やりやすいことから少しずつ

好きだと言えないくせして子供みたいに死ぬほど言ってもらいたがってる

大阪、京都の旅2019、初冬(その2)

観光、入り待ち、雪景色


大阪・京都旅行の2日目。早起きしてサウナをキメて朝食食べて出発。
今回泊まったのはカプセルホテルなのですが、ここがとてもよかった!カプセルホテルって「2段ベッドのゆるやかな牢獄」というイメージがありますが、このホテルはビジネスホテルの部屋部分を切り取ったような部屋で、ベッド以外のスペースもあり机もあり、完全に普通のホテル。トイレと風呂・洗面所が別になっているだけ、という感じ。十分!
そして、大浴場にはサウナも付いている朝食はメニュー少なめながらもビュッフェだし。十分!


大阪から京都まで。現代はスマホ様が何でも教えてくれるので楽ちんでいいなあ。
f:id:ese19731107:20191130080249j:plain
f:id:ese19731107:20191130080253j:plain
大阪の駅は、時刻表と号車表示だけでなく、△○⇒でも電車とホームが分かる仕組みになっていた。素晴らしい!
f:id:ese19731107:20191130083312j:plain
f:id:ese19731107:20191130083257j:plain
京都、曇ってるな。
そういえば、大阪ではエスカレーターの立ち位置は「左側に立つ」でしたが、京都は「右側に立つ」でした。境目ってどこなの?


京都では京都出身キイちゃんさんが案内してくれるのですが、私はほぼ初対面。しかもたけしは遅れるという連絡。むむむ、私の人見知りが発動しちゃうぞ。
f:id:ese19731107:20191130090820j:plain
f:id:ese19731107:20191130090848j:plain
何とか落ち合い、伏見稲荷へ。
京都は見所神社仏閣だらけなので、地元キイちゃんでも伏見稲荷へは来たことがないそうです。そんなもんだよね、地元って。
f:id:ese19731107:20191130091308j:plain
伏見稲荷狛犬でなくおいなりさん。狐様推しがすごい。
f:id:ese19731107:20191130092057j:plain
伏見稲荷といえばこれ。永遠に続く鳥居。映えるねえ~!
f:id:ese19731107:20191209210806j:plain
私のカメラロール、鳥居だらけ。
f:id:ese19731107:20191130092852j:plain
私は伏見稲荷のこと何も知らないのですが、広いのね!


キイちゃん「せっかくなんで、頑張って山頂まで行きましょう。エセさん次に京都来る予定ないんでしょ?」
確かにその通り。次に来るときはおじいちゃんかもしれない。登れるうちに登っておこう。
f:id:ese19731107:20191130094617j:plain
f:id:ese19731107:20191130100751j:plain
隙間なくびっちりと建っている鳥居は、相当昔のものからつい最近のものまで、歴史のバリエーションがすごい!しかし、京都民キイちゃんから「大正時代なんてついこの間やで」と京都民っぽいこと言われた!これが京都か!


だいぶ歩いた。だいぶ登った。疲れた。疲れたよ。
f:id:ese19731107:20191130094949j:plain
f:id:ese19731107:20191130100250j:plain
えーっと、今が三つ辻だから…。まだここ??思てたのんと違う!と私の中の笑い飯西田が叫びました。
しかしここまで来たらもう引き返すわけにはいかない。進むしかない。
f:id:ese19731107:20191209212019j:plain
つ、着いたーーー!俺たちはやったんだ!美酒に酔うときがきた!(飲んでないけど)
伏見稲荷、思った以上に広い。思った以上に階段。思った以上に疲れた。それでも、思った以上に鳥居が素晴らしく、登った甲斐がありました!


そしてその頃、たけしからLINE。
f:id:ese19731107:20191209203035j:plain
たけし、弱い。たけし、ヘタレ。たけし、つまらん。


今回はベタ観光なので、次は私のリクエストで清水寺へ連れて行ってもらいました。
中学の修学旅行で行ったのですが、もう何も覚えていません。先週のことも覚えてないのに14歳のことなんて覚えているわけがない。
f:id:ese19731107:20191130113040j:plain
京都、歩道が広い!
f:id:ese19731107:20191130114646j:plain
f:id:ese19731107:20191130114812j:plain
f:id:ese19731107:20191130115114j:plain
f:id:ese19731107:20191130115220j:plain
f:id:ese19731107:20191130115401j:plain
もうー、どこ見てもステキなのでついついアホみたいに写真ばっかり撮っちゃう。京都+秋+紅葉+神社仏閣=ステキ。
そして、晴れてきたのでまた映えるぞー。


さて、肝心の清水寺ですが、まだ補修工事中でした。うむむ、残念。
f:id:ese19731107:20191130115539j:plain
工事中の壁面に貼ってあった「あるべき理想」がこちら。
f:id:ese19731107:20191130115645j:plain
f:id:ese19731107:20191130115648j:plain
足場!骨組み!
f:id:ese19731107:20191130120403j:plain
f:id:ese19731107:20191130120520j:plain
f:id:ese19731107:20191130120607j:plain
確かに工事中は残念ですが、それでも十分ステキでしたよ!
f:id:ese19731107:20191130115843j:plain
そうか、「今年の漢字」って清水寺で書いているんだもんな。というわけで私も今年にふさわしい漢字を書こう。
f:id:ese19731107:20191130115741j:plain
今年はこれしかない。完全にこれ。漢字じゃないけど。


f:id:ese19731107:20191130121149j:plain
下から見てもステキ。
f:id:ese19731107:20191130122748j:plain
f:id:ese19731107:20191130123540j:plain
f:id:ese19731107:20191130124151j:plain
そしてどこを向いてもステキな映える風景ばかり。あー、今日が晴れていて本当によかった。


この後、他のRHYMESTERファンと合流する予定なのですが、伏見稲荷が思いがけず広くて時間が押してしまい、ひたすら早歩きで京都の街を進む。お昼くらいになってきたので人が多い!そりゃそうだ。紅葉時期の京都ですもん。人が多い!
f:id:ese19731107:20191130124848j:plain
途中、南座を通りかかってもちょいと写真撮るだけ。あとはひたすら早歩き!


予定時間はだいぶ過ぎちゃったけど、何とか皆さんと合流。お昼ご飯を食べよう。
f:id:ese19731107:20191130132125j:plain
f:id:ese19731107:20191209215440j:plain
キイちゃんさんとshincoさんとましょさん。何とこの方々、京都・鹿児島・札幌の人。私は新潟ですので、本当に日本全国からここに集まったんだねー。完全に『人間交差点』の宇多丸ヴァースだねー。

YOUは北から YOUは西から YOUは南 YOUは東から
一点を差すおかしな力に導かれてきた 違う土地から

www.youtube.com
「おかしな力」ってRHYMESTERのことだったのね。


なぜこんなに急いだかというと、RHYMESTERの入り待ちをするためです。
入り待ちなんて、私はこれまで考えたこともなかった。畏れ多いし、邪魔かなーと思ってしまいます。それ以前にヘタレなので何もできない。以前、偶然入り待ちのタイミングに出くわしたことがありますが、何もできなかった。
ese.hatenablog.com
今回もただ遠くで見守るだけのつもりでいましたが、一緒にいた人たちが私の背中を押しケツを蹴ってくれたおかげでメンバーの皆さんと写真を撮ることができました!うれしい!うれしい!じゅかさん(こちらは群馬の方)、ありがとうございました!!
Dさんは「君がエセ君か」と言ってくれましたが、たぶん私のことなんて知らない。優しさで言ってくれたのだと思っていますが、それでもうれしい。そうです、私が私がエセです(変なおじさんみたいになってしまったが、変なおじさんだから仕方ない)。
ese.hatenablog.com
starplayers.jp
そうです!このときのエセです!!


ライブはもちろん素晴らしく、京都まで来た甲斐が十二分にありました。
ese.hatenablog.com


皆さんはこの後打ち上げですが、私は再び高速バスで帰らなくてはならない。泣く泣く皆さんと別れ、京都駅へ。
f:id:ese19731107:20191130202049j:plain
夜の京都タワーもステキ。
京都駅の中はどこもいっぱいで、ご飯難民に。だらだら歩いていたら京都タワーの入口に着いた。
f:id:ese19731107:20191130215757j:plain
何ぃーーーー!!お風呂!ここに決めた!
f:id:ese19731107:20191130204224j:plain
まずはビールとラーメンと餃子とビール。
f:id:ese19731107:20191130210614j:plain
そしてお風呂。温泉ではないしサウナもないけど、ライブで汗かいた後なので、お風呂はとてもありがたい!


さっぱりとした気持ちで高速バスへ。帰りはほぼ目覚めることなく、ぐっすりと眠れました。
f:id:ese19731107:20191201071036j:plain
バスを下りてお蕎麦を食べて、在来線で地元へ戻る。車窓から見える景色は…
f:id:ese19731107:20191201082953j:plain
うおーい!雪降ってるじゃーん!!!まだ冬タイヤに換えてないのに!
そうはいっても仕方ないので慎重に家に戻り、荷ほどきと洗濯をして、再び私は家を出る。
ese.hatenablog.com
これです。


●木曜日:仕事。夜に高速バス
●金曜日:朝大阪着。たけしと大阪観光。夜、たけしダウン。ヘタレ。
●土曜日:朝京都着。キイちゃんと京都観光。RHYMESTERライブ。夜に高速バス。
●日曜日:朝地元着。レキシライブ。
と、とても忙しい週末でもちろん疲れましたが、それ以上に楽しくて仕方ない週末でした。旅は晴れたら8割成功、旅はどこに行くかより誰と行くか、サウナはすべてをリセット&チャージ。(私の四十八の格言より)
あと、やっぱりジムなどで少し体を動かしているのは大事。おかげでおっさんでも元気に動き回ることができました。


いやほんと、RHYMESTERとレキシはもちろん、この旅で出会ったみんなに感謝!お前らキャラ濃すぎ!サイコーの仲間たち!スキーム!!コミット!ベネフィット!最後は意識高い系でお別れです。


まっぷる 超詳細! 京都さんぽ地図mini'20 (マップルマガジン 関西)

まっぷる 超詳細! 京都さんぽ地図mini'20 (マップルマガジン 関西)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 昭文社
  • 発売日: 2019/07/18
  • メディア: ムック

大阪・京都の旅2019、初冬(その1)

ベタこそ観光


先日、RHYMESTER47都道府県ツアーの京都公演を見てきまして、どうせ京都に行くなら大阪・京都の観光もしようと思い、行ってきました。


夜、高速バスに乗り、寝たような寝てないような夜を過ごして朝7:30、大阪着。
f:id:ese19731107:20191129075308j:plain
ウィラーありがとう!
この高速バスはサウナ付きプランがあるので選んだのですが、ターミナルで場所を訊いたらここから20分近く歩く距離でした。結構遠いな!サウナ付きプランだからそこまでバスが行ってくれるものだと思っていたよ。
f:id:ese19731107:20191129080928j:plain
f:id:ese19731107:20191129080940j:plain
大東洋は温泉ではありませんが、お風呂もサウナも水風呂も数種類ある、とても素晴らしい施設でした。旅の予定があるのでサウナを1回しかキメられなかったのは残念ですが、高速バスの疲れはすべてリセット!フレッシュな気持ちで出発することができました。


大阪を案内してくれるのはたけし(@dy4519)。Twitterでのつながりで、ここ数年は人間交差点フェスで一緒になる若者。ネットで知り合った人と会っちゃった。
20歳以上年下なのに対等で会話できるのはTwitterのおかげ。もしくは私の人徳。もしくはたけしの不敬さ。ちなみに「たけし」なのに本名はたけしではなかった。なんだそりゃ。


今回の大阪観光のプランは「ベタな大阪」。
f:id:ese19731107:20191129090915j:plain
f:id:ese19731107:20191129091057j:plain
f:id:ese19731107:20191129091106j:plain
あれ?大阪、都会じゃん。建物カッコいいじゃん。東京よりおしゃれじゃん。
f:id:ese19731107:20191129091612j:plain


ベタな写真を撮りつつ、道頓堀へ向かう。
f:id:ese19731107:20191129094937j:plain
f:id:ese19731107:20191129095044j:plain
f:id:ese19731107:20191129095144j:plain
f:id:ese19731107:20191129095244j:plain
f:id:ese19731107:20191129095327j:plain
f:id:ese19731107:20191129095346j:plain
道頓堀を歩いて感じたこと。
●看板、「大阪っぽくせな」という一生懸命さを感じる
●街を歩く人はもっとうるさくしゃべりながら歩いていると思っていたのですが、そんなことない。平日の午前中だし観光客ばかりだからかな?
●「ねんでやねん」「アホちゃうか」「でんがな・まんがな」は一切聞こえてこなかった
私の偏見が過ぎる。


もう少しで最初の目的地。
f:id:ese19731107:20191129095429j:plain
f:id:ese19731107:20191129095631j:plain
職業イケメン、ドンキ、ナンパ橋を越えて
f:id:ese19731107:20191129095844j:plain
グリコの看板!ベタですねー。もちろんこのポーズで記念撮影もしてきました。


そういえばまだ朝食を食べてないのでどこかに寄ろう。
f:id:ese19731107:20191129103155j:plain
大阪の人はおなじみ、金龍ラーメン。
f:id:ese19731107:20191208205615p:plain
f:id:ese19731107:20191209180325j:plain
朝の10時前だけどビール飲んじゃおう。


もっと歩こう。
f:id:ese19731107:20191129103914j:plain
なんばグランド花月
f:id:ese19731107:20191209180344j:plain
文枝さんがいたので写真撮ってもらいました。文枝だもの、不倫くらいいいじゃない。
f:id:ese19731107:20191129103955j:plain
なんばグランド花月、って感じのラインナップですなー。


ここから、今日のメインへ。モノレールに乗ろう。
f:id:ese19731107:20191129115309j:plain
お、見えてきたぞー。
f:id:ese19731107:20191129115612j:plain
f:id:ese19731107:20191129115930j:plain
f:id:ese19731107:20191129115934j:plain
太陽の塔です!わーい。いい天気でうれしい。
f:id:ese19731107:20191208212305j:plain
これはたけしが撮ってくれた写真で、後日ギターを加工して送ってくれたものです。こんなに上手く合成できるのね。うれしい!あいみょんより先に太陽の塔でライブしたぞ!(してない)
f:id:ese19731107:20191129120323j:plain
f:id:ese19731107:20191129120414j:plain
f:id:ese19731107:20191129120448j:plain
f:id:ese19731107:20191129120520j:plain
わーい。現地にいるから斜めも後ろも撮り放題だぜー。いえーい。
f:id:ese19731107:20191129120223j:plain
こんなのやっているので行ってみよう。
f:id:ese19731107:20191129121542j:plain
f:id:ese19731107:20191129122230j:plain
f:id:ese19731107:20191129122637j:plain
f:id:ese19731107:20191129122435j:plain
f:id:ese19731107:20191129122451j:plain
f:id:ese19731107:20191129122502j:plain
f:id:ese19731107:20191129123425j:plain
f:id:ese19731107:20191129123434j:plain
当時はこんな風に見えていたのねー。先っちょ見えないじゃん!(屋根で)
f:id:ese19731107:20191129125037j:plain
f:id:ese19731107:20191129125047j:plain
むむ??
f:id:ese19731107:20191129125053j:plain
むむむむ????
先っちょ見えないじゃん!(皮で)


外に出たら、スワンボートがあった。
f:id:ese19731107:20191209180436j:plain
たけし「せっかくなんで乗りましょうよ」男二人で何がせっかくなのか分かりません。
f:id:ese19731107:20191209180447j:plain
f:id:ese19731107:20191129130723j:plain
乗っちゃった、せっかくなんで。スワン越しに見える太陽の塔


まだ歩く。万博記念公園は広い。
f:id:ese19731107:20191129132833j:plain
f:id:ese19731107:20191129132928j:plain
f:id:ese19731107:20191129133545j:plain
f:id:ese19731107:20191129133602j:plain
f:id:ese19731107:20191129134751j:plain
f:id:ese19731107:20191129134757j:plain
f:id:ese19731107:20191129134801j:plain
ここ、世界中の民族のあらゆるものがあって、めちゃめちゃ広い。会場内歩くだけでも疲れちゃうほどの広さに、頭が追いつかなくなる展示物の数々。きちんと学びながら見ていったら1日じゃ終わらない。お弁当と寝袋持ち込んで3日くらいかけないと見切れない物量。堪能したけど疲れた!


さよなら、万博記念公園
f:id:ese19731107:20191129150219j:plain
さよなら、太陽の塔
f:id:ese19731107:20191129155335j:plain
f:id:ese19731107:20191129160051j:plain
再びベタ大阪へBACK AGAIN!通天閣です。
f:id:ese19731107:20191129160946j:plain
通天閣関ジャニ∞はまだ錦戸君在籍してます。
f:id:ese19731107:20191129161727j:plain
ビリケンさん!
しかし私はビリケンさんのことを何も知らないので、あまり御利益を感じることなく、義務的に足を撫でてきました。
f:id:ese19731107:20191129161442j:plain
f:id:ese19731107:20191129162128j:plain
f:id:ese19731107:20191129162435j:plain
あれが大阪城かー。うん、見えた。よし、大阪城クリア。
f:id:ese19731107:20191129162603j:plain
f:id:ese19731107:20191129162608j:plain
あとは大仙陵古墳があるのですが、これはここで見えて「クリア」とはさすがにいえないので、次回に持ち越し。
f:id:ese19731107:20191129165240j:plain
下りてきたらちょうど夕方になり、きれいなライトアップ。


再び道頓堀に戻り、蓬莱の551豚まんをいただく。写真は忘れたが、とても美味しかったです!
f:id:ese19731107:20191129173835j:plain
さらに、大阪なのでたこ焼きも食べなくてはならない。半ば義務感で食べるが、もちろん美味しかった!ビールは必需品。
f:id:ese19731107:20191129175546j:plain
夜のグリコも写しておこう。ベタ観光だから。


たけしは今夜Creepy Nutsのライブに行くので、ライブ後に飲みに行こうということでここでお別れ。
宿に戻り、少し寝て、風呂に入って部屋に戻ってきたらたけしからLINE。
f:id:ese19731107:20191208222645p:plain
たけし、弱い。
仕方ないのでひとりで道頓堀の夜へ繰り出す。
f:id:ese19731107:20191129210915j:plain
前回大阪に来たときにお好み焼きは食べたので、あとは串揚げとどて焼きだ、ということで注文。
美味しいが、おっさんの体に串揚げは入らない…。ひとつ食べただけでおなかいっぱいになってしまいましたが、ビールとハイボールと梅酒とレモンサワーで流し込んだ!あと、串揚げの生姜にも助けられた。
何とかベタ大阪をクリアし、宿に戻ってサウナを2回キメ、安眠。


翌日の京都へ続く。


大阪観光

大阪観光

芸人の理想像、東京03。

こっちのゴールもある


芸能界で売れたい、芸能界で成功したい、お笑いで食っていきたい。そこでネタを作り、M-1キングオブコントを目指し、バラエティ番組に出てひな壇からガヤを叫ぶ。あるいは大物芸能人からイジられる。
そして目指すゴールのひとつは、番組の司会者になること、自身の冠番組を持つこと。
ほとんどの芸人はそうはなれず、ロケで全国を飛び回り、美味しくもないものを食べて「美味しいー!甘ーい!柔らかーい!」と心にもないことを言う。あるいはドッキリを仕掛けられて、内心ムカついていてもカメラの前では大げさなリアクションをしてしまう。地方のテレビ局に行けば、その地方では有名な、しかし自分は知らないただのおっさんに偉そうな態度でイジられる。
これが実際。
それでも芸人たちは「いつかは俺だって」と夢を諦めきれず、もしくは「生活のため」と半ば割り切ってそんな「芸人もどき」な生活を送っています。


そこで、東京03
コントを作り続けてキングオブコントで優勝したが、テレビのバラエティ番組には上手くはまらない。そりゃそうだ。キャラは薄いし強いフレーズがあるわけでもないしひな壇の中からガヤを飛ばす強さはないしリアクションも弱い。ドッキリを仕掛けられるようなイジられキャラでもないし、場の中心になるほどのボケ・ツッコミの強さもない。
※飯塚さんのツッコミは素晴らしいですが、自分が面白くなるようなツッコミ(フット後藤のような)ではない。
しかし、現在はコントで毎年全国ツアーを行い、どこも(ほぼ)ソールドアウト。テレビで誰もが知っているような出演数・知名度はないのにCMに何本も出ている。「さとふる」はソフトバンクグループですが、ふるさと納税なので国の関わりもあります。国!そして綾瀬はるかと共演。綾瀬!
文字通り「コントで食っていく」を実践している東京03って、芸人の理想像だと思うのです。


芸人・タレントの仕事なんていくらでもあります。劇場や営業で同じネタを毎回やってもいい、ロケで食レポやってもいい、ワイドショーで正論めいたことを言ってもいい、ゴールデンタイムの情報番組でワイプ用に「へえー」という顔をしてもいい。どれも大事な仕事だし、その中でも適性があるから「ネタよりロケが自分の天職」という人もいるでしょう。それならそれでいい。
それでもネタを作り続け、毎年全国ツアーを回ることができて、ネタそのものの評価も高い。こんな幸せな芸人人生ってそうはないと思うのです。


飯塚さんはツッコミですが、他人のボケをツッコむより、自分がイジられたときにツッコむことが多いです。そのイジりも「コントが好きすぎる」というホメのイジり。芸人として最高のポジションじゃないですか!
そういうことを『ゴッドタン』で何年もやってきて、ついに『アメトーーク』ですよ。2019年ブレイク芸人でもイケメン芸人でもない、今年何か爆発したわけでもない。それでも『アメトーーク』のメインに座れるなんて、こんなゴール誰が予想した?


ese.hatenablog.com
ese.hatenablog.com


第20回東京03単独公演「不自然体」

第20回東京03単独公演「不自然体」

  • 発売日: 2019/08/21
  • メディア: Prime Video
第19回東京03単独公演「自己泥酔」

第19回東京03単独公演「自己泥酔」

  • 発売日: 2018/02/21
  • メディア: Prime Video
第18回東京03単独公演「明日の風に吹かれないで」

第18回東京03単独公演「明日の風に吹かれないで」

  • 発売日: 2017/02/27
  • メディア: Prime Video

レキシ TOUR 2019「アナザーレキシ〜あなたの知らないレキシの世界〜」@長岡 に行ってきました! 感想

池ちゃんは役者やのう


レキシ TOUR 2019「アナザーレキシ〜あなたの知らないレキシの世界〜」の長岡公演に行ってきました。
f:id:ese19731107:20191201145036j:plain
f:id:ese19731107:20191201145147j:plain
f:id:ese19731107:20191201152143j:plain
グッズ売り場、何だか神社感がありますね。


川口のときには
f:id:ese19731107:20191107175317j:plain
これが入り口から通路からトイレまで至る所に貼ってあって、ライブ中も係員が何度も会場内をうろうろして録画録音を取り締まっていたのですが、今回は何もなかったな。長岡だから安心しているのかな?


今回、私は何と7列目!だいぶ下手ですが、めちゃめちゃ近い!池ちゃんのお姿を近くで見る必要はないのですが、それでも近いのはうれしい。


さて、開演。ライブの流れは川口と一緒でしたので、こちらをご覧ください。
ese.hatenablog.com
長岡は、レキシ初めての人が多いのかな?子供連れが多いなーと感じました。老若男女に愛される男、それが池田貴史
開演時から稲穂の電源を入れちゃうお客さん多数。きれい!でも、みんな、早まるな!稲穂はここじゃない!池ちゃんも最初から「稲穂はまだ早い」とたしなめていました。


流れは一緒なので、その他で感じたことを書くことにしよう。
今回のツアーは表向き「ロック」なのでロックの人っぽい衣装とアクションをするのですが、池ちゃんがそれをやると笑っちゃう。たとえばラッパーの動きって笑われがちですが、ロックの人だって同じじゃない?ボーカルの人が手を広げたりマイクスタンドを持ち上げたりギターの人がモニターに足を掛けて弾いたり。ステレオタイプなのはどっちも一緒だし、それが実際と違うのも一緒だ。GLAYファンの人は「あのポーズ」のときに笑うのか、カッコイイと思うのか、どっちなんだろ。
f:id:ese19731107:20191204203454j:plain


『Good bye ちょんまげ』のくだりも川口と一緒なのですが、そもそもこれはレア曲。そしてこの異常なコール&レスポンス。一見さんは付いてこれたのだろうか。不安だ。ここで「何このアホみたいな時間。超楽しい!」と思えたあなたは未来永劫レキシ稀有ズです。ここで「何このアホみたいな時間。くだらない」と思ったあなたは普通の人です。普通はそう思う。


「次はレキシの曲ではなく、提供した曲をやります」で沸く会場。「いいの?池田はいいけどレキシはどうかな」YAZAWA
『ひみつのヒミコちゃん』はやっぱりいい曲。子供のころからこんないい曲に囲まれて育つ子供はいい子になるぞ。しかし、『幸福論』はこの日なかったのです。残念!これもいい曲・いいアレンジ・いいカバーなので聴きたかった。というか聴かせたかった!


そして、川口の自分のレポを読むと、長岡では『どげんか遷都物語』もやってないんだな。ほぼ同じだと思っていたのに結構違うんだな。代わりに『僕の印籠知りませんか』!これもいい曲。密かに忍ばせた『Come Together』に気づいていない人はどれだけいるんだ?
そして『古墳へGO!』!これも川口ではやってなかった(はず)。KOFUNのアルファベットを体で表現するのはジョーダンズだけど、お客さんの中で知っている人はどれだけいたんだろう。後半では「YMCA」もやっていたけど、こっちも若い人は知らないぞ…。


『solt & stone』の途中で蹴鞠Changのドラムソロは同じだけど、今回はドラムスティックも放り投げて途中から手でドラムソロ!すごい!手でもいい音鳴らせるのね!鬼気迫るとてもいいプレイでした!


渡さんとのイチャイチャタイムは、川口とほぼ同じ。レキシのツアーに複数回参加したことある人はご存じでしょうが、トークやメンバーとのやり取りはほぼ同じなんですよ。それなのに、毎回その場の思いつきでしゃべっているようにしゃべる池ちゃんは偉い。喜劇役者やのう。アドリブのようでアドリブじゃない。でも途中でアドリブも入れ込む。その案配が上手い。
長岡限定はこちら。
www.youtube.com
葬儀場のCMの曲。これって新潟限定なの?地元民はみんな知っていて当然だと思っていました。つーか池ちゃん、新潟前乗りなの??


『旧石器ベイベ』と『君がいない幕府』のマッシュアップ(同じテンポでこの2曲が自然と入れ替わる!)からそのままメドレーで『憲法セブンティーン』。


ここから同じ流れなので川口レポ読んでもらうとして、『KMTR645』の前にやった『リンダリンダ』のくだりではちゃんと「カマタリンダリンダー!」と歌っていたのですね。川口のときは気づかなかった。
そして『KMTR645』ではイルカに触れました!やったぜ7列目!20列目とは違うぜ。


『狩りから稲作へ』でみんなが掲げる光る稲穂。ここでも7割くらいの普及率。すげーな。だって米どころ長岡だもん!
ここからの茶番劇は、何回見ても面白い。出オチだけど、何回見ても面白い。バンドメンバーの契約書には「セーラー服で踊る場合があります」とか書いてあるのかな。


あー、終わってしまった。今回は全体の流れを知っているので余裕をもって楽しめました。いろいろなやり取りは台本なのかー、それでも笑っちゃうのは池ちゃんの役者力だなー、この「面白さ」は「名曲」という土台の上に成り立っているんだなー、などいろいろ思いながら見ていました。
そして!今回は7列目下手だったのですが、ステージ左右のお立ち台に池ちゃんが乗ると、ちょうど私の目の前!おかげで思う存分目線をいただくことができました!サングラスだから目線もらいたい放題(自分の思い込み次第ともいう)。


最後に、このライブに行った人から素晴らしい似顔絵をいただいたので、それを掲載しよう。
f:id:ese19731107:20191204215249j:plain
f:id:ese19731107:20191204215303j:plain
ライブに行った人は分かるでしょう。超似てる!これを写真も動画もなく、記憶だけで描いてこのクオリティ!すごい!!



1.Takeda’
2.SHIKIBU
3.甘えん坊将軍
4.Good bye ちょんまげ
5.KATOKU
6.ひみつのヒミコちゃん
7.出島で待ってる
8.僕の印籠知りませんか
9.古墳へGO!
10.solt & stone
11.旧石器ベイベ(マッシュアップ
12.君がいない幕府(マッシュアップ
13.憲法セブンティー
14.レキシトアソボ
17.きらきら武士
18.妹子なぅ
19.KMTR645
~アンコール~
20.狩りから稲作へ
21.セーラー服を脱がさないで
22.LOVEレキシ
22.じゃあね
おお!レキシで20曲超えるの、このツアーが初じゃないの?いつもは「15曲3時間」という「脱線の方がメイン」みたいなライブだったのに。


セーラー服を脱がさないで

セーラー服を脱がさないで

RHYMESTER47都道府県ツアー@京都磔磔 に行ってきました! 感想

RHYMESTERは偉い


RHYMESTER47都道府県ツアーの40本目、京都磔磔でのライブに行ってきました。
f:id:ese19731107:20191130133832j:plain
f:id:ese19731107:20191130134151j:plain
元々は行く予定のなかった今回。Twitterで皆さんとやり取りをしているうちにいつの間にか高速バスや宿の手配をしてしまった。Twitter恐るべし(Twitterのせいではない)。
とはいえ、私はこのツアーにもう4回も行っているのです。もう十分じゃないですか。たくさん見たでしょ。もう十分じゃないですか。
そうなんです。そうなんですけど!また見たいのです。もっと見たいのです!


そして気づけば京都。
f:id:ese19731107:20191130164430j:plain
埋まってきたよー。もうすぐ終わっちゃうよー。
f:id:ese19731107:20191130163928j:plain
終盤戦なので貼り方も雑になってくるよねー。
f:id:ese19731107:20191130164654j:plain
入り口のホワイトボード。Eが足りないよねー。ライブハウスのスタッフですらこの程度。RHYMESTER、もっと頑張らないといけないねー。


さて、入場。
ここのキャパは350。それなのに私のチケットはG。どういうことだ。Aから順に入場していく人たちを羨みながら寒空の下Tシャツで待つ。
結局、ほぼラストの入場となりまして、入ったら
f:id:ese19731107:20191130165134j:plain
でかい柱!Dさん見えない!
仕方がないので宇多丸サイドに集中しようとしましたが、正面にでかい男!何も見えねえ!今日はJINさんの頭だけ見て過ごそう…。


さあ、開演!
磔磔は舞台の左右に楽屋があるわけではなく、客席後方に2階へ続く階段があり、その向こうが楽屋なのです。つまり、ステージに立つには客席を通って行かなければならない。宇多丸さん曰く「プロレス的な入場方法」です。
下手を通っていくので、そこにいるお客さんは演者に触りたい放題。まあ、RHYMESTERのお客さんは民度が高いのでそんなにひどいことはしないわけですが。


1曲目は『待ってろ今から本気出す!』
おお、今日は逆行セット(現在→過去)なのね。個人的には初日千葉以来。
ese.hatenablog.com
つーことで、私たちもいきなり本気出す!
『Future Is Born』『ゆれろ』とアルバム『ダンサブル』からの曲を立て続けに披露。千葉と同じ逆行セットなのにもうセトリが違う!私の記憶力が揺れる!
『ゆれろ』好きなのでうれしかった!昆布のように揺れろー!


ここで最初のMC。
D「今日はウェイ度が高いですね」
ウェイ度って何?
D「今日のセットリストは、2年前のここでのセットリストを出して、今回の滋賀のセットリストと明日の大阪のセットリストを出して、どれとも被らないように作ってあるから」
すげー!
宇「偉いだろ。だから今日の感想は #RHYMESTERは偉い で呟くように」
偉い!


ガラパゴス』『The Choice Is Yours』ときて、再びMC。
宇「バカにはバカと言っておかないと。俺たちは害虫駆除業者だから」
宇「何もないところから雑草を取って道を整備して舗装してきて、そこを最近の若者はオートチューンで『ふふ~ん』ってやってるから」
口の悪い宇多丸さん。


『It'a A New Day』は何と今回のツアー初めての披露だって!確かに、これはアルバムツアーでは重要な曲だけど、こういう満漢全席なセトリでは外しちゃうよな。でも、私はこの曲好きだからとてもうれしい。ちなみにこの曲はテンポがゆっくりだから歌いやすいかなと思ってカラオケでチャレンジすると、宇多丸パートで撃沈します。
『POP LIFE』『ONCE AGAIN』はこれまでのツアーで絶対にやっている気がする。アルバム『POP LIFE』からもっと他の曲もやってもいいんだぜ。『Hands』以外で。


曲終わりのMCで「今日のお客はエリートだからもっと(ラップの被せの部分)振ってもいいですか」という宇多丸さんに対し「もっと!」の会場の声。ヘイヘイ、バッチコイだぜー。


ここでJINの部屋。
途中までは「3分しゃべって30秒分の情報量」という「何か言っているようで何も言っていない」いつものJINトークだったのですが、後半で大きな動きが!
昔話でDJサンコンさんのバースデーライブでRHYMESTER『Hey DJ JIN』のリリックをもじって「DJサンコンPlay That Song/その逞しさまるで男根/また次のゴールはオマンコン」とラップしたそうです。エロい!というかヒドい!こんな直接的な下ネタリリック、あかんよ。
頭を抱えるMC二人。
J「いや、入り待ちのお客さんから下ネタリクエストをいただいだんで」
と意に介さず、「だってこんなお土産もらったんで」と取り出したのは「ちんこ団子」。
f:id:ese19731107:20191203183402j:plain
本当にこんな団子あるのね!ちなみに鹿児島名物だそうです。
このヒドい下ネタで思いがけず盛り上がったJINの部屋。そして、ここからライブの空気は変わっていくのです…。


『オイ!』は久しぶりのフルで披露!うれしい!続いて『けしからん』!ライブで見るの久しぶり(というか、記憶にない。生で見たことあったっけ?)
ここで、お客さんの中に「けしからん」扇子を持っている人がいた!しかも最前列だったのでDさんに拾ってもらい、皆さんに披露。なんつー偶然!『梯子酒』はやりませんでしたが、その倍以上の元を取ったぞ。


『ザ・グレート・アマチュアリズム』『肉体関係 part2』とアゲ曲連発。本日の出会いは「京都の老舗のライブハウス」でした!そしてご当地プレイは「八ツ橋プレイ」「しっとりしている」でした。くだらねー!w
放置プレイで十数秒放置された後、『ウワサの真相』!逆行セットだとこの流れ、いいね!


さっきのJINさんのトーク、そして『けしからん』『肉体関係』のリリックもひどいので、MCも下ネタに流れがち。詳細覚えていなくて悔しい。


『Lights,Camera,Action』はオリジナルとは違う、アナログレコード2枚使いの「演奏」で魅せてくれました!
『B-BOYイズム』は言わずもがな!温まりきった、つーか燃えさかった客席はさらに爆発!
本編ラストは『耳ヲ貸スベキ』


楽屋へ帰るのも、再び客席の中を進まなければならない。磔磔、大変だな。
アンコール待ちは、今日だから「偉い!」コール。そしてRHYMESTERの3人はすぐ出てきた!体感1分。Tシャツに着替えるだけでほぼ休んでないよ。ほんと、偉い。
あ、そうだ。この日のDさんは額にバンダナ(手ぬぐいなのかな?)をしていたのですが、アンコールでは別の手ぬぐいをしてきました。これはお客さんにもらったそうですが、いつも手ぬぐいをくれるお客さんが今日は持ってきてなかったので、「あれ?今日はないの?」と言ったらわざわざ買ってきてくれたんだって!まさにキングオブお客!そして差し入れの強要をするMC!w書いていて思い出した。


グッズの紹介で、「もっと要望があればまた作るよ」という宇多丸さんの発言から「もっと!」と叫ぶ会場。最前列の男性に「もっとエロい感じで」と無茶ぶり→「もっと…(吐息)」と応える男性。この流れ、素晴らしかった!この日のライブは「ちんこ団子」と「もっと」がMVPでした!ライブは演者だけでなく、お客さんも含めて作り上げるんだなーと再認識。


アンコールはCome On!!!!!!!! 』!!!
このザ・ヒップホップ!ド直球で「カッコイイ」しかないこの曲!このツアー、この会場、このセトリで聴けるうれしさよ。
クライマックスのDさんアカペラもバッチリ決まって最後の大爆発!
本当のラストの曲は『カミングスーン』。巡行セットだと『ラスト・ヴァース』だけど、逆行セットだとこちら。『ラスト・ヴァース』のエモい感じもいいけど、エモすぎ・湿度高すぎとも思うので、『カミングスーン』の爽やかな感じで終わるこっちもとてもいい。


終わってしまいました。あー、楽しかった。今回は遠くて柱&長身男性により視界もイマイチでしたが、それでもやっぱり楽しい!セトリやMCもその日限りですが、この日この場所でしか起きない事故やハプニング、そしてお客さんの熱によりライブの空気は変わっていく。それがやっぱり楽しい。それも、「あの日の方がよかった、この日はよくなかった」ではなく、どの日も違った種類でどれもサイコー!なんだから、最高でしょ!
f:id:ese19731107:20191130193545j:plain
出るときに初めて気づいたでかい提灯。


この日のライブは、ライブ自体のよさももちろんですが、Twitterフォロワーの皆さんと交流したり入り待ちしたりメンバーと触れあったりと、前後も含めて最高でした。Twitterのみんな、ありがとうーーーー!!!!!


この日のセトリ。千葉のセトリを見ながら修正していったのですが、もしかしたら抜けや曲順違いがあるかも。千葉に比べて2曲少ない??
1.待ってろ今から本気出す
2.Future Is Born
3.ゆれろ
4.ガラパゴス
5.The Choice Is Yours
6.It'a A New Day
7.POP LIFE
8.ONCE AGAIN
9.オイ!
10.けしからん
11.ザ・グレート・アマチュアリズム
12.肉体関係 part2
13.ウワサの真相
14.Lights,Camera,Action
15.B-BOYイズム
16.耳ヲ貸スベキ
~アンコール~
17.Come On!!!!!!!!
18.カミングスーン


もっと…

もっと…

  • 発売日: 2014/04/01
  • メディア: MP3 ダウンロード