読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やりやすいことから少しずつ

好きだと言えないくせして子供みたいに死ぬほど言ってもらいたがってる

クレジット払いのススメ

雑感

デメリットは何もない


私は、カード払いのできるお店は、極力クレジットカードで支払いを行います。その理由としては

●ポイントが貯まる(将来の値引き)
●現金を使わないので頻繁にお金を下ろさなくて済む

です。
私はみんながカード払いになればいいのになーと思うほど、現金よりカード派なのです。
ちなみに、貯まったポイントもその都度使うようにしています。貯めても利子もつかないし貯める意味がないからです。ポイントについては過去にこんなエントリ書きました。
ese.hatenablog.com


しかし、カード払いは嫌だという人もいます。その理由は

●何となくカードは怖い、カードは借金
●使い過ぎちゃう
●落とすのが怖い
●年会費がもったいない

などでしょうか。


●何となくカードは怖い、カードは借金
こういう「カードis恐怖」の人は、根拠のない怖がりなので「知らんがな」です。怖くないよ。借金じゃないよ。
「カードは借金」と思う人も、違います。カードで支払うのは、お財布から現金を出すか口座から引き落としをするかだけの違いです。同じ自分のお金から支払いをしているので借金ではありません。
ただし、今口座にもお金がないのに来月のお給料を当てにしてカード払いをする人、あなたはダメです。これは「借金」です。あくまで現在のお財布の中で買い物をしましょう。


●使い過ぎちゃう
それはあなた次第です。必要なものだけ買いましょう。それだけ。
たまに「お金を使い過ぎないように1万円ずつしか下ろさない」という人がいますが、これは私には理解できません。お金があるから使うの?なければ買わないの?分からない。買い物は「お金があるかどうか」ではなく「必要かどうか」でしょう。その辺の自己管理ができない人は確かに「使い過ぎちゃう」可能性があるのでカード持たない方がいいですね。


●落とすのが怖い
そりゃそうだ。でもね、そんなこと言ってたら何もできないですよ。
そもそも、現金こそ落としたらおしまい。でもクレジットカードなら万が一落として誰かが不正利用しても、過去90日程度は遡って補償を受けることができます。悪用された後からでもリカバリーは可能なのです。
私は以前東京から新潟市に引っ越しした際に家財道具をいろいろ買い換えたら、カード会社から即お店に連絡が入り、本人確認などいろいろ手間がかかりました。普段カードを使っている場所と離れた場所で高額の買い物を一気にしようとしたためです。もちろん本人ですのでやましいところはなく、嫌な気持ちどころか「カード会社はきちんとしているのだな」と感心しながら本人確認の手続きを行いました。


●年会費がもったいない
無料のカード、たくさんあります。初年度無料で2年目以降は年会費が発生する場合でも、年間1回以上カード払いをすれば無料になるカードもたくさんあります。
また、年会費が発生するカードは、その分プラスのことが多いです。空港のロビーを優先的に使えたり飛行機や宿のグレードアップができたり。自分の生活がこういうプラス要素に重なる部分があれば年会費があってもトータルではよりお得になります。


次に、お店側の視点。
通常、クレジットカードを導入しているお店は、カード利用金額の5%程度をカード会社に支払っています。なので、本音を言えばカードは使ってもらわない方がありがたいのです。しかし、他のお店が導入していて自店は使えないとなると、お客さんが減ってしまうかもしれない。外国人観光客も多くなってきているので、よりカード需要は増える。この中で5%の手数料をどう考えるか。カードを拒否することで失う客数や客単価はいかほどか。
と、これらの天秤の結果、多くのお店でクレジットカードは使えるようになっているのが現在です。


そして、こういう事情を知った人が「同じ支払いで5%手数料を取られるのはかわいそう。少額の買い物は現金でしよう」と呼びかける運動もあります。
しかし、私はこの運動には賛同しません。自分のカード払いと現金払いで何も変わらないのであれば現金で支払いますが、カード払いはポイントが付くというメリットがあります。なので、わざわざ自分が損してまでお店を助けてあげる必要はないと考えるのです。
そもそも、お店が自らカード利用OKという選択をしているのだから、お客である私たちはそんな気を遣う必要はないのです。
さらに、「少額なら現金」という考えは意味がありません。上記のように5「%」なのだから、少額利用なら手数料も少額なのです。大きな買い物をしたら手数料も大きくなります。なので、本当にお店のことを考えるなら「高額こそ現金」であるべきなのです。


今のは経営者視点ですが、従業員視点でもカードの普及はプラスになります。お店では、毎日現金の過不足が出ます。これも、もし全員がカード払いだったら過不足は発生しないのです。全員でなくても、現金を扱う回数が減るだけで過不足の可能性は下がります。まあ、最近のレジはお客から預かったお金を投入すると自動で数えてお釣りが出てくる素晴らしいレジもありますが。


というわけで、デメリットなど何もないクレジットカード、もっとみんなが普段使いすればいいのに。
どのカードが良いかは、様々な本やサイトがあるので各自研究してください。


絶対トクする! クレジットカード最強ガイド 2016Winter (Gakken Mook)

絶対トクする! クレジットカード最強ガイド 2016Winter (Gakken Mook)