読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やりやすいことから少しずつ

好きだと言えないくせして子供みたいに死ぬほど言ってもらいたがってる

映画「愚行録」 感想

映画

嫌な気持ちと嫌な映画は別物


映画『愚行録』を見てきました。公式サイト↓
gukoroku.jp
原作は読んでいません。


(以下、ネタバレあります)


本作は「イヤミス(読後感が嫌な気持ちになるミステリー小説)」の映像化と聞いていて、確かにその通りでしたが、湊かなえさんや真梨幸子さんの方がイヤミスだなーと思いました。やはり人間関係の悪い感情を描くのは女性の方が上手い。男性だと類型的で分かりやすい表現になってしまう。


面白かったです。映像的にはアクションもないし派手な惨殺場面もないし地味な絵面ですが、徐々に解きほぐされる被害者の素顔と妹の独白によりぐいぐいと見る側を引き込んでいきます。
エリートサラリーマンと美しい奥さんの評判も、別の人から話を聞くとまた違う印象になる。さらに別の人から聞くとまた違ったものに。人の印象や評価は主観的なもので、自分の見たいように見るし都合のいいように解釈する。妬みや僻みが相手の見え方を歪めてしまう。
そしてクライマックスの衝撃。おお、そうだったのか。おお、そんなことを。おお、そんなインモラルな秘密を。


本作を見た後に公式サイトを見たら「仕掛けられた3度の衝撃」とありました。
①一家殺人事件の犯人
②主人公田中が起こす殺人
③光子の子供の父親
ということですよね。


①一家殺人事件の犯人
犯人は田中(妻夫木聡)の妹光子(満島ひかり)でした。これは考えながら見ている人には分かったのでは。私は推理しながら見ないので、クライマックスでは素直に驚きました。
動機も、『怒り』の森山未來よりは納得できるものでした。ああ、もうあの子になるのは無理なんだ、という絶望。
この告白も、劇中では独り言として言っているのが上手い。精神的に不安定な表現であり世間にはまだ知られていない秘密の事実を映画を見ている私たちだけに伝える表現。上手い。


②主人公田中が起こす殺人
物語の後半、田中(妻夫木聡)は宮村(臼田あさ美)を殺します。ここびっくりした。突然どうした!
これは、妹を守るために一家殺人事件の犯人に近づいた宮村を殺したわけですが、私は映画を見ている最中はそのことに気が付きませんでした。
そう、そもそも田中がこの事件の調査をしたのは、事件の真相を知っている人はいないかを調べるためだったのです。これも気がつきませんでした。その後ネット徘徊で知りました。そうだったのかー。
つまり、田中は妹がこの事件の犯人ということを知っていたのですよね。その辺の描写はあったのかな?間接的に読み取れ、ということなのかな。原作を読んでいない人でも気づけるものなのかな?私がにぶいだけ?


③光子の子供の父親
田中ですね。
それにしても、父親から性的虐待を受けていた妹とそんな関係になるとは。いくら辛い子供時代で妹を守るために兄が父親に立ち向かったとはいえ、兄妹で一線を越えるのか…。ここが個人的には一番イヤミスでした。


役者の皆さんは素晴らしかったです。特に現在と大学時代(10年くらいの時代の変化がある)を演じた皆さんは素晴らしい。髪型等で変わるものですね。満島ひかりはこんなに変わらなくていいのかな?と思いましたが。
妻夫木聡(田中。週刊誌記者)
オープニングでお年寄りに席を譲れと強制された彼は足を引きずる演技をします。席を譲れと迫ったおっさんはバツが悪くなりますが、演技なのです。田中嫌な奴だな、という性格描写を一発で行う上手い表現。『ユージュアル・サスペクツ』のカイザー・ソゼかよ!
満島ひかり(光子。田中の妹)
無理して頑張っている大学時代は痛々しくて見るのが辛かったです。もちろん演技は文句なし。
途中出てくる無数の手は大学時代に弄ばれたトラウマの表現ですね。私は汁男優が多数出てくるAVを思い出してしましました。汚れた心。
小出恵介(田向。被害者)
明るく利己的な男。見ようによっては嫌な奴だけど、利用できるものは利用する素直で正直な奴ともいえる。この憎めないズルさは小出君っぽいな、と思いました。いや、これは小出君がそういう人ということではなく、小出君に明るく言われたらいろいろ納得してしまうなーと思ったのです。
松本若菜(友季恵。被害者田向の妻)
劇中、あーこの顔見たことあるけど名前出てこないーと思いながら見ていました。でもエンドロールで名前見てもピンときませんでした。ウィキ見てもどれもピンとこない。何となく見たことあるだけなのか。
天真爛漫で純粋・純真らしくてでもしたたかな女性。女子アナのような女性のヒエラルキーの頂点です。かわいいは正義
彼女は光子を複数の男に紹介して「公衆便所」のように扱わせていたのですが、そこまでする動機は分からないなー。
臼田あさ美(宮村。友季恵・光子の同級生)
大学時代は首にチョーカー付けているファッション。こいつはメンヘラくせえ。途中で彼氏に突撃したり彼を奪った女(友季恵)にビンタ食らわせたりと案の定メンヘラっぷりを発揮。しかし友季恵は泣き叫ぶわけでもなくビンタをお返し。こっちの方が怖い!
ラストで田中に殴り殺されるのですが、殴られる瞬間の演技は当たっている感じがあまりしなかったなー。
市川由衣(稲村。田向の元カノ)
女は怖いなー。
中村倫也(尾形。宮村の元カレ)
彼の大学時代と現在の変わりっぷりがいちばん上手かった。前髪とヒゲでこんなに変わるのね。そして、演技も自然で上手いなー。
私は普段テレビドラマを全く見ないので彼のことは何も知らないのですが、ウィキ見たらドラマだけでなく映画も舞台もたくさん出ているのね。そして画像検索するとどれも顔が違う。まだ30歳なのでこれからさらに人気者になりそう。
眞島秀和(渡辺。田向の職場の同期)
彼のことも知らなかったです。関西弁でしたが、山形出身なのですね。私は関西弁ではないので気になりません(というか上手いと思った)でしたが、関西の方が見たらこの関西弁はどうだったのでしょうか。
逆ハニートラップみたいなことする悪い奴。この女優さんの名前を知りたいのですが、どなたでしょう。演技であんな猫なで声を出しているのか、素なのか。ああいう声苦手。


この作品は『愚行録』なので、文字通り人の愚行が描かれています。それは光子の一家惨殺であり田中の殺人であり。しかしそれだけではなく彼ら兄妹の両親もひどい親だし、他人のことを好き勝手言う周りの人たちもちょっと悪いです。
特に田中が話を聞きに行った被害者周辺の人たちは「ちょっと悪い」のですが、これは普段の私たちでも十分ありえることで、この行動や考え方だけで「悪い」とは言えないと思います。この微量な悪意や妬みがバランスを崩すと悲劇を生んでしまうのでしょうか。


分からなかったことがあります。
エンディングで田中は妊婦に席を譲ります。オープニングとの対比ですが、これはどういう意味なのでしょうか。席を譲る/譲らないという対比なのか、相手が妊婦だからということなのか。そしてその意味も。
また、上にも書きましたが友季恵が光子に男を紹介する理由が分かりません。そこまでひどいことをする理由があるのでしょうか。
どなたか、教えてください。


あと、少しツッコミを。
これだけ大変だった子供時代を過ごしたのに、光子はよく大学に行けたな。奨学金なのかな?
また、ラストで宮村を殺した田中は他人(尾形)の吸い殻を現場に残して誤認逮捕をさせるのですが、そんなに上手くいくかな?アリバイもあるだろうし防犯カメラもある。こんな小細工警察には通用しないと思うのですが。


でも、面白かったです。見終わった後は気分爽快にはなりませんが、その気持ちと映画の評価は別のもの。嫌な気持ちになりながら、映画は高評価。
内容分かった状態でもう一度見たい。


愚行録 (創元推理文庫)

愚行録 (創元推理文庫)



映画 『愚行録』予告編【HD】2017年2月18日公開
この作品↑では兄妹なのに、この作品↓では殺人犯と被害者。

悪人 (特典DVD付2枚組) [Blu-ray]

悪人 (特典DVD付2枚組) [Blu-ray]