やりやすいことから少しずつ

好きだと言えないくせして子供みたいに死ぬほど言ってもらいたがってる

降谷建志ツアー『THE PENDULUM』 at 渋谷クワトロ に行ってきました! 感想

信頼感と敷居の高さと


Dragon Ashのフロントマン降谷建志のソロツアーに行ってきました。会場は渋谷クワトロ。
f:id:ese19731107:20181112180943j:plain
ここのブックオフ、閉店しちゃったのね。時代は動く。
f:id:ese19731107:20181112184347j:plain
PESからお花が届いていました!リップ止まったからまたPESソロやってくれー。


お客さんはこのソロツアーのTシャツやこのアルバムの限定盤についてきたTシャツを着ている人が多い。さすがソロツアーにまで来るお客さんたち、貢献度がすごい。
あと、Kjと同じ髪型にしている人も何人もいました。そうかー。長渕剛とか永ちゃんと同じ殉教ファンも結構いるのね。


私はモッシュやダイブが大嫌いなのでいちばん後ろで見ることに。しかし目の前のは男性が。左に顔を動かしても男性が。右にも男性が。終わった。Kjの顔をちょっと見るくらいしかできない。
セトリはこちら。
www.livefans.jp
Dragon AshもKjのソロも、皆さん演奏上手いなあ。同期使っているのにエモい演奏、熱狂の中にありつつ音源通りの演奏。上手いなあ。
しかし、見えない。Kjはギターを弾きながら歌うので、動かない。MCもなくひたすら演奏が続く。見えない。少しは動いてくれよー。見えない。
でも、Kjの笑顔は見えます。ライブ中、ずーっと笑顔で歌ってくれていました。いい。笑顔はいいぞ。


KjソロはDragon Ashに比べて激しい曲は少ないのでモッシュやダイブはないのかなーと思っていたのですが、『Swallow Dive』でダイブ発動!そうかー、やっぱりやるのかー。前行かなくてよかったー。


それでもやっぱりエモい曲が多いので、Dragon Ashとは違いますね。特に今回のアルバムは日本語詞が多いのでよりエモさが増している。いいぞ。
Kj、もっと日本語詞増やしてよ。ソロではどんどんエモくなろうぜ。Dragon Ashでも英語混じりではない日本語曲増やしてよ。もっとラップしてよ。


ほぼMCなく、たまに歌詞を変えて(しかし覚えてない!)歌ったりするだけで、あとはひたすら演奏し、歌う。しかし見えない。いつギター替えたのか、どんなギターを使っているのか、全然見えない。だから記憶もない。


アンコールで「超カッコいいでしょ、このバンド。このサイズ感から出る気ないから、見たかったら狭いかもしれないけどまた来てくれ」と言い、ラスト2曲。セトリを見ると20曲もやってくれたのですが、1時間半ちょいくらいでした。レキシなんて15曲で3時間なのに。
20曲もやるということは2枚のアルバムの曲ほとんど全部歌ってくれたのに、私の好きな『Dances With Wolves』やってくれなかったー。なんでだー。


MCもなく黙々と演奏 するというのは歌や演奏に自信がないとできないし、それを許容してくれるファンがいないとできないことです。それはとても素晴らしいことですが、新規さんにはちょっと敷居が高いのではないか、とも思うのです。それでも十分コミュニケーションできているから問題ないんだけどさ。
でもやっぱり、エンタメとしてのサービス精神が足りないし、何といっても「動かないと、見えない!」のです。何とかならんかのー。
あと、上にも書きましたがやはり日本語詞はいい。Kjは自分の書くメロディには日本語が乗りにくいと言っていましたが、それでも日本語で歌詞を書いてほしいです。日本語のべったりのっぺりした音感が、エモさを生むのです。


THE PENDULUM

THE PENDULUM

映画『バッド・ジーニアス 危険な天才たち』 感想

倫理観が邪魔をする


映画『バッド・ジーニアス 危険な天才たち』を見てきました。公式サイト↓
maxam.jp
Twitterで評判だったので見に行ったのですが、私はあまりはまりませんでした。


(以下、ネタバレ含みます)




カンニングって、悪いことじゃないですか。なので、映画内でそれを肯定的に描くには相当の動機や理論武装が必要ですが、私の倫理観を「よし、カンニング頑張れ!」と思わせるまでには至りませんでした。
この最も大事な部分がクリアにならなかったので物語に乗り切れず、堪能できませんでした。


現状を憎むほどに思っているのか、どうしてもお金が必要なほど切迫しているのか、見返したい人がいるのか、カンニングに手を染めないとたどり着けない場所に行きたいのか、どれなんだ、どうなんだ。
主人公が善人のまま明確な動機があっての行動なのか、悪に転向しての確信犯なのか。物語上では「お父さんに楽をさせてあげたい」「裕福な家庭は学校に賄賂を払っている」「自分のような恵まれていない貧困層は騙す側に立たないと搾取される」という大義名分がありましたが、それでも弱いなー。
そもそもリンは頭がよくて特別奨学生なんだからお金の面は心配しなくていいし、成績が良ければその後の進学・就職も有利なんだから、こんなリスキーなことしなくていいのになー。親父が多額の借金しているとか学校の悪い面を見て幻滅したとか、それくらいの動機がないとなー。


と、ここまで動機面の文句を書き終わったので、あとは褒めです。
題材はカンニングですが、映画としては『オーシャンズ11』とか『スティング』のようなチーム犯罪もの。なので、動機面さえ引っ掛かりがなければ、あとは「どうやってこのミッションを遂行するのか」と「途中訪れるアクシデントをどうやって乗り切るのか」というのが映画の醍醐味になります。
そういう部分は、面白かった!


最初は友達を助けるため。それがビジネスになり、規模が大きくなり、方法も巧妙になる。ピアノレッスン方式のカンニング方法はラストの試験では自分の回答を覚える方法になっていて、この応用は上手いですな。


でも、どうしても「単なるビジネス」であり、親友としてのつながりを感じられなかったんですよねー。金でつながっている関係に見えた。


リンと同じく特別奨学生のバンクは留学試験の前日に暴行されて試験受けられず、STICの試験ではカンニングがバレ、ついには暗黒面に堕ちます。可哀想すぎるだろ!それに比べてリンは賢く逃げ切るんだもんなー。ラストの取り調べはどういうことだったのかな?
ここです。首謀者であるリンと犯罪に誘われたバンクの差が大きすぎて、リンに肩入れできないしバンクを贔屓しちゃうよ。そりゃ暗黒面に堕ちるよねー。


後半の試験会場からの逃避シーンですが、あの怖い白人試験官は何のためにあんなに執拗に追ってきたの?ゲロ吐いているリンを捕まえて「そんなこといいから試験会場へ戻るぞ」だって。人の心ないんか。
そして、戻っても特にお咎めなしだし。何なんだよ、お前。そして、どういう目測でリンを追ってきたのだ。GPSでも仕込んであるのか?


キャストの皆さんはよかったです!
●リン
地味で頭よさそうな顔が「ちょうどいい」。最初の地味でおぼこい感じが徐々に垢抜けていき、したたかな感じになるのもいい。スタイルいいなーと思っていたら、モデルさんなのね。
●バンク
生真面目な男の子。「お母さんが望むいい息子」って感じのいい顔。リンの悪の誘いがなければねー。
バンクは母子家庭でお母さんはクリーニング店を営んでいます。先日のタモリ俱楽部のクリーニング店特集でお店の人が「映画やドラマだとクリーニング店で働いているのは貧しい家庭のイメージなのが嫌だ」と言っていて、確かに『万引き家族』の安藤サクラもクリーニング店勤務でしたな。そのイメージは万国共通なのかしら。
●パット
金持ちボンボン役。でも嫌な感じはしない。いい意味で軽い(チャラいではなく)しノー天気。
●グレース
誰かが「タイの長澤まさみ」と評していましたが、その通りだな!とにかく輝いていて、彼女に「お願い~」と言われたらどんな無茶なお願いもきいちゃう。


うーむ。面白かったんだけど、なあ…。乗り切れずすまん。


『西日本豪雨復興支援チャリティコンサート~空に星が綺麗プロジェクト~』に行ってきました! 感想(その2)

大人になろうぜ


前回のお話↓
ese.hatenablog.com


お次はCHARA
CHARA「本番らしい格好にしてきたよ。この髪型、何の動物か分かる?」
斉藤「分かんない。ネズミ?」
CHARA「キリンだよ!」
分からんよ!CHARAだなあ!私、CHARAのこと何も知りませんけど。
歌う曲はせっちゃんドラム、CHARAキーボード弾き語りで『Swallowtail Butterfly〜あいのうた〜』。これ、ドラムとキーボードだけなのに、音源と変わらない感じでしたよ!CHARAキーボード上手い!!
いや、マジで、キーボードだけなのに何でこんなに広がりがあるの?冒頭のキーボードだけの部分と、サビの全楽器入り混じる部分、本当にキーボードだけ?すごいもん見た。


曲終わりでドラムからアコギにせっちゃんが移動し、二人でどんなコラボするのかなーと思っていたら、
CHARA「せっかくなんで、呼んじゃいますか。や・す・ゆ・き」
ここでか!岡村ちゃん登場!ここでか!
ここまでみなさん「トーク→演奏」だったので、岡村ちゃんはせっちゃんとどんなトークするのかなーと思っていたのですが、こういうトークの回避法があったか!マネーロンダリングケイマン諸島
さらっと登場し、しれっとアコギ席に座る岡村ちゃん。俺、トークはしないんで。
CHARA「私たち、ライブ初?」
岡村「はい」(マイクには入らない声で)
という流れで『レモンキャンディ』!!!
www.youtube.com
岡村ちゃんはアコギとコーラス担当。いつもの「コーラスのくせにメインを食っちゃうあいつ」ではなく、おとなしめのコーラスでした。まあ、コーラスってそういうもんですが。
ここ、岡村ちゃんは自分の譜面台ではなくCHARAの譜面台を凝視していたのですが、どうしたのかな。自分の譜面台は次にやる自分の曲が出てたのかな。


曲終わりでCHARAとせっちゃん退場。
さあ、岡村ちゃんの時間です。何をやってくれるのかなー。
リズムトラックが流れる中、岡村ちゃんがギターをカッティングし始めます。今日のギターはオベーションではなく普通のアコギ。確かに弾き語りのときはオベーションでないときもあるな。
歌い出したのは『19』!1コーラス歌った後、そのままのリズムトラックの中、「たぶん23歳~」!『家庭教師』です!
さらにそのまま『愛はおしゃれじゃない』を1フレーズ歌って『住所』!!贅沢!1曲丸々でないとはいえ、4曲も披露!ワシントンゴーゴー(もしくはゴーゴーファンク)じゃないか!
(※同じリズムビートで何曲もメドレーする演奏のこと)
まだ終わらない。「チャリティーベイベ!チャリティーベイベ!」というコール&レスポンス!初めて聞いたよ「チャリティーベイベ」という単語。


曲終わりでせっちゃん登場。
斉藤「いやー、すごい。チャリティーにベイベをつけるとは。さすがです」
斉藤「今日はありがとうございます」
岡村「とんでもないです」
岡村ちゃんがしゃべったぞ!これだけで事件。
斉藤「最近よく飲みに行くんです。そこでギターがあるとインチキブルースをよくやるんですけど、今日、それをやるんですか?」
岡村「はい」岡村ちゃんがしゃべったぞ!


というわけで即興ブルースセッションスタート。ブルースは12小節1ループでコード進行も決まっているのセッションしやすい音楽ジャンルですが、それでも相手は岡村ちゃんです。何をしでかすか分からない。
「君は人を愛したことがあるかい。深く深くせつなく。人を好きになると我を失って自分らしくないことを言っちゃったり泣いたり。でもでもやっぱり生きててよかったって思う時がある。人を愛すると苦しくて切なくて汗をかいて下着を買いに行って勉強して塾に行って。それはつまり人生を生きているってことさ」
ギターソロをせっちゃんに弾かせて、せっちゃんは「終わりだよ」と目線を送っても岡村ちゃんは「ワンモアタイム、ワンモワタイム」と返すドSっぷり。なのでもう1ループソロを弾き倒すせっちゃんでした。
せっちゃんの素晴らしいソロプレイに「さすが」と発する岡村ちゃん岡村ちゃんがしゃべったぞ!
曲はまだ続いています。「さすがのベイベ~。俺もさすがと言われたいぜ、ベッドの中で。キスしてるときも『さすが』って言われたいぜ。君もそうだろ?」
キスしているときも??
(弾き語りの内容は自分の記憶と皆さんのツイートの寄せ集めなので言葉は前後しているかもしれません)


曲が終わり、二人がっしりハグ。そしてそそくさと帰る岡村ちゃん
斉藤「何を歌っているんでしょうか、あの人は」その通りです、斉藤さん。


アンコールでカーリングシトーンズの面々を呼び込み、何をするのかなーと思っていたら、もう一人飛び入りゲスト、荻野目洋子さん!
せっちゃんがライブで『ダンシングヒーロー』を歌っているということを聞きつけ、このチャリティーイベントがあるのでぜひ一緒にやりたいという流れだそうです。
斉藤「最近岡村ちゃんと仲いいのもあって、踊れたら人生楽しいだろうなって思って」
というわけで、カーリングシトーンズがダンサーとなってダンシングヒーロー!何だこのシュールな画は!ちなみに民生は思った以上に踊れて、YO-KINGは思った通り踊れてなかったです。
客席の皆さんも、結構踊れていた。客席の年齢層が想像できますね。


この、変なカオスなシュールな時間を終え、いよいよラストへ。CHARA藤原さくらを呼び込み、岡村ちゃんを除く全員で『歩いて帰ろう』岡村ちゃん、何で出ないの!!いつまで自分を守っているんだ。
この件について「これこそが岡村ちゃん」「岡村ちゃんだからこれでいい」という意見も見ましたが、私は反対です。この期に及んで、何をカッコつけているの?『ダンシングヒーロー』を踊れとは言わないけど、ラストの全員集合くらい出てよ。ギター弾くでもデンスするでもいいけど、出てよ。シトーンズの皆さんの頑張りを見なよ。そのカッコつけ、ダセーよ。


曲終わりで出演者全員手をつないでのカーテンコール。岡村ちゃんはー?
そして全員が退場した後、せっちゃんひとりで『空に星が綺麗』。そう、このイベントはこの曲がなきゃね。
www.youtube.com
終わりました。18:30ちょうどに始まって終演21:25。ほぼ3時間。みんな2曲程度でもこれだけの出演者がいたらこれくらいの時間になるよねー。


せっちゃん、お疲れさまでした。このイベントを開催するまでにいろいろ準備も大変だったでしょうが、この本番での司会進行・ホストとしての振る舞いも素晴らしかったです。ゆるいながらもきちんと皆さんを紹介・進行していました。
こういう主催者がはっきりしているイベントは、イベント自体が主催者のカラーになりますね。この日は「チャリティー」というお題目はありつつイベントの最中はそういう堅苦しい空気は一切なく、ゆるく楽しい空気に終始していました。
重ね重ね、せっちゃんお疲れさまでした。そしてありがとうございました。そして、岡村めー!


空に星が綺麗?悲しい吉祥寺?

空に星が綺麗?悲しい吉祥寺?

『西日本豪雨復興支援チャリティコンサート~空に星が綺麗プロジェクト~』に行ってきました! 感想(その1)

これがプロ


西日本豪雨復興支援チャリティコンサート~空に星が綺麗プロジェクト~ 斉藤和義 with Friends』に行ってきました。会場はZepp DiverCity
f:id:ese19731107:20181108145828j:plain
f:id:ese19731107:20181108155426j:plain
私は普段グッズはあまり買わないのですが、今回はチャリティーなので、もちろん買う。
f:id:ese19731107:20181108161423j:plain
f:id:ese19731107:20181108175315j:plain
そしてチャリティーなので、もちろん募金もする。今回のライブはこんな豪華メンツなのに6,500円と岡村ちゃんワンマンより安いので、その分大目に1,000円入れてきました。


さて、出演者に対する私の印象は前回のブログで書いたので、今回はレポに集中して書きます。でも、もう記憶が…。皆さんのツイートなども参考にしながら記憶を呼び起こしつつ書きます。
ese.hatenablog.com


開演時間ジャストに客電が落ちます。
斉藤和義がひとりで登場。最初の挨拶。今回のイベントは出演者もスタッフも皆さんノーギャラだそうです!すごい。
『月光』は「今夜は月がキレイだから」という歌詞があるので1曲目にしたのかな。
せっちゃんはCharなどと同じく常にギターと一体化している人なので、「弾き語り」という感じがしない。「ギターを弾いている」感じすらしない。当たり前のように音が鳴り、当たり前のように歌っているそんな感じ。
曲終わりでMC。「妙な緊張感がありますね。何といっても司会的なことをしなきゃいけないので、上手く進行できるか…」
続いて『ウサギとカメ』。これはちょいとポリティカルな歌ですね。


斉藤「僕はこの人のテキトーな感じがたまらなく大好きで」もう誰か分かったぞ!「YO-KING!」正解!
斉藤「この人はいつも手ブラで、2泊くらいなら手ブラなんですよ」
YO-KING「海外も手ブラで、税関で怪しまれる」
斉藤「この間新幹線で会ったときはコンビニの袋みたいなの持ってたよね」
YO-KING「そう、あれさえなければ手ブラだったのに。恥ずかしいところを見られちゃった」
ここでせっちゃんは退場してYO-KINGひとりで『Hey!みんな元気かい』
この曲はKinKi Kidsが歌ってくれたので世間的な知名度がある。こういう「この人のことを知らなくても曲は知っている」を持っている人は強い。


曲が終わるとせっちゃんが再び登場して、二人で『素晴らしきこの世界』
YO-KING「せっちゃんからは『トップバッターはキングのテキトー力(りょく)でテキトーにしてください』ってLINEいただいて。どんだけテキトーだと思われているんだ」
斉藤「だって、これからキングの曲やるんだけど、『この曲キーなんだっけ?』って聞いてきたからね」
YO-KING「季節によってキーは変わるからね」
斉藤「この間のカーリングシトーンズでも、リハではギター弾いていたのに本番だと手ブラって曲が何曲もあったよ」
この曲は最初はアコギ1本で弾き語りなのが、途中からバンドアレンジになってボーカルも1オクターブ上がるという素晴らしい構成の曲なのです。ぜひ真心ブラザーズバージョンもチェックしてください!


YO-KING退場して再びせっちゃんのしゃべり。
「みんな立ちっぱなしで大丈夫?チンポの話じゃないですよ」おお!これぞせっちゃん!
お次は寺岡呼人。歌声を聴くのは初めてです。
『大人』は、「大人になったのにまだ俺達何も変わってない」という曲。特に男性はそう思うだろうなー。私も同感です。
寺岡さんの歌声は真心ブラザーズの桜井さんみたいなイメージ。
いまだにカーリングシトーンズのライブの映像を車で流しているという寺岡さん。欲しいー!という客席に対し「レコード会社が違うとか、そういう大人の事情があるからねー。道端に置いておけばいいんじゃない?」と言うせっちゃん。名案だ!
せっちゃんとのコラボはカーリングシトーンズの未発表曲『紳士協定』カーリングシトーンズって、音源は出していないですよね?そう思えばライブ見てない人にとっては全部未発表曲なのね。


お次は浜崎貴司
浜崎「最近、中国語しゃべれるようになって」
斉藤「そうなの?」
ここで披露したのは「自己紹介をただ中国語っぽく発音する」というひどい出来で、思いっきりスベっていました。
斉藤「勇気がすごいね」
しかし歌えばプロのミュージシャン。『幸せであるように』をものすごいいい声で歌ってくれました。ソウル!
www.youtube.com
浜崎さんのギターはオベーション。なので、岡村ちゃんのギターと似た音がする。オベーションってサウンドホールないんだけど、どうやってギターの中で音を響かせているのかな。
せっちゃんが来て目の下のクマの話。
斉藤「甥っ子に『何で兄ちゃんメガネかけてるの?』って言われたんでしょ」
浜崎「正確に言うとメガネかけてないのに『やーい、メガネ男ー』って言われた」
この二人がそろったということはもちろんオリオン通りを歌ってくれます。動画探したけど見つからなかった。
「栃木県を盛り上げるために作ったのに全然盛り上がらないね」とどちらかが言っていましたが、マイナーコードで作るからだと思います!


お次は奥田民生
民生「うぉうぉうぉ~」と大友康平さんのモノマネで登場。どう見ても酔っぱらっています。
民生「何を歌うか決めてないんですけど」と言いつつ、『マシマロ』。酔っぱらっているけど、声出るなあ。歌うたいとしての基礎体力が強い。
せっちゃん登場で『イージュ★ーライダー』。せっちゃんのハモリがいい!YO-KINGのときも思ったけど、他人と邪魔にならない声だし、何より音程がいいからハモリがきちんとハマる。


ここまでみんな「ゆるゆるトーク→ギター弾き語り」というゆるい構成なのですが、みんな声がいい・歌が上手い・ギターが上手いので聴いていられる。プロってこういうこと。素人がぐだぐだトークと下手くそ歌唱やっていたら見てらんない聴いてらんない。
でもそろそろ展開がほしいなと思っていたところ、カーリングシトーンズのメンバーが総登場してバンド体制に。ドラムはせっちゃんです。
ここでYO-KINGが浜崎さんに「浜ちゃん、中国語できるんだって?」と無茶ブリ。浜ちゃん「でぇきぃまぁすぅ」と応え、スベる。そのあとも何度も「浜ちゃん、中国語できるんだって?」→浜ちゃんスベる、というザキヤマカンニング竹山に対する仕打ちのような無茶ブリ地獄でした。浜ちゃん可哀想…。
『スベり知らずシラズ』『何シトン?』を歌ってくれてどちらもいい曲だったのですが、どちらも初めて聴く曲だったのでもう何も覚えていない。あ、『何シトン?』のときは民生がドラムになってたな。


ここから後半戦。
斉藤「ここらで女子を」というわけで藤原さくら登場。会場から「か、可愛い…!」という思念が立ち上ったね。これまでおじさんばかりだったために私たちの美意識が歪んでいたのを正されました。もちろん、藤原さくらの実物はめちゃかわいい。
歌ったのは『500マイル』。知らないけど、何か聞いたことあるなーと思っていたら、PPMのカバーだったのね。訳詞は忌野清志郎さん!
www.youtube.com
彼女はこんなにかわいいのに、声は少しざらつき成分のある私好みの声。
両親の年齢を聞いて「俺にこんな年齢の娘がいてもいいのか。親子だったら一緒にお風呂入ってくれる?」とナチュラルに下ネタを繰り出すせっちゃんと対応に困るさくらさん。せっちゃん、あなたミュージシャンでよかったね。他の職業だったら今の時代アウトですよ。
せっちゃんとのコラボはキャロル・キング『You've got a friend』。名曲ですなー。


まだ続きますが、そろそろ長くなってきたので一旦切ります。続きは次回。

『空に星が綺麗プロジェクト』出演者に対する私の印象一覧

11月8日(木)Zepp DiverCity(Tokyo)で開催される『西日本豪雨復興支援チャリティコンサート~空に星が綺麗プロジェクト~斉藤和義 with Friends』に行ってきます。で、行ってくるということはライブレポも書くつもりなのですが、それぞれの出演者に対する私の思い入れや印象なども併せて書くとものすごく長くなりそうだなと思い、まず出演者の印象だけ書くことにします。ライブレポはレポのみで。
では、こちらのページにある出演者の並び順で書きます。まあ、単なるアイウエオ順ですが。
www.kazuyoshi-saito.com


岡村靖幸
この人について私がこのブログで今さら何を書けばいいのだ。過去エントリを読んでくれ、でおしまいです。
それでも、岡村ちゃんがこのイベントに出演するというのは大事件です。他人のイベントにはほぼ出ない、出ても絡みはない、フェスでも写真や映像の扱いが厳しい等、自分のフィールドでしか闘わない岡村ちゃんが他人のイベントに、しかもチャリティーイベントに出るとは!
主催者の斉藤和義さんとはここ数年で仲良くなったようで、せっちゃんは岡村ちゃんのライブを見て翌日の自分のライブではデンスをかましたそうなので、仲いいんだろうなー。テレビでも「この靴のシミは岡村靖幸がワインをこぼしたシミです」なんて言っていたし。
というわけで、先日の武道館でのYUKIとの絡みも含め、他者との関係を以前よりフランクにしてくれた岡村ちゃんには感謝!


奥田民生
奥田民生になりたいボーイ」は全国で2000万人くらいいますが、私もそのひとり。
飄々としていながら、やることはやる。「仕事したくない、釣りだけしたい」と言いつつほぼ休まず創作活動を行う。アルバム→ツアーの同じルーティンは飽きるから、という理由でひとりカンタビレ他様々な企画ライブを開催(こんなの、思いついても準備したり実行すること考えたらめちゃ大変なのに!)、友人ミュージシャンのイベントには気軽に参加するフットワークの軽さ(岡村ちゃんとの差!)、O.P.KING、地球3兄弟、サンフジンズなど、ソロやユニコーン以外のユニットもこなす、どんだけ愛されてどんだけ仕事してるんだこの人は!
奥田民生になりたいボーイではありますが、最近の活動は押さえていない私。民生の「アメリカンロック8ビート」がそこまではまらないのです。16ビートファンクボーイなので。それでも、あの声の強さは大好きです。あの声質でハイトーンも出るんだもんな。
今回のイベント参加もさもありなん、ですね。将来の泉谷さんみたいな立ち位置になるかも。



斉藤和義
このイベントの発起人。彼は昔からこういう社会的な活動していますね。ポリティカルな曲も多いし。彼曰く「清志郎さんだったら何をしていたか」だそうです。そうだ、ロックは「あげるべき声をあげる手段」でもあるのだ。
彼はたぶんデビュー直後から知っていて、2ndアルバムから買っています。特に3枚目の『WONDERFUL FISH』はICEの宮内和之さんがアレンジしていて、いちばん好き。
それが次の『FIRE DOG』からロック色を強めて(でも、このアルバムも好き!)いって、少しずつ離れていった、というのが私とせっちゃんの関係です。『FIRE DOG』のときライブにも行ったし。
今回、このイベントを開催してくれて、このメンツを集めてくれて、本当にありがとう!


CHARA
CHARAなの?Charaなの?どっちの表記もあるね。
彼女の声・歌い方は唯一無二。ウィスパーボイスで倍音成分多めの声。正直、倍音ばっかりで芯のない声は苦手なのですが、この声は彼女のオリジナルな武器。フォロワーはいても代わりになる人はいない。
CHARA岡村ちゃんは『レモンキャンディ』の楽曲提供や『パラシュート☆ガール』でのコーラス参加で付き合いはありますが、今回のイベントはそういう絡みはないだろうなー。でも、彼女の「強い無邪気さ」で何とか岡村ちゃんと絡んでくれないかなー。


寺岡呼人
私の世代だとジュンスカのベースというイメージですが、もう少し若い世代だとゆずのプロデューサーというイメージが強いのかな?
それ以外にも民生さんと「寺田」というユニットを組んだりミスチル桜井さんとも仲が良くて一緒にイベント出たりしていますね。プロデューサー気質なんだろうな。
なので、今回も民生さんと一緒に何かやるのではないかという期待。



浜崎貴司
フライングキッズのボーカルです。私、フライングキッズ大好きなのよ。ファンクでちゃんとポップスとして成立させて、さらにヒットまでさせたのは久保田利伸フライングキッズスガシカオだけだと思っているのです。岡村ちゃんは世間的なヒットしてないので除外。
解散したあと再結成したけどユニコーンとかジュンスカとかに比べるとあまり騒がれないのは、浜崎さんの犯罪者フェイスのせいだと思っています。ごめんなさい。
結局顔かよ。あいつなんて顔カッコいいけどミュージシャンとしての才能はないのに顔がカッコいいから今でも人気ありやがって(特定の誰かを思い浮かべながら書いていますが、危険なので名前は出さない)。結局顔かよ。
浜崎さんがもっとイケメンならもっとこのバンドは売れていたのになー。
浜崎さんはせっちゃんと『オリオン通り』で共作しているので、今回も聴けると思っています。


藤原さくら
ごめんなさい。何も知りません。かわいいな、しか知りません。ミュージシャンとしての彼女のことを何も知りません。


YO-KING
私の「人生の3大師匠」のひとり。残りはGAKU-MCDragon AshのKjです。
YO-KINGのことも、今さら改めて書くことはない。隣のカテゴリバーの「真心ブラザーズ」を読んでください。
YO-KINGも、民生さんと並んで気軽にいろんなイベントに出るフットワークの軽い偉人です。緊張しない、2泊までは手ぶら、体と声だけでサラリと素晴らしい仕事をこなすカジュアル職人なのです。
YO-KINGの嫁はYUKIちゃんなので、楽屋では「この間は嫁がお世話になりまして」みたいなあいさつするのかなー。MCでは嫁の事言わないから私たちに教えてくれないんだろうなー。


さあ、このように私の好きな人たちが集まったイベント。チャリティーなので募金等も協力しますが、このイベントに参加して楽しむことが第一。さあ、楽しみ!


歌うたい25 SINGLES BEST 2008?2017

歌うたい25 SINGLES BEST 2008?2017

カラー (初回限定盤)

カラー (初回限定盤)

Naked & Sweet

Naked & Sweet

Baby Bump(初回限定盤)

Baby Bump(初回限定盤)

シルシ

シルシ

FLYING KIDS NOW!~THE NEW BEST OF FLYING KIDS~

FLYING KIDS NOW!~THE NEW BEST OF FLYING KIDS~

PLAY

PLAY

DEFROSTER ROCK

DEFROSTER ROCK

楽しい人は世界を救う

楽しい人は世界を救う