読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やりやすいことから少しずつ

好きだと言えないくせして子供みたいに死ぬほど言ってもらいたがってる

そんなにまでして行く会社には何があるんだい?

今日は東京で大雪が降りました。私は雪国出身なのでほんの数センチ積もるだけで大パニックになる東京の脆弱さは「そんな雪でニュースにするな」と思ってしまうのですが、今日の雪は大変でしたよね。さすがにかわいそう・大変だな、と思いました。


Twitterを見ているとホームはおろか改札にも駅にも入れず入場規制喰らう人たちが多数いて、とにかく大変だったようです。皆さん、お疲れ様でした。














いやー、大変ですね。
でも、私は思うのです。


何で休まないの?


こんな日は混むことも止まることも遅延することも分かっているじゃないですか。昼くらいにようやく出社して、帰りにまた同じ苦労をして帰るの?夕方のラッシュに巻き込まれないように早く帰るんですか?じゃあ、来た意味あまりないのでは?


こういうときの有給じゃないの?まともなコンディションで仕事できない日ですよ。取引先の相手も出社できていないかもしれない。
お店だって、こんな日はお客さんほとんど来ないですよ。フルメンバーでいる必要はないですよ。


そんなに緊急の仕事ってどれだけあるのでしょう。一日過ぎたら困る仕事ってどれだけあるのでしょう。先方との約束ももちろんあるでしょうが、この緊急事態だもの、許してくれるよ(多分)。
多分、本当に仕事に支障が出る人なんてほんの僅かです。風邪を引いて休んだとき、仕事はめちゃめちゃになりましたか?なってないでしょ。一日伸びて困ることなんてあまりないはずです。


今日このパニックに捕まった人が半分休んでいれば、駅も電車も半分の人数で済むのです。そしたらこのパニックは起きていないのです。「何だこの混み具合はー!」と言う人たちが混雑を作り出しているのです。
社畜といえばそれまでですが、それ以前に「思考停止」だな、と思いました。天気は関係なく「月曜だから→会社に行く」という硬直化した考え方。うわー、今日は無理だわ。有給使おう、と思う人が多いと、本当に今日でなければ困る人が助かるのです。


今回の出来事は雪の量ではなく、「それでも行く」人たちの多さにびっくりしました。
私?早起きして行くに決まってるだろ!


大雪 (大型絵本 (2))

大雪 (大型絵本 (2))

渋滞学 (新潮選書)

渋滞学 (新潮選書)

渋滞 [DVD]

渋滞 [DVD]