読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やりやすいことから少しずつ

好きだと言えないくせして子供みたいに死ぬほど言ってもらいたがってる

『人間交差点フェス2017』の全体感想と来年に向けての要望

汁物とJINさん


人間交差点フェス2017』の感想レポを4回に渡って書き、もう力尽きました。最後に全体感想と要望(ワガママ・おねだり)を書きます。


全体的な感想としては過去2年と変わらず「素晴らしかった」に尽きます。
フェスは年々増えており、淘汰もされています。これからはそのフェスの開催意義や主催者の顔が見えるフェスが生き残っていくと思っています。ミュージシャン主催のフェスもいくつかありますが、その人たちがやる意味・理由がなければわざわざミュージシャンの冠を付ける意味はありません。そういう意味でも、このフェスはRHYMESTERだからこそ実現したブッキングだしRHYMESTERだからこそ成立する内容であり、まさにフェスの名の通り「人間交差点」なフェスでした。
ベボベとANARCYが、CKBとサナバが、田我流とKIRINJIが一堂に会して成立するのはRHYMESTERという背骨があるからだ。


当初は、こういうRHYMESTERと縁のあるメンツで揃えていくとすぐネタ尽きちゃうぞと思っていたのですが、直接のコラボなどなくても彼らが見込んだアクトを私たちに見せつけるというのも大事なブッキングですな。今回の田我流とか。
そして、そんな心配とよそにライムス兄さんたちはどんどん外部と交わっていき、ブッキングはまったく予想ができません。最近もスキマスイッチとコラボしたばかりだし。


今年はRHYMESTERとコラボ歴のあるミュージシャンが多かったのでRHYMESTERをたくさん見れたのはうれしかったですが、昨年のようにライムス以外の出演者同士でのコラボがもっとあるとよりよかったなーと贅沢なことを思っています。なので、今年のベボベの弓木さん(KIRINJI)×サナバホーン隊×ラッパー呂布というコラボはとてもよかった。(だから『饒舌エクスプレス』も『回シ蹴リ』も見たかったな…)


ステージについての提案です。
このフェスはRHYMESTERが出ずっぱりでとてもありがたいのですが、さすがに大変だし彼らの負担が大きすぎる。そこで、途中ライムスおじさん以外のメンツでの特別ステージの時間を設けるのはいかがでしょう。このステージのみのコラボやカバーやゲストなど。「ビバラロック」のビバラオールスターズみたいなイメージ。ホストであるRHYMESTERをもてなす時間。
やる側が大変かなー。でも見たいなー。


その他、フェスについての要望(ワガママ・おねだり)を箇条書きで書きます。
●飲食ブース、うどんやそばなど、汁物がほしいです。私のようなおっさんは夕方になると疲れて肉を食べられない体になります。
●マッサージコーナーがあるとうれしいです。わたしのようなおっさんは夕方になると疲れて動けなくなります。
●イスを増やす、もしくは同じ人がずっと使わないようにしてほしいです。座りたくても座れない。座っている人は動かない。どんなやり方がいいのか分かりませんが、検討お願いします。
●ゴミ箱が1か所しかないようです。あと数か所置いてほしいです。
●トイレに並ぶ動線、朝は何もなかったけど途中から白いテープで貼ってあり、とてもよかったです。来年もお願いします。
●チケットの値段、7,500円は安い。もっと上げてもいいですよ。
●顔ハメ看板やオブジェなど、写真映えする場所が何か所かあるとよい。インスタの時代ですから。私やってないけど。
スマホでの撮影禁止を、RHYMESTERからしっかり言ってもらいたい。「ダメですよ、いいですか」「はい」「もしやっている人がいたら周りの人は注意してくださいね」「はい」と本人たちから言ってもらい「はい」まで言わせればだいぶ抑止力になると思います。スマホで撮影すること自体よりも、その掲げる手とスマホのせいでステージが見えないんだよ!
●時間管理はしっかりと。ラストでは40分くらい押してしまったようです。そのためRHYMESTERのライブがアンコール待ちなしとか1曲削るとかになってしまい、もったいない。前説での時間調整をもっとシビアにやってください。
●JINさんの一本締め師はクビで。もしくはトークは30秒以内で。これ、マジのお願い。


こんなところかしら。正直、汁物とJINさんがいちばんの要望です。それ以外は本当にいいフェスです。会場までのアクセス最高だし広すぎない会場があまり面倒なルールを必要とせず、自由かつピースな空気があります。
来年も、素晴らしいメンツと素晴らしい音楽を期待しています。 


新装版 愛嬌一本締め 極道の世界 本日も反省の色なしちゃ (宝島SUGOI文庫)

新装版 愛嬌一本締め 極道の世界 本日も反省の色なしちゃ (宝島SUGOI文庫)

一本締め

一本締め

愛嬌一本締め

愛嬌一本締め