読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やりやすいことから少しずつ

好きだと言えないくせして子供みたいに死ぬほど言ってもらいたがってる

舞台「芸人交換日記」 感想

舞台・演劇

これでコンプリート


「芸人交換日記」は、まず映画を見て、原作を読んで、朗読劇を見ました。そしてようやくこの舞台をDVDですが見ることができました。
過去のエントリはこちら↓
ese.hatenablog.com
ese.hatenablog.com
ese.hatenablog.com
ese.hatenablog.com
私はまず最初に映画を見たので「この原作を上手く映画化したな」と思ったのですが、舞台を見たら「これは舞台用の作品だ!」と思いを改めました。
原作が日記そのままの会話のみなので、登場人物が少なく会話しか武器がない舞台でこそこのフォーマットは活きる。


映画版の主役は伊藤淳史小出恵介でしたが、舞台版はオードリー若林正恭田中圭。小出さんと田中さんはどちらも同じ感じ(明るくイケメンでテンション高い感じ)でしたが、伊藤さんと若林さんは、やはり現役漫才師なので若林さんの方がリアル。というか、まんま若林正恭本人に見えました。


物語は、当たり前ですが原作と一緒。なのでもう語ることはない。映画より舞台の方がよかったです。最初にこちらを見たかった。





3/23公開 映画『ボクたちの交換日記』特報!

芸人交換日記 [DVD]

芸人交換日記 [DVD]