やりやすいことから少しずつ

好きだと言えないくせして子供みたいに死ぬほど言ってもらいたがってる

映画『MOTHER マザー』 感想

その手は誰のため


映画『MOTHER マザー』を見てきました。同名作品はいくつもありますが、長澤まさみ主演のやつ。
mother2020.jp
原作は未読。実際にあった事件のことも知りません。
胸くそ悪くなる作品だと思って見たけど、やっぱり胸くそ悪くなる作品でした。それは面白くないということではない(面白いということでもない)。


教育や躾は呪縛や足枷にもなる。母親しか知らない息子にとっては、世界=母親。どんなにひどい母親であっても、「自分にとってはお母さんしかいない」「自分がいないとお母さんが困る」としか思えない。
母親も、それを分かっていて離さない。普段は息子をパシリに使うのに、息子が離れそうになると「学校なんて行かなくていい」「お前は嫌われている」「臭い」とウソをついて未来への芽を摘む。他者が間を取り持とうとしても「自分の息子なんだからどう育てようと勝手だろ」と介在を拒否する。
そのくせ、男がいなくなり独りぼっちになると「私にはお前しかいないんだよ」と甘えてすがる。都合良すぎ。
息子も、妹ができてからは責任感が芽生えちゃって余計離れられない。共依存の関係性です。


そしてついに、凶行に走る。お金が欲しいわけでも祖父母が憎いわけでもない。母親に言われたから実行する。そこに息子本人の意思はない。


逮捕され、ようやく母から解放されてもまだ「母さんが」と言う息子。それでも、こうしないと離れられないということも分かっている息子。ようやく、洗脳から解ける第一歩にたどり着きました。
そして母。ついに独りぼっちになり抜け殻状態の母の手を取るソーシャルワーカー。あなたの手を握るのは、息子だけではないんですよ、という意味だと受け止めました。


ひたすらずっと辛い。何度もやり直すチャンスはあったのに、ことごとく母親の自堕落とルーズさで無駄にしていく。女性なんだからキャバクラや風俗で働くという手もあったのに、しない。とにかく働くのが嫌なんだろうな。それだったらホームレスの方がまだまし。思考停止。とにかく面倒くさい。


映画として面白かったのか、よく分からない。長回しで緊迫感や臨場感を生む手法も、多用しすぎで効果が薄れる。何事もメリハリが大事。
ひどい母親を演じた長澤まさみの演技が素晴らしかったのか、よく分からない。根っからのダメ人間には見えなかったんだよなー。脚本通りのセリフを言っていても、ダメ人間の言い方になっていなかった気がする。言い方や立ち振る舞いも、もっとダメ人間な感じは出せたはず。見た目ももっとひどい感じになった方が時間経過も分かるしリアリティも出ると思うんだけどな。
その他の役者さんは皆よかったです。阿部サダヲはやっぱり上手いし、妹役の土村芳(ちゃんとしている人)、ラブホ店員の仲野太賀(情にほだされる善人)、息子を働かせてくれた社長役の荒巻全紀(きちんとしているが情があるからつけ込まれる)、皆さんよかったです。そう思うと、やはり長澤まさみがもう一つだったかなー、とより思ってしまいます。


息子による祖父母殺害事件はラスト寸前なので、あらすじに入れない方がいいと思うのですが、実在の事件を元にしているので、隠す意味ないか。


うむむ、こうやって書き出してみると批判ばかりだな。つまらない!と思ったわけではないけどな。

マザー! (字幕版)

マザー! (字幕版)

  • 発売日: 2018/03/02
  • メディア: Prime Video
Mother [DVD]

Mother [DVD]

  • 発売日: 2010/09/22
  • メディア: DVD
MOTHER 1+2

MOTHER 1+2

  • 発売日: 2003/06/20
  • メディア: Video Game

映画『はちどり』 感想

説明せずとも描いてあれば分かるのだ


映画『はちどり』を見てきました。公式サイト↓
animoproduce.co.jp
私が見たのは渋谷ユーロスペース(のユーロライブ)。
f:id:ese19731107:20200629130305j:plain
急に時間が空いたので予約もなしに行ったらなんと満席。新型コロナで客席半分しか入れられないとはいえ、この規模の作品で満席とはすごい。で、翌日にきちんと予約をして鑑賞してきました。


評判に違わぬ名作でした。


とはいえ、簡単に言葉にできる分かりやすい作品ではありません。見終わって、いろいろ反芻してようやく心の中に落ちていく感じ。「感情が腑に落ちる」というか。
※これは私の理解力が足りないためで、そうでない人は見ている最中からとても感動したと思います。


物語は、特に大きな推進力を感じることなく進んでいきます。主人公ウニの何てことない日常。しかし、徐々に私たちは気付いていきます。この子は、家庭で大事に扱われていないということを。
ネグレクトではありません。期待されている長男、遊ぶから注意されやすい長女、優先順位はその次。まだまだ子供だから一人前に扱われていないだけ。
思春期の入り口に立つウニとしては「自分ってなんだろ」と自分の存在意義に不安を覚えるのです。自分にとって大事なことなのに、大人は軽くいなすだけ。誰も真剣に取り合ってくれない。
オープニングの「家のチャイムを押しても家族が開けてくれない」は、私もすごく分かる。不安になるよねー。自分の居場所がなくなった!自分の居場所を否定された!という感覚。映画の中では「階を間違えた」というおっちょこちょいなオチでしたが。
また、街中で母親を見つけて声を掛けたのに無視される場面。これも自分の存在を無視される感覚があるよねー。ここは、母親が「母親」という役割から解放されているため子供の声が耳に入らなかったということらしいです。うむむ、それは読み取れなかった…。
note.com
(↑参考記事)
万引きで捕まり、店主が家に電話をして親に迎えに来いと言っても「警察に突き出せばいい」という父親。これは完全に自分の拒否だもんなー。さすがにひどいなと思いますが、当時の韓国としてはそんなにひどくないの?国と時代と文化が違うので特異性のレベルが分からない。


学校で教師は「タバコを吸う奴は不良だ」「勉強していい大学に行くぞ」という価値観を押しつけてきますが、それに乗れないウニ。
世界は、自分を必要としていない。


そんなとき、漢文の塾でヨンジ先生に出会います。初めて自分と会話をしてくれる人。自分の言葉にきちんと返答してくれる人。
世界は、意味があるのかもしれない。


その後も小さな出来事は起きます。自分に心を寄せていた下級生は新学期になればもう心変わりをしているし、親友とは仲違いと仲直り、彼氏とはくっついたり離れたり。
自分も、周りも変わっていく。


しかし、ヨンジ先生は突然塾を辞め、きちんとお別れも伝えることができません。そこで手土産を持ってヨンジ先生の家に訪ねていくと、聖水(ソンス)大橋の崩壊により、先生は亡くなっていました。
悲しみと喪失感に覆われるウニですが、ラストは事故現場を遠くから見てヨンジ先生を悼む場面でエンド。
こういう作品は終わりどころが難しい。「それでも前を向いて生きていく」とすれば分かりやすいですが、この作品にはそぐわない。ウニが「他者について考える」という成長を描いたところで終わったのは、分かりやすいカタルシスはありませんが、この作品として相応しい着地だったと思います。


物語として分かりやすいクライマックスやオチはありませんが、映画というのはそれだけで語るものではありません。
構図、照明、衣装、小道具、美術、カット割りなど、総合的な技術の塊が映画なのです。
そういう意味で、この作品は素晴らしい。
チャイムを押しても応答のない我が家。このときのウニは表情を映しません。呼びかけても答えてくれない母親も、斜め後ろからのカットで表情は見せません。塾の校長に抗議をしに行ったウニは後ろ姿で表情は分かりません。その向こうにいる校長はわざとピントを甘くしてぼんやりと映します。これは、子供に対してテキトーな対応をする大人の総体として、わざとピンボケにしているのかな?


他の人の感想にもあるように、1994年という舞台設定も絶妙なのでしょう。その年に起こった金日成の死去や聖水(ソンス)大橋の崩壊といった実際の大事件と、韓国がようやく先進国の仲間入りを目指す高度経済成長に向かっている時代、そして数年後経済危機が起きるという未来。
韓国の人や同年代の人はよりリアリティや共感性をもって見ることができたと思います。
家父長制に基づいた家族のあり方や男尊女卑という社会も、今だから違う視点・違う価値観で見ることができます。


こういう「子供が成長する物語(ジュブナイルもの)」って、ピュアな子供、もしくはイケてない子供が主役の場合が多いですが、この作品の主人公は違います。
中学生なのに彼氏はいるしクラブに行くしタバコは吸うし万引きもする。結構大人じゃん、ワルじゃん、ギャルじゃん。ここが新しいと思いました。これは多分、監督が若い女性だから。男性監督なら、自分の中学生時代を思い出しても何も考えていなかったから、それをピュアと見なして無垢な主人公像をつくるのでしょうが、女子は違う。女子は子供の頃から女性ですから。その差なのかなー。


あー、上手く言葉で表現することができない。この作品をきちんとつかみ取れていない。
シネコンで大ヒットする作品ではないし、誰もが「面白い」と分かりやすく思ってもらえる作品でもない。しかし、自ら理解しようと作品に敬意と信頼を寄せれば、幾重にも素晴らしさは伝わり、理解してもらえる作品だと思います。私はまだタマネギ一皮むいただけ。


2020年6月ツイートまとめ

この世から「強制」がなくなる日

おっさんなので言葉遣いが気になるお年頃なのです


先日、健康診断に行ったときに感じたこと。
「ご案内させていただきます」
「こちらの機械に乗っていただけますか」
「はい、下りていただいて大丈夫です」
「こちらでお待ちいただけますか」
「測らせていただきます」
過剰!過剰!!
「ご案内いたします」
「こちらの機械に乗ってください」
「はい、下りてください」
「こちらでお待ちください」
「測りますね」
でいいじゃない。


以前から「させていただきます」の過剰使用は気になっていました。
「させていただきます」って、丁寧の上に「許可をもらって行う」というニュアンスも乗っかります。あなたが勝手にやっているのにこちらの許可を求めるな。
「ドラマに出演させていただいて」「新曲をリリースさせていただいて」って、誰に向かって言ってるの?それはプロデューサーに向かって言ってください。ファンへは「出演しました」「リリースしました」でいいでしょ。
芸能人が誰かのライブを「見させていただきました」なんて言いうと「関係者席で見たのかな」と勘ぐってしまいます。自腹でチケット買っていたら「見させて」なんて言わないでしょ。
日本語も敬語も分かっていないので「させていただきます」と言っておけばより丁寧な言葉を使っている気になっているのでしょうが、誰か教えてあげて。その日本語、美しくないですよ。
※私はこの「させていただきます」の過剰使用はEXILE一族に多いので、「EXILE敬語」と呼ぶこともあります。


そしてまた、最近気になっている言葉遣いがあります。
~していただけますか」という言い方。
マナー講師はこういう言葉遣いをしろと言いますが、私は反対です。だって、これって相手に了承を求めている言葉ですよね。相手が嫌と言ったらどうするの?YESもNOもない場面で相手に了承を求める必要ありますか?
さらにこの言葉が卑怯なのは、相手に了承を求めて相手が了承したら、その選択・行動の責任は相手にあるのです。「~していただけますか」→「はい」→この選択をしたのは相手であり、自分には責任がない。無理やりやらせたわけではない。何かあってもそれは相手の責任。姑息!
健康診断でいえば「Aの検査の次はBの検査」と決まっているわけで、そこに相手の選択や許可は必要ないはず。Aが終わったら「次はBです」「Bへ行ってください」でいいのに。


少しでも指示・強制のニュアンスを消したいのでしょうが、日本語としておかしいから違和感を感じるのです。


続いて、「大丈夫」という言い方。
「下りていただいて大丈夫です」って、どういう意味?下りてもいいよ、という意味?では、下りなくてもいいの?下りてほしいんでしょ?じゃあ「下りてください」でいいじゃない。
そこまで強制のニュアンス消す必要ある??


もうひとつ。「~していただければと思います」。
気持ち悪い!「~してください」から指示・強制のニュアンスを消すためにこういう言い方になるのでしょうが、気持ち悪い。
「~していただければと思います」って、主体は言っている人の気持ちじゃないか!お前の希望は知らねーよ。「~してもらえたらうれしいなあ」ってこと?気持ち悪い!


なぜそんなに指示・強制のニュアンスを消したがるんだろ。


健康診断のようなルーティンの動き方がある場所では、皆そのやり方に従います。そこで「~してください」と言われて怒る人なんていないでしょ。しかも、「ニュアンス」というのは単語そのもの・敬語それ自体ではなく、「言い方」による部分が大きいです。「~してください」と言っても普通に柔らかく言えば強制のニュアンスなんて出ません。
※「メラビアンの法則」によると、言われた人の受ける影響は、言葉が7%、聴覚情報が38%、視覚情報が55%となっています。言葉より言い方(表情・口調)の方が大事なのです。


もちろん相手が嫌がる行動をお願いしなければならない場面ではこういう言葉遣いも必要でしょう。それがTPOをわきまえた言葉遣いであり、適切に意味と効果を発揮する場面です。
とにかく丁寧でなければ、へりくだらなければ、という流れはやめましょう。適切で適当な言葉を遣いましょう。


使える!伝わる!敬語と言葉づかい マナーの便利帖

使える!伝わる!敬語と言葉づかい マナーの便利帖

  • 発売日: 2014/03/04
  • メディア: 単行本
正しい敬語

正しい敬語

  • 作者:末岡 実
  • 発売日: 2017/02/28
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

2020年5月ツイートまとめ(その2)