読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やりやすいことから少しずつ

好きだと言えないくせして子供みたいに死ぬほど言ってもらいたがってる

真心ブラザーズ「東西たっぷり真心届けます!2017」 に行ってきました!感想(その2)

前回のお話↓
ese.hatenablog.com

バンドメンバーが戻ってきて『あれあれ、あの、あれ』。
これは桜井さんの曲なのですが、個人的には桜井さんの曲の中でトップクラスに好きな曲です。メロディもいいし、歌詞も面白いし、今の自分そのものだし。ライブでも盛り上がっていい曲です!
この曲終わりでYO-KINGは「俺、桜井の曲の中でこの曲の2番の『そう、系でいうとそう』の部分がいちばん好き。あれは出てこない」と褒めるが「そこ…?」と腑に落ちない桜井さん。そりゃそうだ。


『I'm In Love』は地味だけどいい曲。沁みる。
『STONE』大好き!チンポ石チンポ!
今回は曲の途中からSly&The Family Stoneの『サンキュー』に変わり、また『STONE』に戻るというアレンジが素晴らしかったです。
www.youtube.com


さあ、ラストスパート!
『Dear, Summer Friend』は真心復活第1弾シングルで、当時私はTシャツ付きのシングル買ったなー、なんていう思い出。
この曲は、出た当時は「復活一発目だから『サマーヌード』の二番煎じを持ってきたな」と思い、そんなに好きではありませんでした。でも、今は好き。いい曲です。素直になろう。
ちなみにこの曲は、歌詞の文節終わりの音と次の歌詞の音が同じなのです。
「君とキスしたら/楽勝で世界は/笑うほど変わった/ただの真夏は光の季節に」という具合。これが1曲まるまる続きます。まるでしりとり。これは当時桜井さんが歌詞の実験で「口が気持ちいい歌詞を書こう」ということでこういう実験的な手法を使って書いているのです。面白い。


『ENDRESS SUMMER NUDE』。今回のライブはレア曲満載であっても、定番曲は外さない。正直私は「たまにはやらなくていいんじゃない?」と思うこともあるのですが、曲が始まると盛り上がってしまう。
初めて真心ブラザーズのライブに来た人もいるはずなので、そういう人たちに自分たちの代表曲を必ず演奏するという姿勢も素晴らしい。


『EVERYBODY SINGIN' LOVE SONG』で本編終了。
この曲も好き。作詞:YO-KING、作曲:桜井さんが上手くはまっている!掛け合いもあるし後半ハンドクラップだけになるところもあるのでライブでも盛り上がる。


アンコールは物販のTシャツに着替えることが多いですが、本日は最初の服装そのまま。汗びっしょりじゃないの?
先日亡くなったムッシュかまやつさんを偲んで『バン・バン・バン』。
www.youtube.com
歌いだしてからエレキを持っていないことに気づいて慌てて後ろに置いてあるエレキを手に取るYO-KING。かわいいぞ!
曲終わりで「ムッシュが僕らをえこひいきしてくれたから世に出ることができました。ムッシュありがとう!」と桜井さん。そうですよね、かまやつさんが真心の二人のデビューを後押ししてくれたのです。


『I'M SO GREAT』はライブのために作ったのかなーと思うほど毎回盛り上がる。「俺すげー!」の自己肯定ソング!
www.youtube.com
『新しい夜明け』はやはりライブ後半に置かれるのが正しい。とてもハイでポジティブな気持ちになれる。歌詞もいい。
www.youtube.com
そしてオーラスはおなじみ『RELAX〜OPEN〜ENJOY』。


終わりました。真心ブラザーズのライブの感想は毎回同じなんですけど、「幸せになる」です。楽しい、いい人になる、自己肯定感が増す、これらをひっくるめて「幸せになる」です。
彼らは必死に煽ったりコール&レスポンスや腕の振りなどの強要もない。MCはゆるい。なのに後半になると大いに盛り上がり、ラストで幸せになる。セトリや構成が上手いよなー。と、『STONE』以降のセトリを振り返って思うのです。


その他感想いくつか。
YO-KINGは、本日も喉絶好調。当然のようにいいので「いい」とわざわざ思わないほどのハイアベレージ。
そして、彼はステージで「何もしない」んですよね。客席を煽るアクションもしないし左右に走って盛り上げることもしないしお客に手を振ったりもしない。泰然自若な立ち振る舞いですが、これが許されるのはYO-KINGだから。選ばれし「スター」だからただそこにいるだけで間が持つのです。
桜井さんはサービス精神あふれるお方ですが、スターではない。


あと、今回はドラムがビバさんから山口美代子さんに緊急代打だったわけですが、これが全然違うドラムでした。
ビバさんはリズム後ろ目のリズムキープですが、山口さんはつんのめる前のめりビートなので、同じ曲でも全然違う。『I'M SO GREAT』のような速い曲ははまるけど、『RELAX〜OPEN〜ENJOY』のような遅い曲は他の楽器と合っていないように感じました。こんなことを感じたのは私だけでしょうか。


ついでに。今回、ステージ上の四隅には照明の櫓が組まれていて、その最上段には人が座って照明を操作しておりました。私初めて気づいたのですが、これって毎回?あの素晴らしい照明は手動だったのか。


この中野サンプラザでの毎年恒例ライブがいつまで続くか分かりませんが、続く限り行くぞ。中野サンプラザが建て替えになったらどうなるんだろ。
で、新曲なんかは作っていらっしゃるのでしょうか…。急かしませんが、待っていますよー。


本日のセトリ。ここからいただきました。
真心ブラザーズ @ 中野サンプラザ ホール (東京都) (2017.03.04) | ライブ・セットリスト情報サービス【 LiveFans (ライブファンズ) 】
1.Soul Intro~The Chicken
2.BABY BABY BABY
3.ループスライダー
4.きみとぼく
5.メトロノーム
6.アーカイビズム
7.同級生
8.ふわふわ人
9.流れ星
10.橋の上で
11.この愛ははじまってもいない
12.流星
13.あれあれ、あの、あれ
14.I'm in Love
15.STONE
16.Dear, Summer Friend
17.ENDLESS SUMMER NUDE
18.EVERYBODY SINGIN' LOVE SONG
アンコール
19.バン・バン・バン
20.I'M SO GREAT
21.新しい夜明け
22.RELAX~OPEN~ENJOY


Keep on traveling(DVD付)

Keep on traveling(DVD付)

そろそろ『Keep on smiling』を聴きたいのですが、どうでしょう。