読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やりやすいことから少しずつ

好きだと言えないくせして子供みたいに死ぬほど言ってもらいたがってる

SCOOBIE DO×RHYMESTERの対バンライブに行ってきました! 感想(その1)

先攻RHYMESTER


SCOOBIE DOのレーベル「チャンプレコード」設立10周年記念のクアトロマンスリーシリーズとRHYMESTERが対バンを行う「ベストバウト」シリーズの第3弾「沸騰!KINGとCHAMPな男達」に行ってきました。会場は渋谷クワトロ。初めて行った。
f:id:ese19731107:20161117174153j:plain
スクービーは、フェスで見たことはあります。ライムスターのライブにゲストで出てくれたのを見たことがあります。しかし、ワンマンは初めて(今日もワンマンではありませんが)。


今回は整理番号もそこそこよかったのでセンター下手寄り4列目あたりをゲット。近い。
クワトロはキャパ800しかないので、どこから見ても十分近い。こんなハコでこの2バンドを見ることができるとは。幸せ。しかも、チケット4,000円(税込)なんですよ、奥さん!安すぎますよ!
それにしても、スタンディングで開演まで1時間は長い。始まる前に既に疲れちゃう。おっさんだから。これくらいのキャパなら30分でよくない?


大阪・名古屋ではスクービーが先攻だったそうですが、東京ではライムス先攻。おなじみJINさんの雄たけびとともに宇多丸Mummy-D登場。Tシャツに銀色のジャンパー、スニーカーも銀色。暑そう。
1曲目から新曲「スタイルウォーズ」!「人間交差点フェス」で初めて聴いて、私は2回目ですが、夏フェスなどでは毎回披露しているので宇多さん曰く「まだリリースも配信もしてないのにこのクラシック感!」とのことです。確かに、いきなり大盛り上がりでした。


さらにお次も新曲「バックアンドフォース」(正式表記不明なのでカタカナで書く)!トラックはRomancrewのALI-KICK。初めて聴いたのでリリックなどは分かりませんが、ライムスターにしては珍しい2MCの掛け合いの多い楽曲でした。これはライブで盛り上がりそう!


さらに「B-BOYイズム」!盛り上がらないわけがない!おなじみ「見ろよこの晴れやかな顔」での宇多さんグラサン外しは、過去最長時間だったのでは。宇多さんの目って古田新太みたいだな、と思った。顔は笑っているけど目は笑っていない感じ。


宇「新曲2曲終わったから、もう8割終えた感じ。あとは楽しむだけ」
そのあともいろいろ言っていたけど忘れたー。フリースタイルのラッパーは「あれはアスリートの世界なので素晴らしいけど、じゃあ俺たちの闘い方は何かっていうと、それはやっぱりオールドスクールで」みたいなことを言っていました。フリースタイルラッパーを貶しているわけではなく、同じHIPHOPであっても闘い方が違うということ。


そしてDJJINの紹介とともにDJとは何か、HIPHOPグループの「演奏」とは何かを丁寧に説明。一見さんがいる場だと毎回こういう基礎から説明するライムスターは偉い。
「DJは、レコードをかけます。これは、他人の曲なんです。これをただ流すだけだとクラブみたいになるけど、その中でラップするのにかっこいい一部分だけを繰り返し使って、別のレコードと合わせて『再構築』するのがHIPHOPの『演奏』なんです」
この流れでやるのはもちろん「ライムスターインザハウス」!この曲は「HIPHOPのかっこよさは、これを見れば分かる」強さがあります。


今回は渋谷が会場なので、お次の曲は「渋谷漂流記」。大阪・名古屋は「ちょうどいい」だったそうです。
ちょっとまったりしましたが、ここからはアゲアゲタイム!
WE LOVE HIPHOP」ではRUN.D.M.C.の「WALK THIS WAY」をトラックに使っていました。このバージョン超いい!
続いて「Still Changing」!この曲は宇多さんヴァースがいいのよねー。パンチラインだらけ。


何とライムスターの時間はここでおしまい。40分少々しかなかった。フェスみたい。もちろん大盛り上がりでしたが、個人的にはもう少しMC少な目であと1~2曲やってほしかったなー、とぜいたくなおねだり。
そして、今回のセトリは、全部「これがHIPHOPだ」の曲なのです(新曲のリリックは分からないけど)。ロックバンドと対バンするHIPHOPグループの意地とか粋とか生き様とかを感じるセトリでした。


久しぶりに間近で見た宇多さんは、やはり肌がきれい。多分綾瀬はるかの次くらいにきれい。
そして、Dさんとは過去最高に目が合いました。目が合うだけではない、アイコンタクトができました。思い込みだが、事実だ!


この後スクービーですが、長くなるので一旦切ります。また次回。


①スタイルウォーズ
②バックアンドフォース
③B-BOYイズム
④ライムスターインザハウス
⑤渋谷漂流記
⑥WE LOVE HIPHOP
⑦Still Changing


www.youtube.com

マニフェスト

マニフェスト