やりやすいことから少しずつ

好きだと言えないくせして子供みたいに死ぬほど言ってもらいたがってる

瀧本哲史『ミライの授業』 感想

いつだってミライは新しい


『ミライの授業』を読みました。これは14歳を想定読者として書かれています。なので難しい漢字にはルビが振られており、文章はとても噛み砕かれ分かりやすい表現になっています。
そして肝心の内容は、子供にも大人にも刺さる超良書でした!


昔は改札には駅員がいて切符1枚1枚にハサミを入れていた。洗濯機のない時代は洗濯の上手い人・下手な人がいた。その国でしか作れない技術というものがあったが、今ではどこで作っても同じものができるのだから、労働力が安い国にその仕事を請け負ってもらう。そして、最も労働力の安い人とは、ロボットである。

世界全体を巻き込んだ「安い人が選ばれる時代」
人間さえも必要としない「ロボットに仕事を奪われる時代」

これが現代。ここからの未来は、不幸なのか絶望なのか。そこで著者は言う。

未来には、ひとつだけいいところがある。
それは、「未来は、つくることができる」という点だ。
誰が未来をつくるのか?
きみたちだ。

という導入部を経て、本書は始まっていく。


ぼくたちは、なぜ学ぶのか。何を学んでいるのか。

みなさんが学んでいるものの正体、それは「魔法」です。

どういうことか。現代は、車が走っているし飛行機は飛んでいる。夜でも明るいしテレビなんてものもある。江戸時代の人から見たら「魔法」ですよね。でもそれはいきなり生み出された魔法ではなく、多くの人が積み重ねてきた「技術」の結果です。

みなさんは、学校という場所で「魔法の基礎」を学んでいる。
学校は、未来と希望の工場である。

上手いこと言うなあ!
そしてここから、20人の「世界を変えた変革者」を紹介していきます。知っている人でも知らないエピソードがあり、知らない人でもそんな重大なことを成し遂げた人だったのか!と驚く内容の数々。


現代は「課題解決」ではなく「課題発見」の時代。だってやるべきことはコンピュータやロボットがやってくれるもの。私たち人間がやるべきことは「何が問題なのか」を発見する力。
世界初の量産型大衆自動車を製造したヘンリー・フォードは「もし人々に何が欲しいか尋ねたなら、彼らは『もっと速い馬が欲しい』と答えていただろう」という言葉を残しています。
馬車の時代、もっと速く遠くまで移動したいと考えたとき、普通の人は「もっと速い馬を」と考えるところ、フォードは全く別の道を探っていました。
そして自動車が生まれるのですが、フォードが偉大なのはその自動車を大量生産するシステムを作ったところにあります。いわゆるベルトコンベア方式です。「急いで作る」「頑張って作る」ではなく、速く大量に作るにはどうしたらよいか。物量や精神論ではなく、仕組みを考え出す。


ナイチンゲールも有名ですね。イメージとしては戦場で活躍した看護師、くらいですよね。では、彼女は実際に何をして歴史に名を残す人物になったのか。
彼女は、戦場で人が亡くなるのは撃たれて死ぬのではなく、劣悪な環境での感染症によって死ぬということに気が付きました。そこで政府に戦地の衛生状態を改善するように訴えるのですが、当時女性の看護師の言うことに耳を貸す政治家はいません。そこで彼女は何をしたか。
数学や統計学を用いて客観的な事実を国に提出し、改善に結び付けました。彼女が歴史に名を残したのは「天使のような笑顔」ではなく、「統計学者としての実力」のためだったのです。


コペルニクスといえば「地動説」を唱えた人です。今では当たり前の「地球は太陽の周りを回っている」というこの事実ですが、私たちも知識として知っているだけで、体感ではそんなことを感じることは全くできません。だって毎日太陽は東から昇り西に沈んでいく。太陽が地球の周りを回っていることは「普通の常識」です。
その思い込みから脱し、事実を観察し、現実を見る。できそうで、なかなかできないことです。
コペルニクスの「天体の回転について」が出版されたのが1543年、ケプラーが地動説を立証したのが1609年(その間66年!)、「それでも地球は回っている」のガリレオ裁判が1633年、アポロ11号の月面着陸は1969年。そして、ローマ教皇庁カトリック教会が正式に地動説を認めたのは1992年です。コペルニクスから何と449年経ってからなのです!
これほどまでに大人の「思い込みを捨てること」「前例から脱却すること」は難しいのです。やはり、未来は若者にしかつくれないのです。


この他にもたくさんの変革者が紹介されていきます。この世界を変えた人たちは、みな「新人」です。これまで誰もやったことがない、それどころか思いつきすらしなかったことを思いつき、実行してきた。「新しい人」だけが世界を変えるのです。
コペルニクスの地動説もニュートン幾何学ダーウィンの進化論も、その主張が世に出てすぐ認められたわけではありません。半世紀以上かかって世の中に認められていきました。
なぜか。前時代の人たちは自分の常識・固定観念を捨てることができないからです。世の中を変えるのは「世代交代」、つまり新しい人が世に出て、ようやく新しい考え方が世の中に受け入れられていくのです。「パラダイム・シフト」です。「ムー」的なオカルトの意味ではなく、新しい人が新しい時代を作っていくのだ、ということです。


ハリーポッターと賢者の石」は、児童書の一般的な分量4万語をはるかに超える9万語以上の大作でした。そんな長編児童書はなかなかないし、売れない。そもそも、児童書自体が売れない。J・K・ローリングは12社に持ち込みましたが、全て断られました。常識的な大人の判断です。
しかし、ブルームズベリー社の社長の娘(8歳)が「パパ、これは他のどんな本よりも面白いよ」と言ってくれたおかげで、この本は世に出ることができ、その結果、シリーズ累計4億5000万部を突破する大ベストセラーになりました。
著者も最初の読者も「新人」だったのです。


本書は、ラストに紹介する変革者として読者である「きみ」を挙げている。そう、未来を変えるのは、未来をつくるのは「きみ」であり「ぼく」なのだ。
私はとうに14歳は超えていますが、伊能忠敬が測量の旅に出たのは50歳を超えてから、緒方貞子が国連の難民高等弁務官になったのは63歳のときです。いつだって始めるのに遅いなんてことはない。だって、これからの人生で今がいちばん若いのだから。
そして、新しい才能は「古い世代が分からないからこそ新しい」のです。だからこそ、新しい才能の出現には理解はできなくても否定はしてはいけない。いつだってミライは新しい。


いやマジで、全世代読むべき本です。14歳はもちろん、老害世代にも読んでもらいたい1冊です。


ミライの授業

ミライの授業

映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』 感想

様式美(しかしタンクトップはなし)


(ネタバレあります)
映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』を見てきました。公式サイト↓
www.jurassicworld.jp
前作の感想はこちら。↓
ese.hatenablog.com
感想は、基本的に同じです。恐竜がガオーと吠えてそれを支えるアクションと映えるルックがあればそれでいいのです。そういう意味では、今回も大満足でした!


「え?何?聞こえない。俺の後ろに?」→振り返る→恐竜出現→うわー!という「志村、後ろ後ろ!」の様式美の世界。今回もオープニングからきっちり見せていただきました。
あと、このシーンの後にあった「危機一髪!→何とか逃れて一安心→と思ったらさらにデカい奴がガブリ!」というのも教科書通り。この手法は前半のクライマックスでも使われていましたね。恐竜が近付いてきて危ない→もっとデカい奴がガブリ!そして咆哮。
この咆哮のシーンも大事。第1作のクライマックスでTレックスが吼えて「ジュラシック・パーク」の垂れ幕が落ちてくるシーンは「これぞ映画!」な名場面でしたが、今作では吼えている恐竜の背後で火山の噴火どかーん!いいぞ!
後半でも月をバックに吼えているシーンがありましたね(雨降っていたはずだが…?)。
そして、悪役はちゃんとラストにひどい目に遭う、水戸黄門的世界観。これでいいのだ。


このように正しい様式美を全うした作品なのに、「アクション・ホラー映画のヒロインはタンクトップになる」の法則が今回は発動していません。なぜだ。ブライス・ダラス・ハワードのおっぱいが破壊力ありすぎるからか?
今回恐竜保護グループで参加していた獣医役の女性と、ITオタクの男性、どちらもとてもよかった!獣医役の女性は目がいい。他の作品でも見たい。ITオタクの男性は、よくあるポジションですが、「ちょうどいい顔」をしていた。


今回のラスボスは遺伝子組み換えで生み出した新種インドラプトル。知能もあって狂暴だそうです。
前作までの敵と違って、そんなに大きくない。これは、今回室内でアクションするシーンが多かったので、それが可能になるように会議で決まったんだろうな。そんな大人の事情を考えてしまいました。
あと、こいつは中途半端に知能があるから、動き方がエイリアンみたいなのです。そこは不満だなー。


素晴らしい映像とアクションが見れたので大満足ですが、脚本としていくつか気になったことを書いておく。
●今回、恐竜を島から連れ出した後のオーウェンとクレアたちの行動原理がよく分かりませんでした。彼らは何をしようとしていたのかしら。
●恐竜の存在が「絶滅かわいそう」なのか「人類の脅威」なのか、立ち位置がよく分からない。これは上記の主人公たちの行動原理の不明さともリンクする。
●クレアは「かわいそうだけどさすがに外に出すのはヤバい」と大人の判断をしましたが、そこまで悩むことか?出せるわけないだろ。
●と思ったらメイシーが出しちゃった。子供のやることだから仕方ない、のか?取り返しつかないことしたんだぞ!
●このメイシーがクローンであることはこの映画の「遺伝子工学の暴走」を象徴するエピソードだから入れてもいいけど、あの場面で言う必要ある?
●クレアは前作であんな大きな被害を出した張本人なのに、まだ「恐竜かわいそう」なんて思ってるの?ヤバい女だ。
●ラストで外に出ちゃった恐竜ですが、ほんの数匹だし、見つけ次第殺されるでしょうから実際は被害なんてほとんど出ないと思いますが、これは次回作への布石だから生き残るんだろうなー。つがいはいないけど繁殖どうするんだろ。もしかして他の動物と交配しちゃったりして?そしたらもう『ジュラシック・ワールド』じゃなくなるからさすがにそこまでしないか。
●前作から思っていましたが、ブルーがいくら賢かったとしても、所詮恐竜ですよ。ワニや鳥と意思の疎通を図るのと同じですよ。数年ぶりに会って覚えてもらえるわけないだろ(さすがにこれは野暮なツッコミだけど)。


とツッコミはいろいろありますが、この作品はその辺の整合性や理屈はあまり重要ではないので、これでいいのだ。素晴らしい映像と素晴らしいアクションを見れたので大満足です。そして続編があればまた見に行きます。


ジュラシック・ワールド インドラプトル FVW27

ジュラシック・ワールド インドラプトル FVW27

映画『ハン・ソロ』 感想

スピンオフとは


スター・ウォーズ』のスピンオフ『ハン・ソロ』を見てきました。
私は『スター・ウォーズ』は一応全部見ていますが、「ファン」と言えるほどの熱量はなく、このスピンオフも「乗りかかった舟だし、義務感で見るか」くらいの熱量で見ました。


面白かったです。でも。


本作は、アメリカではヒットしていないのです。その理由はいろいろ語られていてどれもその通りだなと思うので私から追加することはありません。


普通のSFアクション映画としてはものすごく上出来で面白い作品でした。でも、これは単なるSFアクション映画ではありません。スター・ウォーズのスピンオフなのです。だからこそ潤沢な製作資金があるのだし、贅沢なスタッフが作るのです。
そう思うと、ちょっと物足りない。
でも、私はニワカなのであまり深い言及はできないし、細かいリンクについても気づけなかったことが多いと思うので、正直語る言葉をあまり持ち合わせていません。
なので、このエントリは「この映画見たぞ」という記録としての文章で、映画の評論にはなっていません。


そもそも、「ハン・ソロの若い頃の話知りたい人ゼロ人説」なんですけど、どうですかね。空白はファンが勝手に仮説と妄想で埋めるので「言わずが花」だと思うのですが。
オールデン・エアエンライクハリソン・フォードに全然似てないのは彼のせいではありません。選んだスタッフ側の責任です。彼の演技がどうだったのか私には分かりません。彼がハン・ソロでないと批判する人は、彼の演技だけでなく脚本や演出も含めて批判しているのでしょうから、彼だけを槍玉にあげるわけにはいきません。
銃を構えるあのポーズは良かったよね!


私がこの作品にいまいち乗り切れないのは、「これ、『スター・ウォーズ』じゃないじゃん」「これ、『スター・ウォーズ』関係ないじゃん」と思ったからです。
『ローグ・ワン』はエピソード4に直結するストーリーだったので盛りあがりましたが(そして主要キャラが全員死ぬなんてスピンオフでないとありえない!)、今回はその辺がないので、「はあ、そうですか」くらいの感じなのです。
それでも十分面白かったのですが、これ、『スター・ウォーズ』なのかと。
フォースもジェダイライトセーバーもない。そりゃそうですが、でもこれらのない映画で『スター・ウォーズ』と言われても「それはアリなのか?」と思ってしまいます。流川だけで『スラムダンク』にならないでしょう、夜神月の中学生時代を描いても『デスノート』にはならないでしょう。いくらスピンオフとはいえ、本編と直接のリンクがない話はコミケ二次創作みたいなもんです。


もちろんファンにはうれしい目くばせはあります。ランドとの出会いとかケッセル・ランを12パーセクで突破したとか。でも、やはり本作の目玉は「チューバッカとの出会い」「ミレニアム・ファルコンとの出会い」だと思うのです。そこが、弱い。
これはあくまで私の個人的な意見ですが、チューバッカが最初に登場した場面、盛り上がりましたか?カメラなのかカットなのか音楽なのか間なのか、もっと上手く「出たー!」を見せられなかったのかしら。「獣のエサ」という時点で見ている私たちはもう分かっちゃっているから仕方ないのかな。
同じく、ミレニアム・ファルコン号を最初に映したショットはよかったのですが、最初に飛び立つ場面では引きのショットであっさり飛び立ってしまったのでちょっともったいない感じがしました。あそこはハン・ソロが飛び立つ瞬間をワクワクしながら見ていてもらいたかったです。「この宇宙船は別格だ!」と思うような、この号に惚れこむショットがほしかったなー。


列車強盗のエピソードはとても面白かったのですが、しばらくは彼らが何をしたいのか分かりませんでした。ハン・ソロは見ている私たちと同じ新参者なので、彼に説明する体(てい)で私たちにコアクシアム強奪作戦を語ってくれたら、今彼らが何をしようとしているのか分かったのに。


ラストでダース・モールが出てきますが、あれ、どういうこと?あいつ死んでないの?あんなビッグネームを登場させるくらいだからちゃんと整合性のある理屈があるのでしょうが、どういうことなのかな。本作では何も説明ないけど。もしこの作品がヒットしたら『ハン・ソロ』の続編作ってそこでダース・モールをちゃんと殺すつもりだったのかな?


というわけで、面白かったけど『スター・ウォーズ』としてはどうかな、というのが本作の感想です。あとは「腹ペコの方がご飯は美味しい」わけで、やはり連続公開による食傷気味は否めないところ。本編は5年に1本でいいし、スピンオフはその合間の2年おきでいい。飽きるまで語って、飢餓感を覚えた頃に新作投下の方が長い目で見たらシリーズ全体としてはプラスなのでは?監督交代のゴタゴタも避けられそうなのに。


ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー オフィシャルガイド

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー オフィシャルガイド

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー オリジナル・サウンドトラック

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー オリジナル・サウンドトラック

アート・オブ・ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー

アート・オブ・ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー

映画『あゝ荒野』 感想

絞ろう


映画『あゝ荒野』を見ました。前後編合わせて5時間!さすがに長いよ!
この作品は寺山修司の同名小説が原作ですが、読んでいません。だいぶ改変があるようですが、どこが違っているのかは分かりません。


ものすごいパワーのある映画でした。園子温の『愛のむきだし』の感じ。監督と演者の圧倒的なパワーでひたすら見ていられる。
でも、やはり5時間は長い。編集でもっと短くできるはず。
つーか、そもそも自殺抑止研究会と経済的徴兵制度のエピソードいる?最低な環境でも生きている劇中の登場人物との対比なの?見ている最中はこの二つの話がどう絡んでくるんだろうと思っていましたが、結果何もない。健二の父親がその接点になっていましたが、そんなのこのエピソードと絡める必要ないし。


これだけ多くの人が出てくるのに、みんな関係がありすぎ。
新次が偶然出会った覗きのおっさんは新次のボクシングジムのオーナーだし、その妻(内縁かも)は新次を捨てた母親だし、新次の父親を自殺に追い込んだ相手は健二の父親だし、新次の彼女の母親は堀口の行きつけの飲み屋で働いているし、新次と健二と裕二は全員同じ階級だし。
さすがに世界と世間、狭すぎないですか?演劇出身の寺山修司だからなの?原作でもこう?新次と宮木(ジムオーナー)は偶然出会わなくていいし、新次の父親と健二の父親を関係づけなくていいし、芳子(新次の彼女)の母親は登場しなくてもいい。


あと、ラストのボクシングがもうボクシングじゃない。いくら何でもあんなにぶん回して殴り合ったりしないしあんなに一方的に殴られてレフェリーが止めないわけない。もちろんあの場面は健二の妄想モノローグ込みのシーンなので現実そのものではないとはいえ、ちょっと興ざめしちゃった。リアリティラインを逸脱している。
ついでに、新次と健二が同じ階級というのも、そうは見えない。しかも劇中新次は減量に苦労していたけど、健二はその描写一切なし。いや、どう見てもお前の方が重いだろ!この辺、どうにかならなかったのかしら。


役者は、皆さん素晴らしい。その中でもやはり菅田将暉が頭二つ抜きんでている。これだけ主演作が立て続けにあるのに、毎回全然違う顔を見せてくれる彼は本当に素晴らしい俳優だ。そんなに数見てないけど、どれも素晴らしい。


あしたのジョー』を例に出すまでもなく、不良(世間に馴染めない者たち)がボクシングと出会って成長していくという物語は、面白い。ベタであっても、このフォーマットは外さない。
今作は菅田将暉とヤン・イクチュンがこの役です。父親が自殺し母親には見捨てられてオレオレ詐欺をやっていた新次(菅田将暉)と、母親が亡くなって父親に無理やり日本に連れてこられその父親はアル中で暴力を振るわれる環境で育った吃音の健二(ヤン・イクチュン)。
どちらも底辺以下からのスタート。
そこに救いの手を差し伸べるのが堀口(ユースケ・サンタマリア)。ユースケらしい軽さと片目の元ボクサーというシリアスさが上手く融合して、とてもいい演技でした。


健二はゲイなのでしょうか?恵子(今野杏南)とのセックス直前で「あなたとはつながれない」と性交を拒否し(女性にものすごく失礼だ!)、新次と闘う(=つながる)ことを切望し、新次に殴られながらエクスタシーを感じているようにも見えました。
物語と関係ないけど、トップグラドルだった今野杏南はこの映画でヌードになったわけですが、脱ぎ損じゃない?これだったらセックス前のキスの時点で拒否できたわけで、脱がせる必然がない。しかし!ものすごくいいおっぱいだったから見れてよかった。でも、映画としては不要だった。同様に芳子の母親役を演じた河合青葉さんも脱がなくていいシーンでした。監督、こんなところまで園子温のマネをしなくていいんですよ。


もうひとり、芳子役の木下あかりさんも脱ぎまくっているのですが、これは必然がある。それも、「濡れ場」以上の脱ぎっぷり。カメラワークの工夫など関係ないおっぱい出しまくり。逆に股間が映らないような工夫が必要だったくらい。
セックスはつながり(人と、世間と)であり商売でありそして楽しいという、悲壮感も罪悪感も感じさせない軽やかな演技がいい。軽いというのは軽薄ではなく、そんな大ごと・大げさに考えていない感じ。しかし彼女は東日本大震災の被災者で母親を捨ててきたう過去も持っている。こちらは重い過去ですが、人間は多面的な生きものなので、もちろんこれは両立します。それを上手く演じていました。


気になる点はいくつもありますが、それでもトータルではめちゃめちゃ面白かったです。やはり作品に必要なのは技術よりも熱だ。そしてもちろん技術があればその熱はもっと広く伝わる。だからこそ余分なエピソードや余剰なシーンはカットするべき。適切な編集は熱を千切るのではなく熱を集約させるのだ。
「余剰なシーン」と感じたのは、台本で書かれている場面が終わってもカメラは回っていて、役者はその先をアドリブで演じているように思える場面がいくつもあったからです。実際のところは知らないけど。このせいでテンポや熱が薄まる。


ものすごく面白かったのに、だからこそいろいろ惜しいところが気になってそればかり書いちゃう。あゝ、自分。


あゝ、荒野 (角川文庫)

あゝ、荒野 (角川文庫)

2018年6月ツイートまとめ(その2)