読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やりやすいことから少しずつ

好きだと言えないくせして子供みたいに死ぬほど言ってもらいたがってる

「世界遺産ラスコー展」 に行ってきました! 感想

結局剥製


上野の国立科学博物館で開催されている「ラスコー展」に行ってきました。
公式サイト↓
特別展「世界遺産 ラスコー展 〜クロマニョン人が残した洞窟壁画〜」
f:id:ese19731107:20161117131357j:plain
ラスコーの壁画は、1940年に近所の子供が発見しました。
ラスコー洞窟 - Wikipedia
しかし人が大勢訪れ過ぎて壁画が劣化してしまい、今では中に入ることはできません。
なので、今回その貴重な壁画の数々を見ることができるのは、とてもありがたいこと。もちろん本物の壁画を持ってくることはできないので、精巧にトレースした模写などで構成されています。
館内は撮影OKとNGがあるので、本当に貴重で撮りたいものは撮影できません。なので、私の記憶からももうありません。では、いくつか撮影した壁画の芸術をどうぞ。
f:id:ese19731107:20161117132351j:plain
f:id:ese19731107:20161117133136j:plain
f:id:ese19731107:20161117133315j:plain
描いたのは今から1万5,000年前のクロマニョン人ですよ。当時、食事など日々の生活だけで大変だったはずなのに、よくこんな心の余裕があったものだなあ。
描かれているのは洞窟内なので、たいまつなどの照明も必要なのです。高いところに描かれている作品もあるので、脚立的なものも必要だったのです。色鮮やかな作品を描くために色の調達も必要だったのです。そんな余裕が当時の生活にあったのか。いつの時代も人はパンのみに生きるにあらずですね。
f:id:ese19731107:20161117133502j:plain
f:id:ese19731107:20161117133623j:plain
当時はこんなデカい動物がいた時代ですよ。個人的にこの時代の超巨大哺乳類が好きなので、いつかこいつらの展示会してほしいなあー。


クロマニョン人は、現代の私たちと同じホモ・サピエンスですが、違う種族です。同じようにネアンデルタール人がいますが、彼らはクロマニョン人よりもさらに古い生きもので、直接の祖先でもありません。
f:id:ese19731107:20161117134815j:plain
気になる部分をアップで!
f:id:ese19731107:20161117134822j:plain
f:id:ese19731107:20161117134902j:plain
f:id:ese19731107:20161117134918j:plain
f:id:ese19731107:20161117134956j:plain
おい!クロマニョン人になった途端、イケメンすぎるだろ!
以上で終了。あまり写真なかったな…。


そして、国立科学博物館に来たら地球館にも行くよね。毎回シアター360を見て帰りに募金するのだ。


あとはブラブラ。
f:id:ese19731107:20161117144805j:plain
f:id:ese19731107:20161117144816j:plain
気持ちワル!


剥製大好き。
f:id:ese19731107:20161117145818j:plain
f:id:ese19731107:20161117145830j:plain
テンション上がるぜー。
f:id:ese19731107:20161117150722j:plain
f:id:ese19731107:20161117150017j:plain
ゴリラにバーン!これを友達にLINEで送ったら通じてとても嬉しかった。私はいい友達を持っている。ちなみにこれは昔「ダウンタウン汁」であった松本さんの大喜利の回答です。
f:id:ese19731107:20161117151829j:plain
恐竜はもちろん大好き。男の子だもん。
f:id:ese19731107:20161117152047j:plain
f:id:ese19731107:20161117152234j:plain
私が子供のころは6,500万年前だったので、いつの間にか100万年経ったらしい。
f:id:ese19731107:20161117155145j:plain
そして出るとこの写真を撮ってしまう。私のスマホには何枚こいつがいるのだろう。