読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やりやすいことから少しずつ

好きだと言えないくせして子供みたいに死ぬほど言ってもらいたがってる

岡村靖幸ライブ映像作品「幸福」 感想

寸止め感


岡村靖幸のライブDVD「幸福」を見ました。私が買ったのはブルーレイの通常版。限定版には2曲追加と写真集が付いているのですが、写真集は別にいいかなーと思い通常版にしました。でもTwitterの皆さんの反応を見るとやはり写真集も見たいな!
あと、普段「DVD見た」と言いながら買ったのはブルーレイなのでタイトルには「映像作品」と書いたのですが、面倒くさいな。「ライブDVD」はしっくりくるけど「ライブブルーレイ」はしっくりこない。どういう言い方がいいのだろう。


さて、本編のお話。
今回は、復活以降最高の出来ではないでしょうか!岡村ちゃんのパフォーマンスがよいという大前提がまずありますが、映像作品としての出来がよい。編集・カット割りがシャープでよい。そして手持ちカメラが岡村ちゃんのアップの表情や指先の動きまで捉えているしステージと客席をつなげる装置にもなっている。
そしてステージ上に梅佳代さんと川島小鳥さん(限定版の写真集のカメラマン)が登場して岡村ちゃんや客席をバシバシ撮る様子を映しているのも臨場感を生み出しているように感じました。普通こういうライブ映像はカメラマンは黒子の存在で基本映り込みしないようにするものですが、わざとステージ上にズカズカ登場してそれを映すという手法が面白かったです。


あと、客席の映り込みもいい感じ。私はライブの盛り上がりを伝えるために「客席映してヨシ派」として何も気にならないのですが、「客席映すな派」の人もいます。でも、今回は歌やダンスの邪魔にはならないレベルだったと思うのですが、いかがでしょうか。
客席で映されるお客さんは美人さんばかりで、それは何も間違っていないし正しい選択なのですが、私のようなおっさんがキラキラしている様子も入れておくことも大事だと思うぞ!私はライブ中5本の指に入るキラキラさで岡村ちゃんを見つめている自信があるからな。


前回の「むこうみずでいじらしくて」のDVDでも感じたのですが、音がいい。各楽器の音がクリアに聴こえてとてもよい。ライブ現場では熱狂の坩堝なので細かいフレーズまで聴けないので、こうやって冷静に聴けるのはうれしい。「ぶーしゃかLOOP」はスペーシーだなーと思ったし「どぉなっちゃてんだよ」「(E)na」などの新アレンジもこうなっていたのか、と気づける。
「できるだけ純情でいたい」「新時代思想」のアウトロのライブバージョンも楽しい。リズムのキメでの音のアタックや照明の変化、岡村ちゃんのビシビシとした決めポーズも堪能できます。


ただ、曲数が足りない!イントロダクション含めて12曲ですよ。収録時間1時間弱。短い!
この日、本当のライブでは3時間24曲も演奏したのですよ。
ese.hatenablog.com
途中岡村ちゃんお休みタイムもあったとはいえ、1時間半くらい足りない!
そもそも、「ヘアー」でおしまいってことはないでしょう。前戯をしていざ挿入した!というところで終わっているようなものですよ!高まったこの気持ちをどうしてくれる!
「あの娘ぼくがロングシュート決めたらどんな顔するだろう」「だいすき」「Super Girl」などがないと「終わった感」がしないのよねー。あと「カルアミルク」「イケナイコトカイ」などのバラードも聴きたいなあー。
そして、今回のツアーはアルバム「幸福」のリリースツアーなのだから、収録曲は全部収録してほしい。「ラブメッセージ」「揺れるお年頃」のことだ!特に「揺れるお年頃」は今後のツアーで歌ってくれないかもしれないのに!
過去のDVDと被らないようにという配慮かもしれませんが、それでも物足りないなー。単純に足りないなー。


まあ、過去最高の岡村パフォーマンスを見ることができたのでよしとしよう。


過去DVDの感想エントリ↓
ese.hatenablog.com
照明と手ブレカメラに対する文句。あと、岡村ちゃんの歌唱力。ギャラクシーまた見たいのですが、何とかなりませんか。
ese.hatenablog.com
「エチケット」の感想は、今とは違うな。ライムスターと比較する必要なんてないのに。編集に対する文句も分かるけど、作る側の意図もあるだろうから、もう少し汲み取ってやれよ。


幸福2016 [DVD]

幸福2016 [DVD]

幸福

幸福