読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やりやすいことから少しずつ

好きだと言えないくせして子供みたいに死ぬほど言ってもらいたがってる

「人間交差点フェス2017」 その交わりとつながり(その1)

予習用にどうぞ


今年も5月14日(日)に『人間交差点フェス2017』が開催されます。祝!
公式サイト↓
www.nkfes.com
毎年出演者とRHYMESTERのつながりを書いているので、今年も書きます。いつもは全出演者が決定してから書くのですが、それだとボリュームが大きくなりすぎるので、今年は分けて書くことにしました。
過去のエントリ↓
ese.hatenablog.com
ese.hatenablog.com


ANARCHY
うむむ、いきなりあまり知らないです。名前はもちろん知っていますが、音源は聴いたことありません。ハードコアアンダーグラウンドのラッパーというイメージだったのに映画『HiGH&LOW THE MOVIE』に出るのかー、と思いました。それくらいの知識です。
なので、もちろんRHYMESTERとのつながりも分かりません。コラボで曲を作ったこともないしな。
というわけで書くことがない。誰か詳しい方、補足お願いします。
今現在、世間でいちばん知られているのはこの曲じゃないでしょうか。
www.youtube.com
フリースタイルダンジョン』を見ていると流れるCMです。これはカッコいい。リミックスでのカットの仕方もカッコいいし、リリックビデオとして歌詞が出るのもカッコいい。
フェス当日はRHYMESTERと何か絡みあるのかな?


Base Ball Bear
ベボベです。フロントマンの小出さんは以前からライムスファンを公言しておりまして、2013年にはコラボ曲を出しています。
www.youtube.com
これ、好き。ヒップホップの人とのコラボでよくある「平歌ラップ、サビメロディ」ではなく、双方が絡み合った構成。
MVのワンカット撮影もカッコいい。
彼らはギターロックバンドとして若者に人気があるので、ここから若いファンを獲得しよう。


クレイジーケンバンド
タイガー&ドラゴン』の「俺の話を聞け!」が世間的にはいちばん有名だと思いますが、彼らとRHYMESTERのつながりは古いです。2002年に『肉体関係 part 2 逆featuring クレイジーケンバンド』でコラボ。その後も何度かライブにゲスト出演してくれました。「R20」というイベントのときなんて開会宣言だけのために来てくれたこともありました。
www.youtube.com
また、メンバーの小野瀬さんは2011年のミニアルバム『フラッシュバック、夏』に収録されている『サマーアンセム』という虚構でギターを弾いてくれています。
www.youtube.com
そして、追加!この曲があったのを忘れていた!くまたろうさん、ありがとうございました。
www.youtube.com
上の2曲はRHYMESTERのステージで、こっちはCKBでやるのかなー。


KIRINJI
こういうバンドともつながりがあるのがRHYMESTERの強み。まさに全方位外交。
おしゃれシティポップのイメージのある彼らがまさかヒップホップグループとコラボするとは。
www.youtube.com
私、兄弟が分かれた(別れたとは書きたくない)後のキリンジを知らないのです。音源もチェックしていません。なので、こちらもあまり語れません。どなたか補足を!


以上、第一弾のメンツでした。
2年前、初めてこのフェスの開催を聞いたときは「人間交差点って名前ダサくね?」と思ったのですが、もう馴染みました。それどころかこういうフェス・こういうメンツこそが人間交差点だよなーと思うようになりました。
ヒップホップというある種固有のジャンルなのに、あらゆるジャンルとつながりを持つRHYMESTERは、日本語HIPHOPのパイオニアでありつつ現代のカルチャーを大きくつなげる存在です。
Zeebraが日本語HIPHOPを『フリースタイルダンジョン』『B-BOY PARK』というやり方で広めようとしているのに対し、RHYMESTERは他ジャンルの音楽・他分野のカルチャーとつながって広めようとしています。どちらが正しいとか正解はありません。いろいろな方法で外へ、世間へ広がってほしいです。


さて、第二弾以降のメンツ予想。
スキマスイッチ
彼らのセルフカバーアルバムでコラボしており、彼らのツアーにも参加しているのだから、お返しの出演もあるでしょう。本命。
Creepy Nuts
昨年はオープニングアクトだった彼らですが、この1年で世間の認知度も含めて成長しました。『タマフル』に『水曜The NIGHT』に出演した彼らが出ないわけがない。彼らのツアーがあるので、情報解禁しないだけだとにらんでいます。これも本命。
●SKY-HI
彼も出るはず。若手ラッパーのフックアップも先輩の大事な仕事。対抗。
サイプレス上野とロベルト吉野
去年も出たし今『水曜The NIGHT』で宇多丸さんと一緒に出演しているので、今年も出る予想。対抗。
●DANCE EARTH PARTY
EXILEのUSAなどがいる音楽ダンスユニット。ここにMummy-Dが参加した曲があるので、これ、来そうじゃない?大穴。
●PUNPEE
RHYMESTERはPUNPEEが大好きなので、今年も呼んでくれそう。穴。
藤井隆
最近音楽活動に力を入れている藤井さん。『タマフル』でも歌手として特集されたりゲストで呼んでもらったりしているので、十分可能性はあるぞ。大穴。
●ドラマ『カルテット』のメンバー4人、もしくは椎名林檎
これはさすがにないと思っていますが、書くのは自由だ。主役を食ってしまうから無理かなー。超大穴。


他いないか!昨年はオープニングアクト含めて12組出ていたので、もっと出るはず。
去年のリップ・ゴスペラーズ、一昨年のキングギドラスチャダラパークラスの人たちは出ないかな。まあ、KREVAのことなんですが。


また新たなメンツが発表されたら書きます。
行こうか迷っているあなた、行きましょう。迷っているということは少しは興味があるんでしょ?じゃあ行きましょう。
会場はリストバンドをしていれば出入り自由。ビーナスフォートなどにも行けますので、疲れたら冷房の効いた室内で休むことも可能です。
しかも、小学生以下は親同伴で無料ですよ、無料。小学生以下ということは、小学6年生も無料なんですよ。会場内には子供が遊べるスペースもあるので(保育士さん的な人がいるか不明)、そこに預けて親はライブに熱狂、ということもできます。
こんなに自由でホスピタリティも充実したフェス、なかなかないですよ。
そして、ヒップホップのフェスだから怖い輩が多いのではと心配しているあなた、ご安心ください。主催がRHYMESTERなので、そんな輩はいません。普通の音楽フェスと変わらない客層です。


どうですか。行かない理由は何もないでしょ。行って楽しみましょう!


人間交差点 / Still Chainging

人間交差点 / Still Chainging