読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やりやすいことから少しずつ

好きだと言えないくせして子供みたいに死ぬほど言ってもらいたがってる

今の世の中を窮屈に感じるのは私たちが「前の世代」だからなのか

消え去るのみ


最近、世の中が窮屈になっていると感じませんか?不倫は重大な悪事だし19歳がお酒飲んだり17歳とお付き合いをすると大ニュースだし線路で写真を撮ると書類送検と涙の会見まで必要だし。
でもこれは、みんながそう望むから叩かれるし話題になるわけですよね。


世の中は、よくなっているのか。
私は楽観主義者なので昨日より今日の方がいい世界になっていると思っています。世界中の人が「より便利に」「より快適に」と思って様々な製品やサービスを開発していきました。今、スマホのない生活なんて考えられない。動画を見ることができるとか電話もメールもできるとかもそうですが、電車の乗り換えとか分からないことをすぐ調べることができるようになったとか、本当になくてはならないツールです。
もちろんスマホに限らず、ITの発展は世の中を飛躍的に便利にしてくれました。問題やデメリットもありますが、メリットの方が何倍も大きい。IT革命は、本当に私たちの社会や生活を変革しました。


殺人事件も交通事故の死者も減っています。みんなが大好き『三丁目の夕日』の頃がいちばん治安悪かった時代です。
www.jicobengo.com
http://www8.cao.go.jp/koutu/taisaku/h28kou_haku/pdf/zenbun/h27-1-1-1-2.pdf
www.pepsinogen.blog
togetter.com
worldgoodnews.net
そして、マナーやモラルもよくなっています。タバコの吸い殻も道路のゴミも、昔と比べれば激減しています。おっさんがそこらじゅうで痰を吐いたり立小便をしたりする姿もめったに見なくなりました。セクハラ・パワハラなどの職場環境も改善されています。


もちろんブラック企業クレーマーなど、問題もたくさんあります。それでも、トータルではよい社会になってきていると私は思うのです。
世の中はよくなっています。ただ、昔と同じ価値観のおっさんが今の価値観に対応できていないので「今は窮屈だ」とごねるのです。


翻って、自分はどうだろう。世の中はよくなっていると思いながら、窮屈だとも思っています。
外で立小便をするおっさんや卑猥な言葉を女性に投げかけるおっさんは不要だし、まだそんなことをしている人がいたら眉をひそめます。今はそういう人がほとんどいなくなってよかったと思っています。
しかし、冒頭に書いたような最近の世の中の流れには窮屈だと感じています。
これは、自分にとって都合のいいことは「いい社会になった」と思い、自分の価値観にそぐわないことは「窮屈な社会になった」と思っているからではないでしょうか。


冒頭に書いたようなことは、あくまで私の観測範囲ですが、若い世代が支持している感じがします。
なので、今後こういう流れはもっと進んでいき、社会はより潔癖で完璧を求めるようになるのではないでしょうか。
それは、過ごしやすい環境なのでしょうか。息苦しい環境なのでしょうか。私は後者だと思うのですが、これからの若い世代は前者と感じ、その方向に進むのかもしれません。


これからの社会にとって、私は外で立小便をするおっさんという立ち位置になるのかもしれません。「前の世代」の人間は新しい世代についていけないため、今の世の中が窮屈に感じるのでしょう。自分は今、ルールを作る立場にいないのだ。


老兵は死なず、ただ消え去るのみ。
マッカーサーの言葉を書いても若い子には通じないんだろうなー。


老兵は死なず ダグラス・マッカーサーの生涯。

老兵は死なず ダグラス・マッカーサーの生涯。

  • 作者: ジェフリー・ペレット,林義勝,寺澤由紀子,金澤宏明,武井望,藤田怜史
  • 出版社/メーカー: 鳥影社
  • 発売日: 2016/02/03
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る