読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やりやすいことから少しずつ

好きだと言えないくせして子供みたいに死ぬほど言ってもらいたがってる

「記憶の外部装置」が私にもたらすもの

雑感

単なる老化なのか、頭脳的な欠陥なのか


このブログも、6月で丸4年になります。結構頑張った。今後もよろしくお願いします。
そもそもこのブログを始めたのは、「言いたい!語りたい!でも誰も聞いてくれる人はいない!」が動機ですが、それと同時に本を読んでも映画を見てもライブを見ても、全て忘れてしまう自分が悲しいという理由もあります。
自分が見たり聴いたり読んだりした感動をどこかに残しておかなければ全て忘れてしまう。それはとても悲しく、もったいないことです。「旅行に行って写真ばかり撮る人はダメだ。心のアルバムに記憶しよう」なんて言う人もいますが、記憶できないんだよ!写真や文章で残さないと、何も覚えてられないんだよ!


このブログを始めてからは、読み返すこともあるのでさすがに記憶していられるようになりましたが、それでもネタバレしていないエントリだと、結局どんな話だったっけ?と思うこともしばしば。特に本。
あと、ライブや演劇は誰と行ったのかを忘れてしまいます。その辺のことはブログには書かないので。一緒に行ってくれた皆さん、本当に申し訳ない。


そう、ブログのおかげで覚えていられることは増えましたが、ブログに書いていないことは何も覚えていないのです。ブログを「記憶の外部装置」として使っているのですが、すっかり本体(私の脳みそ)は機能しなくなっています。


私は、車にナビを設置しています。方向音痴なので、ナビは本当にありがたい。ナビがないとどこにも行けない。
自宅→A地点、自宅→B地点は行けます。ナビがなくても行けます。しかし、A地点→B地点は行けません。頭の中で地図がつながりません。自宅→A地点も、いつも通らない道で行くとなると途端に自信がなくなります。
そんな状態なので、仕事でどこかに行く際はとても緊張してしまいます。行く前にパソコンで道順を調べたり、頭の中でシミュレーションしたり。
これも、ナビに頼りすぎているからです。どこで曲がるかといえば「ナビが曲がれと言ったところ」です。何も頭が働いていない。だからその曲がり角に何があったのか覚えていないし、道中に何があるかも気にしていない。
方向音痴がナビを手にすると余計方向音痴になるのです。しかし今さらナビなしなんてどこにも行けない…。


あと、よく言われるのが「ネットで何でも検索できるようになったから自分で考えなくなった」問題。これももちろん私は当てはまりますが、実感としてはあまりありません。年齢のせいでもともと新しいことは覚えられないし、昔のことはどんどん忘れているので、それがネット検索のせいだけだとは思えないのです。拍車をかけている可能性は否定できませんが。


私は、今年から異動で新しい部署で仕事をしています。去年とは全く違う仕事内容なので、全て一から覚えなければなりません。いやー、覚えられない。同僚はいろいろ説明してくれるのですが、単語も地名も分からず、全く頭に入らない。
ese.hatenablog.com
このときと全く同じ状況です。
それではいかんと思い、今年から「やったことメモ」をパソコンで書いています。その資料はどのファイルに入っているのか、そのデータはどこに保存されているのか、今途中の仕事は何なのか、資料の作り方や伝票の起こし方など。
これを日々書きながら見返しながら仕事をしています。これがないと仕事ができません。並行して似たような作業をいくつも行うとき、これがないと混乱してしまいます。


しかし、これはまた「ナビ問題(そのせいでより覚えられなくなる心配)」の再来です。そうはいっても、手ぶらでは仕事にならないのでこういうツールを活用しなければなりません。
だって、去年までの部署から「これは去年どうやっていたの?」と訊かれても答えられないのです。全て忘れているから。結局何も覚えていないし全て忘れるなら、こういう「記憶の外部装置」は私にとっては必須のアイテムです。
目の悪い人は「メガネかけるとより目が悪くなるよ」と言われたってメガネなきゃ見えないんだから、メガネは必要なのです。負のスパイラルかもしれませんが、ないと日常生活に支障をきたすんだから頼らざるを得ないのです。


海馬よ!大脳皮質よ!前頭葉よ!我に力を!


知能はもっと上げられる : 脳力アップ、なにが本当に効く方法か

知能はもっと上げられる : 脳力アップ、なにが本当に効く方法か