読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やりやすいことから少しずつ

好きだと言えないくせして子供みたいに死ぬほど言ってもらいたがってる

今改めて、真心ブラザーズ「GREAT ADVENTURE」を語ろう

祝20周年!


以前、『KING OF ROCK』20周年記念ライブがありまして、そのときにこのアルバムについて書きました。
ese.hatenablog.com
このアルバムは、私にとっても真心ブラザーズにとってもとても大きな意味を持つアルバムでした。詳しくは上記のエントリ読んでください。


そして翌年に出た『GREAT ADVENTURE』もまた素晴らしいアルバムでした。生まれて初めて武道館に行ったのもこのツアーだったなー。いちばん後ろでよく見えなかったけど。
今年はこのアルバムの発売から20年ということで記念ライブが行われています。『KING OF ROCK』再現ツアーは大盛況で追加公演も行われたので、今回は最初から全国ツアーとして全国を回っています。私は赤坂ブリッツのライブに行くので、その前にこのアルバムを語っておきたい。


個人的には『KING OF ROCK』『GREAT ADVENTURE』と、この次の『I will Survive』を「真心黄金の3部作」と位置付けています。ロックに目覚めた真心がファンクもヒップホップも取り込み、さらにソウルの要素も身に纏うアルバム群で、倉持陽一の自信と躁のエネルギーがポップさを生み出すという好循環。


それでは、1曲ずつ語っていきます。解説ではなく、個人的な語らい。
1.GREAT ADVENTURE FAMILY
www.youtube.com
YO-KINGの弾き語り。キングは弾き語り上手いなあ。字余りな感じで歌っていくのがいい。吉田拓郎イズム。
詩的でポジティブ。ただ待っていて幸せになるわけはなく、「風まかせとか状況見つつなんて言っているうちにくたばるぞ 本当に君が思っていることをムリヤリ聴かせてやれ」自分で動かなきゃいけない。これがYO-KINGイズム。


2.新しい夜明け
www.youtube.com
この曲は歌詞もメロディもアレンジも演奏もコーラスも、全部ポジティブに聴こえてくる。アルバムだと2曲目ですが、ライブだと後半に演奏してもらった方が盛り上がる。でも今回は再現ライブだから2曲目だなー。
ホーンもコーラスも重要なので、今回の4人編成のツアーではどのようなアレンジで演奏されるのかも楽しみ。


3.拝啓、ション・レノン
www.youtube.com
シングルなのでMVあります。
この曲が発表当時「ジョン・レノンを冒とくしている」なんていう声がありました。「あのダサいおじさん」「バカな平和主義者」などの歌詞が問題なのでしょうか。単語だけで騒ぐな、文脈を見ろ。ジョン・レノン愛に溢れているじゃないか。「あなたの声はとても優しい」のだよ!
ライブ後半で絶対に盛り上がる曲。これも今回は3曲目に演奏なのか。もったいない。
この曲をカラオケで歌うと思った以上に忙しくて疲れる。YO-KINGすごいな。


4.スタンダード
桜井さんの曲です。MVどころかYouTubeにあがっている音源も見つけられなかった。iTunes storeで聴いてください。
いい曲なのですが、桜井さんの声があまり好きではないんだよなー。もったいない。
この曲もキーボードが活躍していますが、ライブではどうなるのかな。


5.君と一緒
YO-KINGの素直ラブソング。「僕を気遣う気持ちいつもありがとう嬉しいいよ」こんなこと言われたいよねー。日本男児はこういうこと言わないもんね。


6.アーカイビズム
前作『スピード』の系譜の疾走感溢れるラップとは違う早口詰込みロック。最初に聴いたときは『アーカイビズム』ってなんじゃ?と思いましたが、アーカイブ(記録・保存)なのですね。YO-KINGの子供のころの記憶と記録。
あと、演奏も今改めて聴くとカッコいい!ライブで聴きたい!


7.EASY MAN
ルーズなロックブルースで、これもライブ楽しみですな。「楽なことが大好き」と歌っていますが、「楽なやり方を探す 楽しそうなアイツ」という歌詞の通り、「何もせず楽になる」ではなく「楽になるために動く」のです。この微妙な違いが大事。


8.S.B.T.
ただただ勢いだけの1曲。ユニコーンの『CSA』と同じ箱に入る。ちなみに「SBT」って何の略なの?20年間分からないままです。


9.いいとこ
www.youtube.com
これもYO-KINGのほっこりポジティブソング。こういう押し付けがましくない前向きソングが好きなのです。
「少しだけやさしくなろう 僕の場所でベストをやろう」ベストを「やる」のです。待っているだけではないのです。
「持ち物を見つめよう 自分が手にしてるものを」YO-KINGは『情熱と衝動』という曲でも「手持ちのカードで楽しくやろう」と歌っています。『Yes Satisfaction Yes』では「ないものねだりで悩まない」と歌っています。一貫している。
ラストは「親しい人々優しい人々 僕らで何かができそうさ 僕らで何かができるよ」という肯定の締め。


10.ふっきれてる
これはYO-KINGの「無敵ポジティブ躁パワーソング」ですな。これも今改めて聴くと伴奏カッコいいなー。今回の4人編成のライブに期待!


11.SUPER NO BRAIN ULTRA
歌詞カードには歌詞が掲載されていません。そんな変なこと歌っている内容じゃないのにな。これは「躁で変な曲」です。普段ライブではやらないので楽しみだ。


12.空にまいあがれ
www.youtube.com
こういう世間に届くポップソングを書けるのがYO-KINGの才能ですな。この曲がラストにあるのでアルバム全体がポップで前向きな印象になります。
ちなみに、このブログのタイトルはこの曲の歌詞から拝借しております。


変な曲(あくまで「変な曲」です。「悪い曲」ではない)も含めて聴かせるアルバムの構成。そう、こういうのが「アルバム」だよなーと思うのです。
いいアルバムですよ。ベストだけでなく、オリジナルも聴いてほしい。しかし今ではTSUTAYAなどにも置いてないのよねー。


さあ、20周年記念ライブです。今まで真心ブラザーズのライブには何度も行っていますが、ライブで聴いたことのない曲もいくつもあるので、それを聴けるのが楽しみ。そして、2018年は『I will Survive』の20周年です。ここでも記念ライブやってくれるよね!期待しています!


GREAT ADVENTURE

GREAT ADVENTURE