やりやすいことから少しずつ

好きだと言えないくせして子供みたいに死ぬほど言ってもらいたがってる

みんな、音なんて聴いてない。

音の話をしているのはオタクだけ


このツイートを見まして、思うことがあるので書く。


このツイートに反対というわけではありません。そして私はまだこのアルバムを聴いていません。どれだけ音圧がショボいのかも分かりません。
「(この音が)世間で許容されてるのはちょっと信じがたい」とありますが、世間はそんなもんです。音なんて聴いていません。では何を聴いているかというと、歌詞とメロディです。それだけ。


私は中高生時代に尾崎豊浜田省吾を熱心に聴いていたのですが、大学に入って洋楽に目覚め、同時に中高生時代に聴いていた邦楽ロックが恥ずかしくなり、ずっと聴かずに過ごしていました。
そして数年後、とっても久しぶりに聴いた尾崎豊は、とってもドンシャリ(低音と高音が強調されたミックス)な音でエレキギターがやけに主張しておりスネアにはリバーブがたっぷりかかっていました。
あれ?こんな音だったっけ?
中高生時代に聴いていた尾崎豊ではありませんでした。歌詞やベタなコード進行の恥ずかしさ(この青さを良しと思っていた若かりし自分よ!という自意識)もありますが、単純にサウンドの聞こえ方にびっくり。
こんな音だったっけ?
当時は歌詞やメロディしか聴いていなかったのです。イントロのギターやピアノは覚えていても、それはイントロのメロディを覚えているだけで、音色(おんしょく)・音圧・バランス・ミックスなどはまったく気にしたことがなかったのです。


でも、一般の人はそれが普通ですよね。
以前友達と車に乗っていて「このドラム、80年代っぽいな!」とか言っていたら「ドラムの音なんて誰も聴いてないよ」と言われたこともあります。
そうですよね。普通の人はドラムのリバーブとかスネアの音とかギターのエフェクターとか、気にしないですよね。
アジカンゴッチが「もっとローを出したい!」と切望しても、リスナーはほぼ気づきません。それ以前にその音を再生できる環境がない人がほとんどでしょう。


ただ、これは「どうせ誰も気づかないんだから音圧なんて意味ない」という話ではありません。作り手は最上の音を目指すべきだし、その音を求めている人やそのこだわりに気づく人も確実にいます。その流れが主流の音作りを変えていくようになるでしょう。
しかし、ほとんどの人は何も気づかないし気にもしないでしょう。悲しいけど、これが現実。
ついでに、音楽雑誌を毎月買っていたという話をしたら、「音楽の、雑誌を、買う…?」「音楽の雑誌なんて買ったことない」「音楽雑誌の売り場に立ち寄ったこともない」と言われたこともあります。音楽はみんなが聴くけど、熱心に音楽を聴く人なんて少数派なのかなー。


映画『新感染半島 ファイナル・ステージ』感想

続編ではなかった


映画『新感染半島 ファイナル・ステージ』を見てきました。公式サイト↓
gaga.ne.jp
前作の感想はこちら↓
ese.hatenablog.com


前作がとても面白かったので今作も期待!しかし、全然違う作品になっていました…。
(以下、ネタバレあります)


前作から4年、崩壊した韓国に戻って大金の入ったトラックを奪ってくるミッション。参加するのは「自分が生き残るために他人を見捨てた自暴自棄な主人公」「その姉の夫」「元タクシー運転手のおばさん」「素性分からずすぐ死ぬ男」の4人。なぜこの4人なのかは一切説明がなく、何となく修羅の国へ出発(ゴムボートで漕ぎ出す感じが『北斗の拳』に見えた)。


上陸した崩壊韓国は『バイオハザード』の世界。ゾンビはゲーム中のザコ敵キャラでしかなく、簡単に倒していく。
とはいえピンチにならないと盛り上がらないのでピンチになると、『ワイルドスピード』が始まりました。セットとCGの中でCGの車がCGのゾンビをなぎ倒していく。どれだけゾンビを轢き殺そうとどれだけ体当たりを食らわせようと、なぜか車は超頑丈でまったく壊れません。バンパーもシャーシも無傷のまま。
後半の車での追いかけっこは『マッドマックス』ですね。崩壊した韓国でどうやってあんな改造車を作ったのか。もうこの辺になるとそういうリアリティラインは何も感じなくなっています。


途中、631部隊という荒くれ集団が出てくるのですが、こいつら4年間崩壊した韓国でどうやって生き延びているの?略奪だけでは生きていけないでしょ。どうやって組織を成立させているの?
ゾンビと捕虜の「追いかけっこ」で楽しんでいるけど、ゾンビなんて毎日見ているんだから楽しくなんかないでしょ。『カイジ』かよ。
賭けをしているようですが、この世界にカネなど何の意味もないでしょう。
f:id:ese19731107:20210115180331j:plain


後半、①主人公と途中出会った家族②ソ大尉③631部隊の追いかけっこになるのですが、631部隊はトラックに大金が積んであることを知らないので、追いかける動機が分かりません。単に「俺たちの邪魔をする奴は皆殺しだー」ということかもしれませんが、ノレない。631部隊もこの大金の話を知って、半島を脱出できるチャンスとして動くのであれば動機としては強いものになるし物語のベクトルとして1本にまとまって推進力も増すのに。


631部隊を全員退治したぜー、からのソ大尉突然横から登場!はよかったです。その後船で「完全に撃ち殺されてからの復讐」はさすがに無理があるだろ。あれだけ何発も撃たれていたら即死だって。どうしてもトラックを動かしたいなら「死んだはずみでアクセルに足が」「ブレーキが故障」などだったらまだ許せるけど。


国連が助けに来てからのラストのお涙頂戴タイムが長い!
自殺をしようとしてから引き金を引くまでが長い。足を撃たれている女性があんなに戦えるかよ。あんなに走れるかよ。助け出すところにももうひとつロジックがほしかったなー。そしてスローモーションはいらない。余計冷める。『踊る大捜査線』かよ。


ゾンビ映画ではありませんでした。アクション娯楽作でした。残念。続編関係ないので単品だと思えばまた違う感想なのかなー。それでもB級ホラーアクションの域を出ないよなー。
あと、オープニングの「日本が寄港を許可しなかったので香港に行き先変更」は入れる必要全然ないし、631部隊は旧日本軍の731部隊が元ネタなんだろうけど、こういう無意味な嫌日本要素、いる?ノイズにしかならないよ。残念。
●主演:アンジャッシュ渡部
●敵役:エハラマサヒロ
●車の運転が上手い少女:平野美宇(卓球の人)
●ソ大尉:DJ松永
でお送りしました。


2020年12月ツイートまとめ

2020年を振り返る

私は運がいい


毎年ラストに書くこの記事。ここ数年は「特に変わったこともなく…」と書いていましたが、今年はめちゃめちゃ変わりましたね。コロナと結婚。
去年の記事を読み返すと「来年もどうせ何もないけど」なんて書いていますが、昨年末時点で結婚は決まっており、何をスカしてやがるんだこいつはって感じですね。「情報解禁までしらを切る」みたいなことしてんじゃねーよ。すみません。


全体まとめ


ツイートにも書いたとおり、ライブと映画が激減です。
RHYMESTERの埼玉公演と飲みーティングは1月。このときはまだ平和でした。さまぁ~ずの舞台は3月23日。Perfumeのライブ中止が2月26日、政府の緊急事態宣言が4月7日ですから、もうギリギリの状況でした。
ese.hatenablog.com
きちんと対策したおかげもあり、ここから発症者が出ることはありませんでした。
本当は3月28日にRHYMESTERの「クラシックス総選挙」の予定があったのですが、中止。4月以降のライブ・舞台は全部中止。
もしまだ独り者だったら、今年は本当に何もない、何もすることのない、何も楽しみのない1年になってしまいましたね。


音楽
もうダメだ。新しい音楽に接していません。この作品が素晴らしかった!この新人が素晴らしかった!とか言えません。
TSUTAYAに行ってももうレンタルCDの新譜なんてほとんど置いてないし、いよいよストリーミングでないと音楽を聴くことができない状況になってきました。
みなさん、どうやって聴いているのですか?スマホをスピーカーにつなげているの?車ではどうすればいいの?どなたか教えてください。
今年は最優秀アルバム米津玄師『STRAY SHEEP』、新人賞藤井風『HELP EVER HURT NEVER』とその後の新曲、くらいかなー。


サブスク・ストリーミング
もう数年前からこれなしでは現代のコンテンツを語ることが(「語る」以前に「接する」ことすら)できない状況ですが、私、まだ何もやっていません。Spotifyの無料会員だけ。
音楽はリスニング環境をどうすればいいのかよく分からないのでやっていません。家はともかく、車でデータ容量気にせずいい音で聴けるようになるなら始めたいと思います。どなたか教えてください。
NetflixAmazonプライムなどは、「見たいけど時間がない」がネックになっています。現在のテレビ番組の毎週録画でさえ追いついていない現状で、さらに新しいサービスに加入したところでいつ見るんだって話です。レンタルDVDが不要になるからそれでいいのか。
また、上の二つに加えてDisney+もありまして、どれに入ればいいのか分からない。それぞれオリジナルコンテンツがあり、どれかを見たいと思うならそれぞれに入らなければならない。いやー、さすがにそこまで見る時間ないわ。
というところでまた振り出しに戻る。みなさん、アドバイスください。


映画
今年は映画館で見た作品は10本。『パラサイト』『フォードvsフェラーリ』『はちどり』『AKIRA(4Kバージョン)』『マザー』『TENET(2回見た)』『星の子』『望み』『罪の声』『鬼滅の刃』です。
正直、めちゃめちゃ面白かった!は『パラサイト』のみ。そして見た本数も少ないので、ベスト10など決められません。
大作は軒並み延期。コロナが怖いから映画館に行かないのではなく、見たい作品がないから行かない。
欧米はワクチン接種を開始したとはいえ、コロナ収束にはほど遠い状況です。これでは来年になってもさらなる延期になるだけかもしれません。それ以前にディズニーとワーナーはダイレクト配信で劇場を通さなくなりますからね。うーむ、何とかならないかしら。『007』、見たいよー。


新型コロナウイルス
今年はこれに尽きますね。すべてストップ。何もできない。
ようやくワクチンが完成し徐々に接種が始まっていますが、日本はまだ。来年になって始まったとしても、効果が出る(大勢の人が接種済になる)のはずいぶん先でしょうから、現在のような「いろいろ控える」「イベントやるにしても各種制限」は来年いっぱいくらいは続くのではないかしら。
せめて効果的な治療薬ができれば新型コロナウィルスを現在の感染症2類から5類に下げることができ、コロナ専用病床が必要なくなり医療崩壊を防ぐことができるのですが、そういう話は全然聞きませんね。風邪もインフルエンザも、対症療法(症状を抑える)しかなくそのものを治す薬なんてないので、新型コロナも難しいのかなー。
また、新型コロナによって社会が分断されていくのも辛いなー。「コロナはただの風邪」は論外ですが、旅行は悪なのか、すべて止めるべきなのか、経済を回すことは必要なのか。それぞれの立場や視点でそれぞれの意見があり、なかなか一枚岩にはなれません。
個人的に分からないのは、どうやって感染しているのか。今の時代、みんなマスク手洗いしているでしょ?それなのにどうしてこんなに感染拡大するのでしょうか。家庭内感染は防ぎようがないので仕方ないとして、外でどうやって感染しちゃうの?
結局、飲み会?
まあ、どんな状況であれ、私たちがやることはもう分かっていますよね。手洗いマスク3密を防ぐ、これだけ。政府を批判しても、また政府が素晴らしい対策をしても、これをやるしかない。これをみんながやらない限り、いつまで経っても感染は収まりません。
あーあ、ライブハウスに行きたいなあ。
ese.hatenablog.com
ese.hatenablog.com



結婚
今年はこれ。新型コロナウィルスにより何もなくなった今年、独りだったらどんなにつまんない1年だったか。
3月に結婚して4月に一緒に住んでもうすぐ1年。今のところ、順調です。
結婚式は8月末、新婚旅行は10月末にしたのですが、今から思えば何とちょうどいいタイミングだったのか。もっと早い結婚式だったらできないし、もっと遅い新婚旅行だったら行けなかった。持ってるぜ、俺たち。
自分は結婚しない(できない)ものだと思っていて、それでもいい(いいわけではないが、諦めとして)と思っていましたが、実際結婚したら心が軽くなったのは事実です。
結婚していないことに対して後ろめたいとか恥ずかしいとか劣っているとか、そんなことは思っていないと思っていたのに、少しは思っていたようです。そうかー、私もそんな奴だったんだなー。
それでも、やはり結婚してよかったです。親や親戚はもちろん友達や職場のみなさんまで、みんなに祝ってもらうなんてこと、他にはなかなかないですよ。
奥さん、来年以降もよろしくお願いします。


過去の振り返り記事。
ese.hatenablog.com
ese.hatenablog.com
ese.hatenablog.com
ese.hatenablog.com


ジュディマリは、今でも売れる

TAKUYAの物語


ものすごく久しぶりにJUDY AND MARYを聴いたらとても良くて語りたい。深い内容は何もなくてTwitterでつぶやくレベルなのですが、長くなるからこっちに書く。「ジュディマリ論」なんてものではなく、ジュディマリってここがすごいよねーというファンの独り言です。


ジュディマリは、ポップだ。
曲もポップだし見た目・存在もポップだ。これは売れる。


そもそも曲がいい。ポップでキャッチーなグッドメロディ。メインコンポーザーが二人いるので曲のバリエーションも多くなる。さらにドラム五十嵐さんだって『散歩道』のような名曲も書けるんだから鬼に金棒猫に小判
YUKIのボーカルがいい。ポップでキャッチーな華のある声。ビブラートに頼らずまっすぐ声を出す発生方法なのに上手いということは、声質がいいということ。ああいうトレブル高めの声(声の高い部分が強い)なのに痛くない音というのは、倍音成分が多いので聴いていて気持ちいい。『motto』なんて、ビブラート頼りの歌手が歌ったら勢いもポップさも生まれない。
そして、4人のキャラもいい。YUKIちゃんの可愛さは異常(そして今でもまだ可愛い)だし、TAKUYAのやんちゃなお兄ちゃん感、恩田さんの見た目のキャッチーさ(そりゃダウンタウンは最初に彼に目を付けるよな)、五十嵐さんのいい人感。
これは売れる。


今はこういうポップなバンドいないし、こういう強いメロディを書ける人もいない。今ジュディマリがデビューしても絶対に売れる。歌詞だけ90年代感あるけど。


曲はポップでキャッチーなのですが、よく聴くとTAKUYAのギターはおかしい。4人バンド(ギター1本)なのにTAKUYAはコードをあまり弾かず、かといってアルペジオでもなく、めちゃくちゃ自由なフレーズを弾いているのです。
ドラムとベースの土台がしっかりしているのとYUKIの声が強いのでポップさを保っていますが、冷静に聴くと本当におかしい。『motto』のイントロなんて、よくあんなギターの上で歌えるな!『Brand New Wave Upper Ground』のあえて外した不協和音のフレーズとか。
ギターがもう一人いるとかキーボードがいるとかならともかく、ギター1本でやるアレンジじゃない。それでも成立させているのがこのバンドのすごさ。


ジュディマリ解散の理由はいろいろ語られていますが、表層的な出来事だけではなく当事者でないと分からないことも多いでしょうから、私の下手な推測はしません。
それでもひとついえるのは、TAKUYAの成長が大きかったんだろうなーということ。
以前はTAKUYAと両輪だった恩田さんの曲は、4枚目『POP LIFE』ではわずか1曲、ラストアルバム『WARP』ではついに0になってしまいました。
さらに、『POP LIFE』までは「編曲:JUDY AND MARY」だったのが、『WARP』では「編曲:TAKUYA」になっています。恩田さんが作り、恩田さんがリーダーだったバンドは、TAKUYAのバンドになってしまいました。
つまり、JUDY AND MARYというバンドの成長と解散は、TAKUYAの物語だったのではないでしょうか。


いや、そんな大きな話にしたいわけではありません。ジュディマリって、今でも売れるよね。今聴いてもやっぱり名曲だらけだよね。これ聴くとバンドやりたくなるよね。YUKIの声は強くて可愛いし、バンドサウンドは自由だけどポップだよね。ジュディマリって、言いバンドだったよね。
そういうことを書きたかったのです。


The Great Escape

The Great Escape

  • アーティスト:JUDY AND MARY
  • 発売日: 2001/05/23
  • メディア: CD