やりやすいことから少しずつ

好きだと言えないくせして子供みたいに死ぬほど言ってもらいたがってる

映画『ヘルドッグス』感想

何を言っているか分からんけど面白い


映画『ヘルドッグス』を見ました。
www.helldogs.jp
岡田君のアクションものだから面白さの担保はあるだろうと思い、見てきました。

さて。


面白かった!
お話は複雑で分かりにくいしそれを説明するセリフは何を言っているか聞き取れないけど、何となくで話の筋は分かるし、アクションは素晴らしかったので面白かった!
です。


ヤクザの組織って、下部組織とかあるから分かりにくい。組織内の序列や肩書きもあるから分かりにくい。誰と誰が敵で味方?
序盤の説明は、何を言っているのか6割聞き取れず、8割理解できませんでした。それでも、組のトップにMIYAVIがいて、彼の持つ極秘ファイルを奪うという最終目標は分かりやすいので、何とかついていけた。
これから見る人は公式サイトを見て人物相関図くらいは頭に入れておいた方がいいです。


物語は、「話の筋は分かったような分からないような感じだけど演技と演出と編集でずっと面白い。そしてアクションシーンはずっと面白い」でした。


この作品は原田眞人監督作品なので、クセがある。道路を自撮りしながら歩くキモいYouTuber、いる?『検察側の罪人』でもこういうショットあったなー。何か意味あるのでしょうか。
ese.hatenablog.com
あと、犯罪被害者の会のシーンやホステスたちと楽しむシーン、長くね?それぞれその後半に本筋に繋がる動きがありますが、長くね?


それでも、面白かった。セリフの聞き取れなさ(坂口健太郎と岡田君の雨のシーン、坂口健太郎のセリフひとつも分からなかった)や演出の意図などを含め、もう一度見たい作品でした。『地獄の黙示録』っぽさもあったし。
尾上右近は意味ありげに出てきたけど本編には何も関わってこなかったので、続編フラグなのかなーと思いながら見ていました。続編期待。


役者について。
岡田准一
あなたはもうアイドルではない。その体の厚みは何なんだ。
最近の岡田君の作品は、岡田君がアクション場面のスタッフとして関わっており(『ファブル』ではファイトコレオグラファー、本作では格闘デザイン)、それらはとてもリアルなアクションになっています。正直、絵面的には地味(リアルな格闘だから)なのですが、面白い。そして、岡田君はマジモンです。そのうちトム・ハーディみたいに格闘大会で優勝しちゃうかも。
岡田君はジャニーズ抜けてもっと自由にアクション俳優をやってほしいと思っていますが、ジャニーズを抜けるとこの規模での主役は出来ないんだろうな。いつまでたっても事務所は強い。
●坂口健太郎
サイコキャラですが、あまり突飛な演技でなくてよかった。ちょうどいい塩梅。
岡田君とバディを組む坂口健太郎との馴れ初めは描かれずいきなり1年後かー。ずるいなー。と思っていたら、エンディングで描かれていた!あの笑顔、いいねー。うむ、相性98%。
松岡茉優
松岡さんには何の心配もしていない。本作も安定感あり。
潜入捜査のためにヤクザの愛人になる(=ヤクザに抱かれる、犯罪行為を黙認する)のかー、とか潜入捜査員なのに岡田君と二股かけるかー、とか思いましたが、それは脚本の話。彼女は相変わらずよかった。
●MIYAVI
マンガ的なキャラですが、本作自体がリアリティライン低いので気にならなかった。単なるインテリヤクザではなく、カリスマ性や武闘派の要素をきちんと見せてくれました。
ワインボトルを蹴りで破壊するシーンは、ショットとしてはカッコいいですが必要はない。でもカッコいいから必要。割れたガラスの片付けシーンは不要。部下にやらせろよ。
北村一輝
どんな役でもできる北村さんですが(同日公開の『ガリレオ』では刑事役)、やはりヤクザが似合う。あの濃い顔は善人より悪人の方が似合う。
大竹しのぶ
大竹しのぶさんですから、外すわけありません。でも、この作品に彼女は必要だったかなー。もったいない気がする。他の役者でもよかったんじゃないかなー。寺島しのぶとかでよかったんじゃないかなー。
金田哲
本作の役者さんは皆さんとてもよかったのですが、はんにゃ金田だけはミスキャストだったな。演技は悪くないのですが、若頭になるほどの貫禄がない。貫目が足りない。
●木竜麻生
まおじゃなくまいだったのか。彼女は新潟県出身なので、新潟県の第四北越銀行のテレビCMに出ています。私の好きな顔なので注目していたのですが、やっと日の目を見た。これから売れるぞー。
途中、遠いバックショットで全裸&お尻が映るのですが、あれは別人(ボディダブル)ですよね?
彼女の友達役の女の子も可愛かったのですが、何という役者さんなのかしら。
中島亜梨沙
ヒットマン役。どこまで本人が動いたのか分かりませんが、ナイスアクションでした!
その後拷問に遭うシーンでトップレスでしたが、あれは本人?ボディダブル?紅白のときの氣志團のようなヌードっぽい服?VFX?どれでもいいですが、拷問でパンツは脱がさないというのはどういうことだ。ヤクザにコンプラはいらない。
●酒向芳
検察側の罪人』のあの気持ち悪い人が本作では警察の切れ者!役者って素晴らしい。しかし、前半は何を言っているのか全然聞き取れませんでした。
●吉原光夫
MIYAVIの側近役。強さと賢さと人間味と、いろいろ持ち合わせている素晴らしい役者でした。途中イタリアオペラを朗々と歌うシーンが長くて、「長くね?」と思いましたが、元々劇団四季の人なのね。そりゃ上手いわけだ。


やっぱり老後が不安になってきた

いつまで働く、いつから老後


先日、こんな記事を書きました。
ese.hatenablog.com
そこで「お金は何とかなるとしてもいろいろ不安だ」と書いたのですが、やっぱりお金は不安だ。何とかなるのだろうか。


頭と体が動くうちに旅行などにたくさん行きたい。そう思うと、65歳ではもう遅い気がする。60歳なら何とかなるかな。
しかし、年金をもらえるのは65歳から。60歳から前倒し支給という手もありますが、相当減額されてしまうので現実的でない。


じゃあ、60歳から65歳まで貯金で生活できるのか。
65歳までの5年間、いくらお金かかるのかな。夫婦二人で年間300万円くらい?とすると5年で1,500万円。
そんな金ないよ…。
そしたらやっぱり働かなきゃならないのか。私の職場では再任用制度があり、定年後も働くことはできるのですが、週5日のフルタイム。残業はないとしても現役時代と同じ働き方。
それだったら意味がない。


私、働きたくないのです。まったく働かないということではなく、現在の長時間労働が嫌なのです。
毎日8時間労働、2時間残業、通勤往復で2時間、ご飯食べて風呂入ったらもう寝るまであと30分、みたいな生活です。
何もできない。
1日の労働時間、MAX6時間くらいじゃない?余剰時間があってこそ、副業ができたり勉強ができたり映画を見に行くことができたり飲みに行くことができたりするのです。そこで経済が回っていくのです。


60歳を過ぎても毎日8時間労働するの?いつになったら遊べる時間があるの?65歳になったときなんて、好奇心も体力も集中力も全部もうないよ!
学生時代は時間と体力はあるけどお金がない。
中年時代は体力とお金はあるけど時間がない。
老後時代はお金と時間はあるけど体力がない。
人生はうまくいかないものだ。


60歳の時点ならまだ動けるのに働かないと生活ができない。うーむ、人生設計のバグ。


生涯働きたい人は働けばいい。でも、生涯働かなければ生活できないような社会は嫌だ。年金を払っていない人はともかく、ちゃんと満額払ってきた人には、定年後は年金と貯金で安心して暮らせる社会にしてほしいです。


映画『グッバイ・クルエル・ワールド』感想

弱い者たちが夕暮れ さらに弱い者を叩く


映画『グッバイ・クルエル・ワールド』を見ました。
happinet-phantom.com
前情報何もなしで見ました。


面白かったのですが、何だか感想の言葉が出てこないな。何でだろ。
この作品は「搾取される側」「やり直したい側」がヤクザの金を奪って起死回生を狙うも、結局は搾取される側の中で叩き合いを行うという、下克上ややり直しなんて無理、組織や偉い人はずっとそのままという世の現実、不条理を描いた作品なのでしょうが、それが見ているうちに感じられなかったんですよね。私の感性の鈍さが原因かもしれないけど。


オープニングの夜の街を走るアメ車。あー、映画見ているなーという安心感と贅沢感のあるショットでした。で、仲良しではないことや一枚岩のチームではないことを会話だけで描きつつ、強奪作戦開始。ここの会話だけでキャラ紹介や関係性を描く手法は上手かった。揃いのつなぎや目出し帽は、あんなコスプレセット買ったら足が付いちゃうよと思いつつ、タランティーノ映画をやるなら会話劇と併せて必須アイテムですもんね!と思いながら見ていました。


その後いろいろあって宮沢氷魚玉城ティナがボニー&クライド、もしくは『パルプフィクション』のパンプキンとハニーバニーになって復讐を行う。いきなり散弾銃渡されてあんなにしっかり撃てるもんかな。
ここで、「お前たちは使い捨てにされたんだよ。復讐したくないか?」などと乗せられて行動するか、もしくはヤクザに脅されて仕方なくやるか、どっちかにしてほしかったです。あまり明確な動機がなく、何となく復讐に至った感じ。
この動機の部分で「結局は下の下の中での諍い」がきちんと描けると思うのですが。


ラスト、「もう疲れたよ」という二人に対して銃声が一発だけ鳴り響きます。これは西島秀俊を撃ったのでしょう。大森南朋も行き場がないため、今後どうするんだろ。


R15+作品のため、どれほどのバイオレンス・エロス描写があるかと期待していましたが、銃は撃って血は出るけどグロい表現はなかったですね。内蔵や骨は出なかった。あと、おっぱいはまったく出ないのね。残念。
クライマックスのガソリンスタンドの爆発シーン、あれって実際の炎?あそこはすごかった!!よくぞ燃やした!
あと、本作は躊躇なくガラスを割るシーンが何度も出てきてよかった。ちゃんとやることはやります!という気合いを感じた。


ただ、最初に書いたようにカタルシスはあまりなく、終わった後に、「で、何の話だったっけ?」と思う作品でした。
私、この監督だと毎回こういう感想になるんですよ。たぶん相性がよくない。
ese.hatenablog.com
ese.hatenablog.com


タイトルの『グッバイ・クルエル・ワールド』は直訳で「さよなら残酷な世界」ですが、「狂える」にもかかっているのでしょう。そして「グッバイ」は、やり直そうとしても上手くいかなかった本作の登場人物たちの自分の人生に「グッバイ」なのでしょう。


では、俳優の感想。
西島秀俊
いい人すぎる。元ヤクザ感ゼロ。もう少し「たまに見える怖さ」が必要。
あと、途中で大森南朋との取り調べシーンがあるのですが、数年前のシーンなのに二人とも現在とまったく同じ。せめて髪型や髭くらい変化つけてよー。
斎藤工
斎藤工はイケメンすぎるからこういう汚れ役をやりたがるけど、いつ見ても斎藤工なんだよなー。イケメンすぎるからなのか、イケボイスすぎるからなのか。ある意味、俳優として損ですよね。
宮沢氷魚
相変わらず韓国イケメンみたいな宮沢氷魚。あんまり印象ない。途中大森南朋を刺すところ、ラスト玉城ティナが死ぬところの心の動きが私には読み取れなかった。
玉城ティナ
記号みたいな役と演技。タバコも咥えているだけ。肺まで吸わんかい。
あんな重傷負ったのにすぐ回復しすぎ。その後撃たれたのに平気すぎ。
そもそも、ラブホ襲撃に彼女いる?宝石店襲撃に彼女いる?宝石店で大けが負わせて残していく?リスクしかないだろ。途中で心を失って復讐マシーンになるのもよく分からなかった。その先、どうするつもりだったの?
宮川大輔
宮川大輔っぽい役だった!なぜ玉城ティナの彼氏なのか、そこは不明。
大森南朋
大森南朋っぽい役だった!刑事としてのシーンゼロだけどいいのかな。ラスト『SAW』みたいに生きていたけど、あんなに深く背中刺されて(包丁が刺さったまま背中の肉に残るほど)病院行かずに「イテテ…」で済むの?この世界の人、痛みに強すぎ。
三浦友和
さすがの三浦友和。ここ数年、普通の人を演じてないんじゃない?ラストは理不尽に殺されてかわいそう。
●奥野瑛太
チンピラ演技No.1!Wikipediaを見たら私の見た映画にたくさん出ていたので、それらでも素晴らしいチンピラ演技を見せてくれたのでしょう。素晴らしかった。そのものだった。


映画『ブレット・トレイン』感想

「荒唐無稽」の許容範囲


映画『ブレット・トレイン』を見てきました。
www.bullettrain-movie.jp
原作も読んでいます。


予告編を見ると原作とだいぶ違う感じ。まあ、ハリウッドでブラピ主演でデヴィッド・リーチ監督作品なら、同じにならないよね。それはそれ、これはこれで別ものとして面白い作品になっていればいいや。


感想は…難しい。映画として素晴らしくはないけど、嫌いじゃない。


ハリウッドが日本を撮るとき、忍者侍芸者という過剰日本になるか、アジアの別の国と混同しているか、アニメカワイイカルチャーニッポンになるかのどれかになりがち。本作は目的地が京都ということもあって過剰日本でもあり、乗客は日本人のつもりでアジア人(日本人が見ると差異は分かるもの)だったり、東京オリンピックのキャラクターみたいな着ぐるみが出てきたりと、全部の要素が盛り込まれていましたね。さらに夜のネオン街は『ブレードランナー』のイメージ(雨が降っていないのでそこまであからさまではないけど)もあり。
私、こういう「間違った日本描写」は嫌いではないんです。トンデモニッポン、見ていて楽しい。それがお話の本筋に関わる描写だと不愉快になるけど、単なる映像描写だと笑って見ていられる。


この作品の良し悪しを決めるポイントは、この荒唐無稽な設定をどこまで「あり」とするか、だと思います。許容範囲が広ければ楽しんで見ることができる。「そりゃないぜ」が多くなると真面目に見ていられない。


この「日本ぽいけど日本じゃないどこか」という映像により、今後の各種ツッコミどころを無効化してくれています。新幹線内であんなに激しいアクションして乗務員スルーかよ。日本のヤクザ、英語堪能すぎない?扉壊れているのにそのまま走るの?外から新幹線のガラスが素手で割れるの(指輪していたとしても)?夜に出発して2時間ちょいしか経っていないのに京都では朝なの?
その辺のリアリティラインを下げてくれる働きが、あのトンデモニッポンにはありました。


檸檬と蜜柑(レモンとタンジェリン)の二人はとてもよかったのですが、彼らの会話シーンがあまり上手くないように感じました。いちいちカット割らずに引きでしゃべっているところを撮っていればいいのに。タランティーノの方が上手い。
ヘビが何度も意味ありげに登場するのに実際は何にも物語上の効果をもたらさないなら、出す必要ないのでは。
王子(プリンス)の天才さと運の良さをもっと強調してほしかった。レディバグとの対比として。そしてそれを懲らしめる木村パパ、という決着がよかったなー。そこがカタルシスなのに。
ラスボス白い死神(ホワイトデス)は原作にはいないキャラクター。実際は峰岸の役なんですが、日本人をキャスティングできないため外国人に変える、そのための脚本、でしたな。


クライマックス以降のトンデモ展開は、ちょっと冷めた。いくら何でも素人が新幹線を運転出来ないだろ。正面衝突しないだろ。日本の鉄道安全技術なめんなよ。
木村は腹を撃たれたのに軽傷すぎるだろ。
クライマックス前の生存者で作戦会議をする場面で、きちんと作戦を立ててチームになり、最初はそれが上手くいって、しかし肝心なところでレディバグの不運があり、ラストではその不運が逆にラッキーに転じる、みたいな展開がよかったなー。


伊坂幸太郎作品の特徴として「ラストでこれまでの要素が収束する」がありまして、本作もそういう構造だったのですが、映画では原作と違い「白い死神が殺し屋達を集めていた」というのが「要素の収束」に該当していて、でもそれってそんなに重要でなくない?「なぜこんなに殺し屋があつまっているんだろう」は、物語上の謎ではなく、物語上の要請(そうしないとお話が成り立たない)でしかないので、「だからかー!」とはならないんだよなー。


展開として、
●「やっと駅下りられる→不運で下りられない」を繰り返すこと(そのたびに「次は○○駅」とかでシーン区切りをつけるなど)で、その間にひとつずつ話が進むこと(新たなキャラクターが出てきたり誰か死んだり)。
●上にも書きましたが、プリンスの天才性と運の良さを強調して、プリンス憎らしい!と観客に思わせること。
●レモンとタンジェリンを魅力的に描くこと(これはできていた!)。
などがあって、プリンスを木村パパがやっつけるというカタルシスに導くのがいいと思うんだよなー。プリンスを「誰よりも悪く、誰よりも賢く、誰よりも運がいい」というキャラにすることにより、ラスボスとしての価値が高まると思うんだよなー。
白い死神は「プリンスを倒して一安心と思ったのに!」という二段仕込みのラスボス扱いで、レディバグの不運の結果として死ぬ(ブリーフケースの爆発やプリンスの銃)でいいと思うんだよなー。


と批判ポイントばかり書きましたが、伊坂幸太郎ファンであることと本作の期待値をグッと下げて見たため、そんな悪い感想ではありません。あくまでB級作品。
ただ、原作を知らない人や伊坂幸太郎ファンでない人が見たらどうなのかなー。


2022年8月ツイートまとめ