の情報と感覚の情報が一致せず、気持ち悪い!人間は当たり前の感覚を当然だと思っているんだなー。人は見た目の情報に左右されるんだなー。なんてことを思いました。
いやほんと、ここ楽しいです。子どもと一緒に来たら親の方が熱中しちゃうな。老若男女、皆さん楽しめますよ。ぜひ!おすすめです。


f:id:ese19731107:20150724152245j:plain
f:id:ese19731107:20150724152553j:plain
びっくり堂。なんだこりゃ。
f:id:ese19731107:20150724152900j:plain
f:id:ese19731107:20150724152903j:plain
このほかアスレチック遊具がいくつもありました。子どもが遊ぶには楽しいでしょうが、難易度高いものばかりでした。10mくらいの綱渡りとかぐらぐらの橋とか。
写真撮るの忘れた。
あと、「手裏剣道場」がありました。これは夜店の射的とストラックアウトを足して5で割ったような出来で、手裏剣を的に当てるというゲーム。正直しょぼいですが、こういうときは楽しい。ゲームそのものでなく、誰と一緒か、というのが大事ですね。
ここは写真あるのですが、人が写っているものばかりなので載せられません。すみません。


小布施へ。
着いたのが夕方でお店は閉まっているところが多かったですが、お茶をしよう。
f:id:ese19731107:20150724173136j:plain
小布施なので栗をいただく。私の人生で1日に2回もケーキを食べることはあっただろうか、いやない。でもやっぱり食べれば美味しい。


その他道の駅などに寄って、地元到着。楽しかった。
恋愛感情のない複数男女の旅なんて、私の人生にあっただろうか、いやない。
もう旅行券が降ってくることはないだろうけど、またこんな旅したいな。
そしてまた明日からひとりで映画やライブに行く人生を再開します。