読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やりやすいことから少しずつ

好きだと言えないくせして子供みたいに死ぬほど言ってもらいたがってる

ウルフルズ「ボンツビカイカン」 at南魚沼市民会館 に行ってきました! 感想

ライブ 音楽

見ないのもったいない!


(ネタバレあります)
ウルフルズのライブツアー2015「ボンツビカイカン」に行ってきました。会場は南魚沼市民会館。なぜこんな地方のホールでやろうと思ったんだ。普通に新潟市の県民会館とかりゅーとぴあとかでいいじゃない。それか長岡市でも上越市でも、もっと栄えている市もあるじゃない。でも、近くに来てくれたのだから行くしかないでしょう!


ちなみに私のウルフルズ歴は、世間と同じく「ガッツだぜ!」で彼らを知り、この前後のアルバムは聴いていました。しかし後期はシングルは知っていましたがアルバムまでは聴かないライトリスナー。ライブは、フェスでは何度か見たことありますがワンマンは初めてというレベルです。
復活後の「ONE MIND」はめちゃめちゃ良く、今回の「ボンツビワイワイ」はなかなか良い、という個人評価。


事前情報によると、チケットが売れていないらしい。確かに、開演前でも7割程度の入り。寂しい!こんな交通の便の悪い地方で平日にライブをやろうと計画したのは誰だ。このせいで今後ここには来てくれなくなるぞ。
その分盛り上げて、「南魚沼いいところだな」と思ってもらえるように頑張るぞ!


1曲目はもちろん「ボンツビワイワイ」。トータスさん、声出てるなー。CDと全く一緒じゃん!


ウルフルズ『ボンツビワイワイ』Music Video - YouTube
そして2曲目で「ガッツだぜ!」えー、この曲がここ!地方だからメジャーな曲を頭に持ってきたのかな。この曲ではトータスさんがステージの左右ギリギリまで来てくれました。
この会場は横に少しスペースがあり、私は下手側にいたのでトータスさんのお顔をはっきりと見ることができました。これに限らず、8回は目が合ったな、と思っています。自分で思うのは自由。


最初のMCで「南魚沼、初めて来ました。人口少ないよね。お米作るのに忙しいのかな」と言っていました。これは、チケットの売れ行きがイマイチだったことも含まれているのかな。
「南魚沼って、言いにくいねん。新潟とどっちがいい?」と客席に訊くと、圧倒的に南魚沼が多い。嬉しい。地元の人が多いのかな。「じゃあ南魚沼にするわ」


ライブは今回のアルバムと前作からの曲がメイン。どの曲もお客が入る場所があって楽しい。個人的には「ヒーロー」が大好きなのですが、歌ってくれなかった。残念。
そしてこの文章は今Wikipediaなどを見ながら書いているのですが、NEWアルバムの曲少なかったなと思っていたらほとんどやってくれていた。セトリの配分が上手いんだな。


「あついのがすき」終わりでトータスさん退場。
その間、ケーヤンとジョンBで「おにぎり何が好き?」「お弁当の思い出」トーク。正直、そんなに面白くないけど、ジョンBの空気感はいいな。
と喋っている途中で「スポーティ-パーティ」の声が!トークをぶった切るトータスさん、ステキです。
ウルフルズ『スポーティパーティ』 - YouTube
再登場したトータスさんはスポーツジムの機械に乗って体を鍛えながら登場。衣装はプレスリーみたいな白のつなぎです。襟は高く、腕には暖簾みたいなヒラヒラも装備。今この格好をできるのはトータスさんとABEDONくらいだな。今阿部さんがこういう衣装着るのか分かりませんが。
そして、この衣装はおしりの部分が空いているのです!
f:id:ese19731107:20151201235128j:plain
こういう感じで!トータスさん、来年50歳ですよ!いつまでやるんだ。ここまでくるとやり続ける方が面白くなりますね。ぜひ還暦もこの衣装で!



ここから後半の盛り上がりゾーン。
「てんてこmy mind」では展開を間違えて曲途中で「すみません」と謝るトータスさん。より盛り上がったからオッケーですよ!
「あーだこーだそーだ」はいい曲だなー。カラオケで歌いたい。でもみんな知らないでしょ。いい曲なのに。
バカサバイバー」のAAP(アホアホパワー)は強力!そしていつまでたっても綴りを言えない私。
「ロッキン50肩ブギウギックリ腰」はコール&レスポンスが長かった!
ウルフルズ『ロッキン50肩ブギウギックリ腰』 - YouTube
レキシの「狩りから稲作へ」みたい。このしつこさこそウルフルズだな!「南!」「魚沼!」「南魚沼!」そして歌詞にある病状のコール&レスポンス。15分くらいやっていたんじゃないか?


これにて本編終了。
アンコールは「A!A!P!」というコールなのね。私も協力しましたよ!
トータスさんがフライングVを持っていたので何をやるのかと思ったら、「バンザイ」!このギターでこの曲か!
そしてアンコールはこの1曲でおしまい。えー、短いー。でも、アンコールってそういうもんだよね。


2時間ちょっとでしたが、十分大満足でした。
分かっていましたが、ウルフルズは楽しい。老若男女みんなが楽しめる。せっかくこんな地方に来てくれたんだから、南魚沼市の人は家族総出で来ればいいのに。子どもにとって初めてのライブがウルフルズなんてとてもいい初体験ですよ。音楽もライブも好きになること間違いなし。
とはいえ、家族連れのお客は多かった。いいことだ。同世代の真心や岡村ちゃんとは違うね。岡村ちゃんはDATEだからな。


ウルフルズの皆さん、今回はソールドアウトにはなりませんでしたが、これに懲りずにまたこの地方来てください。お願いします。


ボンツビワイワイ

ボンツビワイワイ