やりやすいことから少しずつ

好きだと言えないくせして子供みたいに死ぬほど言ってもらいたがってる

映画『護られなかった者たちへ』 感想

映画の評価はできない


映画『護られなかった者たちへ』を見てきました。公式サイト↓
movies.shochiku.co.jp
f:id:ese19731107:20211002110508j:plain
作品の前情報を何も入れずに見たら、このお話、生活保護が大きく関わっているのですね。私、今年度から生活保護の仕事をしているので、その描き方が気になって作品そのものの良し悪しを判断することができなくなりました。


(以下、ネタバレあります)


オープニングは震災直後の避難所(小学校)の場面。ここの映像が素晴らしい。あの瓦礫の山、全部作り物ですか?美術スタッフの仕事、素晴らしい!
佐藤健の目つきは素晴らしいのですが、避難生活中でも眉毛が整いすぎていて、そこが気になりました。それに対し、阿部寛は眉毛も髭も白髪も全部整えなし。それでもこれだけカッコいいんだからすごいなー。


物語としては、分かりやすいミスリードと分かりやすい意外な犯人。佐藤健と見せかけてー、とくれば、犯人は清原果耶さんしかいないですよね。
でも、無理でしょ。いくらスタンガンがあったとしても、女性一人で男性を拉致監禁できるか?いくら住人が誰もいないアパートで猿ぐつわされていても、周囲に気づかれないなんてことある?陸の孤島に建っているんじゃないんだから。そもそも、そのアパートはなぜ鍵が開いていたのか?
という物理的な問題と、動機もよく分からない。
おばあさんが亡くなったのは福祉事務所のせいだとしても、殺すかね?償わせるとか謝らせるとかではなく、殺すかね?生活保護制度に対する問題提起だとしても、殺すかね?それこそ一緒に働いている今の同僚に申し訳ないと思わないかな。
クライマックスの襖に書かれた「おかえりなさい」の文字、そんなにぐっとくる?かんちゃん(清原果耶)はずっと地元にいたんですよね?高校生の頃にも会っているし。何がそんなに決定的な一言だったのか、分かりませんでした。


東日本大震災生活保護は、物語のミステリーとしての材料に過ぎなかったのでは。


エンディング曲は桑田佳祐『月光の聖者達』。
www.youtube.com
これはビートルズに心躍らせていた昔の自分を思い起こすという曲ですが、歌詞全体を見るとこの作品に合っていますね!


さて、生活保護について。
そもそもこういう作品で生活保護が取り上げられると、いつも「不正受給」が描かれますよね。でもね、不正受給なんてほぼないの。
yomidr.yomiuri.co.jp
保護受給世帯の内、金額ベースで0.45%、世帯数ベースで2.7%です。そもそも生活保護の受給件数は世帯全体の1.69%です。
f:id:ese19731107:20211006215901p:plain
その中の0.45%であり2.7%ですよ。ほぼゼロじゃないですか。それなら、ことさらに不正受給を取り上げるのではなく、真に困っている人がなかなか受けられない、世間の偏見により差別を受けている、などをもっと描いた方がよかったと思います。
千原せいじステレオタイプな描き方はいいとしても(実際、ああいう不正受給って、どうやって成立させているんだろ?)、娘の塾費用のために黙って働いていたというのは、「働いたら保護費が減らさせる」ではなく「働けば控除が利くので手取りが増えますよ」というプラスのメッセージで描いてほしかったです。


劇中で、永山瑛太演じる福祉事務所職員が扶養照会を渋るけいさん(倍賞美津子)に保護の辞退届を書かせる場面があります。これは「水際作戦」といい、保護申請希望者に対しいろいろ注文をつけたりして保護の申請を受けない事務所のやり方をいいます。この水際作戦はあってはならないことなのです。申請者は全員受ける、その上で保護必要な人は保護を開始する。これが正規のやり方です。受けたくないから、面倒だから、忙しいからといって申請を(実質的に)拒むことはしてはならないやり方なのです。
特にこの場合は、けいさんは保護を受けなければどうやって生活していくのですか?その後の生活の見通しもないまま辞退受理なんてしてはいけません。扶養照会の保留などで、まずは目の前の命を、目の前の生活を助けなければならないのです。
※「扶養照会」とは、保護申請者・受給者の親族に支援ができないかを問う手紙を出すことです。親族は「できる範囲内で」支援なので、もちろん支援「しなければならない」ではありません。実際は「精神的支援(緊急時の連絡先など)は可、金銭的支援(仕送りなど)は不可」という場合がほとんどです。返信がないことも多いです。
というわけで、金銭的支援をしてくれることなんてまれ(というかほぼゼロ。だって、支援してくれる関係性があれば既にしているはずですから)なので、扶養照会って個人的にはやる必要ないと思っています。もちろん本人だって親族に知られたくないと思っている場合が多いし。その結果、2021年3月に扶養照会は積極的にやらなくてもよいと制度運用の変更が行われました。


話を映画に戻す。
この場面は数年前の設定なので、扶養照会は今よりもまだデフォルトで行われていました(もちろんこの時代だって福祉事務所により温度差はあります)。そこで瑛太の言っていた「原理原則に則って」というのは、間違っていません。扶養照会は絶対にやるんだ、と。
それでもやっぱりその運用は厳しすぎるなと思うのですが、当時震災の影響で被災地からこの地区に人がたくさん避難してきて、保護申請がたくさん行われており、さらに瑛太は倒れた墓石の復旧作業まで自主的にやっていました。そんな過酷な環境の中であれば、瑛太の対応は悪い!と一刀両断するのはちょっと可哀相だな、とも思うのです。
組織としてマンパワーが圧倒的に足りない。その中でどうやって仕事をしていくか。その結果としての「原理原則」であれば、そこまで責められたものではないな、と同情してしまうのです。
作品としてのバランスが上手い。


「声をあげてください」というメッセージは正しいけど、あの犯罪が仕方ないとはどうしても思えないし、その凶行がもたらす影響は「声をあげてください」に追い風になるとは思えないのです。
清原果耶とは別にもうひとり、不条理な思いをしている人を登場させて、その人が凶行に走る。清原果耶と佐藤健がそれを止めようとする、の方がよいのでは。無理解が引き起こす悲劇として。
本作だと「いじわるな生活保護担当が殺された。殺されるのは可哀相だけど殺される側にも理由があった」という作りに見えてしまいます。そうではなくて「生活保護すべき人を見捨てたように見えるが、福祉事務所側にも理由があった」のです。


この作品で生活保護の何かが分かるとは思いませんが、こういうエンタメ作品で取り上げられることは意味がある。実際保護が必要な人は映画なんて見ている余裕はないと思いますが、SNSなどで広まってほしい。そして手をあげてほしい。声をあげてほしい。届きます。拾います。掴みます。


瀬々敬久監督の他の作品の感想↓
ese.hatenablog.com
『64』も見たけどそちらはハマらなかった。


映画『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』 感想

物語だけでなく、映画も大団円を…


映画『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』を見てきました。
f:id:ese19731107:20211003143443j:plain
やっと、やっと公開!私は特別『007』ファンというわけではありませんが、それでも待ちに待った超大作。めちゃめちゃお金を掛けた映画を大画面で見る愉悦、たまりませんね。


前作でダニエル・クレイグ卒業っぽかったけど、続投。さて、この延長戦、どう決着させる?
感想。「いろいろ思うところはあるが、面白かったよ!ダニエル・クレイグ、お疲れさま!」


(以下、ネタバレあります)


予告編で散々見てきた「アストン・マーチンぐるぐるファイヤー」と「バイクで下からびよーん」は、オープニングアクションだったのね!アがるぜ!まきびし、スモーク、ライトから銃のクラシカルな武器もよい!
キューバのパーティー会場でのガンアクションは、パロマ役のアナ・デ・アルマスに釘付け。アナちゃん可愛いよー。
f:id:ese19731107:20211004212650j:plain
あのドレスってどういう構造になってるの?胸の部分は両面テープで留めているの?
ese.hatenablog.com
彼女のことはここでもべた褒めしております。可愛い。アクション自体は、ああいう場面だと主人公に弾は当たらないし敵には当たるので特にいうことはない。


本作のメインボンドガールであるマドレーヌを演じているレア・セドゥも可愛い。ちょっとムチムチな感じがよい。たまに3時のヒロイン福田さんに見える瞬間もありましたが。
ボンドとマドレーヌが列車で別れる際、マドレーヌがさりげなくお腹を触る仕草で「もしや…?」と思わせる演出もよかったです。


ランクルvsレンジローバーの戦いは、子供が車内にいるので安心してハラハラできなかった。ボンドも敵ももっと激しくやり合ってもいいのに、ちょっと抑えめ。
クライマックスの階段でのワンカット長回し(風なのかもしれんが)はいい!階段の狭さと立体感は画面映えするしアクション映えもする。
ラストのボンドの表情や「自分が犠牲になって世界を救った」が分かるベタな描き方もよかった。
そしてエンディングでのマドレーヌからの「ボンド、ジェームズ・ボンド」の決めぜりふもよかったよ!


と、全体としては褒めなのですが、むむむと思う部分も少なくない。
パロマのシーン、彼女の登場はあそこだけなら彼女いらないよね?新007のノーミとタッグで戦えばいい。
ブロフェルドが義眼で組織を操っていましたって、MI6はザルですか?電波も通すし身体検査もしないし。いくら狂人のふりとはいえ、それだけで組織に指示を出せないでしょ。


そして最大のむむむは、本作のヴィランサフィンです。
敵のアジトが日本風味なのはいい。サフィンの服装が上品な作務衣みたいなのもいい。しかしボンドの土下座はイマイチでした。まず、フォームが美しくない。プライドが折られてない。屈辱感が足りない。土下座の美学が足りない。
まあ、そこはいいや。クライマックスで船に乗り脱出したはずのサフィンがなぜか戻ってきて対決。なぜ戻ってきた。ボンドに「愛する人に二度と触れられない呪い」を振りかけるのはいいけど、それでサフィンは何か得た?サフィンにとっての「勝ち」とは何だったんだろ。
スペクターの組織の上にいる存在とか、ブロフェルドを引き継ぐとか、『007』全体とリンクする立ち位置だとよかったのになー。


ラストのボンドの死に様はとてもよかったのですが、そこに至る部分でむむむがあります。
ミサイルを防ぐための防御壁を開けるためにシステムを動かす。うーむ、そもそも防御壁なんだから、何で開く設計になってるの?その下にミサイル発射台とかあるから開閉装置が必要とか、何か理屈づけありました?
まあいい。やっと開けたボンド。しかしなぜか再び閉まる!戻ってもう一度開けるボンド。このシステム、そんなアナログなの?あのデカいレバーをぐいっとやるだけ?そもそも一度閉まりかけたのはなぜ?サフィンが閉めたの?


なーんか、脚本がちぐはぐなんだよなー。点と点、場面と場面は面白いのに、つながりがおかしい。と思ってネットを徘徊したら、制作に当たっていろいろトラブルがあったのね。こんなビッグバジェットなのにこの杜撰さ。逆にデカい話だから口を出す人数も多くなってこうなっちゃうのかな。
それでも、ラストのボンドの死に様からのエンディングで「きちんと終わった感」があり、満足できました。


クレイグボンド、お疲れさまでした。次のボンドは誰かなー。長く続けられるように若い人がいいなー。


2021年9月ツイートまとめ

桑田佳祐にインタビューしたい

大里さんに届け


桑田佳祐にインタビューしたい。いや、正確にいうとインタビューなんて畏れ多い。きっと実物を目の前にしたら何も言えない。質問事項をご本人に渡していただいて、ファンクラブ会報などで回答してもらいたい。
というわけで、訊きたいことを書いていきます。何とかご本人に届け。もしくは大里会長に届け。


サザンオールスターズはデビューからずっと売れ続けていますが、どのタイミングで「サザンは国民的バンドなんだな」と腹をくくるようになりましたか。
私の個人的な見立ては『TSUNAMI』の大ヒット以降です。


②原坊の産休でサザンオールスターズが活動休止になりKUWATA BANDが始まるわけですが、ドラムはサザンと同じく松田さんにした理由は?


③『NIPPON NO ROCK BAND』はアメリカでも売ってやるぜ!という野望はあったのでしょうか。


④大森さん卒業後、サザンのメンバー写真は大森さんの写真を使わないように編集・トリミングされていますが、大森さんがいた時代の写真まで編集する理由を教えてください。


⑤『01MESSENGER 〜電子狂の詩〜』~『PARADISE』『イエローマン 〜星の王子様〜』の頃は、新しいサザンを作るぜ!というような気持ちがあったのでしょうか。


⑥『がらくた』当時のインタビューで

日本のポップスには「フォーエバー」に逃げちゃいけない局面が絶対にあると、最近すごく思うんですよ。

という発言をしていて、確かに『がらくた』は日本語で勝負していると感じる歌詞が多かったですが、今回のEPはいわゆる「サザン英語」が頻出しています。これは、曲調から意味よりも音を重視したためでしょうか。当時と考えが変わったのでしょうか。


⑦最近のJ-POPは米津玄師や星野源など、複雑なコードを使うミュージシャンが多くいますが、桑田さんは複雑なコードを使うことは少ない印象があります。最近のこの風潮についてどう思うのか、自身のコード進行についてどう考えているのか教えてください。


⑧桑田さんのコード進行を見ると、ほとんどがギターで作ったと思われる曲ばかりです。実際、作曲はギターでされているのですか?ピアノ(キーボード)を使うことはないのですか?『白い恋人達』のMVではピアノを弾いていますが、実際は弾けるのですか?


サザンオールスターズ桑田佳祐はすでに国民的バンド・存在であり国の宝です。もうチャレンジングな新曲を出したり精力的なライブをする必要なんてないと思うのに、新曲もライブもプロモーションも全力でやってくれています。そのモチベーションはどこからくるのですか?自分がやりたいと思ってやっているのか、みんなのためにやらねばという使命感なのか。


⑩今回のツアーは、ドラマーが代わっています。ドラムは曲の要であり柱だと思いますが、ドラマーが代わるとライブも代わりますか?また、今回の鶴谷さんのドラムセットはタムがひとつ少ないです。この違いは過去曲の演奏の際、何か影響や変化はありますか?


以上、とりあえず思いついた10問です。詳しいファンの皆さま、これらについて桑田さんが語っているという情報があったら教えてください。


映画『空白』 感想

振り上げた拳の落としどころ


映画『空白』を見てきました。公式サイト↓
kuhaku-movie.com
吉田恵輔監督作品としては『ヒメアノ~ル』以来。『BLUE/ブルー』も見たかったのに私の地方では公開してくれなかった。『ヒメアノ~ル』は素晴らしかったし古田新太×松坂桃李だもの、期待しかない。
さて。
f:id:ese19731107:20210925112230j:plain
面白かった!(以下、ネタバレあります)


物語は予告編のとおり。
www.youtube.com
万引きを追いかけたらその子が事故に遭い、亡くなってしまう。亡くなったことは悲しいが、自分は加害者なのか?娘を亡くした父親は被害者だが、原因は娘の万引き?このさじ加減が上手い。
実際万引きしたのか、店長は過去に痴漢をしたのか、この辺を曖昧にしておくのが上手い。そのおかげでどちらも完全に正義とはならない。
車に轢かれる描写がリアルすぎてびっくりしちゃった。どうやって撮影したんだろ。


父親のやっていることは恫喝でありストーキングであり脅しだけど、娘を亡くした被害者。店長は万引きの被害者であり娘が亡くなる原因を作った加害者だけど、そもそもの原因は自分じゃない。スーパーのパートのおばちゃんのやっていることは正しいけどそれで救われるわけじゃない。
みんな「いい奴ばかりじゃないけど悪い奴ばかりでもない」わけで、それぞれに理があります。
www.youtube.com
しかし、マスコミはクズですね。あっちにもこっちにも押しかけて人の嫌がるところを撮影し、恣意的な編集で本人の意図と違う発言に仕立てる。それをしたり顔で「困ったもんですね」。あー、クズクズ。反吐が出るね。
f:id:ese19731107:20210925213236j:plain


娘が亡くなったことは覆らない。謝っても謝っても娘が戻ってくることはない。父親は真実を知りたいと言うが、話しても信じてもらえない。土下座しても許してもらえない。どうすればいいのか。
病んじゃうよね。
娘が亡くなったことは覆らない。いじめが原因なのでは。そんな事実は出てこない。店長がわいせつ行為をしたのでは。そんな事実は出てこない。娘が万引きなんてしてない。していたかも。
振り上げた拳をどうすればいいのか。


実際、見ている最中「かわいそうすぎる」「悲しすぎる」「辛すぎる」と思いつつ、「で、これ、どうやって着地させるの?」と思っていました。物語中の父親の心も、映画としての着地も。
親子で同じモチーフの絵を描いていた!やっと親子だったことを実感した。やっと娘のことを少し理解できた。
上手い!いい着地!
店長との関係性も、「少しずつ受け入れることができるようになってきた。自分はまだ謝っていないが、謝るにはもう少し時間が必要」というギリギリの軟着陸。
店長自身も「あの店、好きだった。美味しかった」という味方がいたことを知り、ありがたく思う。
上手いなー、吉田監督。


このように、物語(お話・脚本)はとても素晴らしかったわけですが、そのお話に血肉を与えているの役者陣の力。
古田新太
怖い。怖いよー。怖いよーー。
松坂桃李
桃李くんはどんな役でも上手い。今回もとてもよかったです。特に自殺未遂した後の呼吸の仕方がとてもよかった!
寺島しのぶ
「正義の暴力」「正しさ押しつけ」。頑張って頼られて私大変!何も間違っていないけど、そういうことじゃないんです!店長の自殺未遂を救ったのはたまたま?そこからの流れるようなキス、さすがです。ありがたいけど、迷惑なんです!
●藤原季節
チャラいけどチャラくない、ちょうどいい案配!
ひとつ文句をいうと、父親に手を差し伸べる理由がほしかった。以前助けてもらったとか、頑張ったときは褒めてもらえるとか、そういうエピソードがあれば飲み込めたけど、普段から横暴でさらにおかしくなった父親の元に戻る理由が見えませんでした。
片岡礼子
娘を撥ねた加害者の母親。葬式に現れた父親に向かって「弱い娘ですみませんでした」と謝る強さ!涙を流しながらもきちんとしゃべる姿に、父親だけでなく観客の心も震えました!


その他、娘の地味な感じと可愛すぎないビジュアル(でも女優として画面映えはする)、同級生のさらに地味な感じ(女優ではない)、轢いてしまった女性の明るくて真っ直ぐでいい人な感じ、校長先生のちょうどよい物腰、店長とツーショットを要求する弁当屋の客のゲスでだらしない感じ、「これぞスーパーのパート」という地味なビジュアルの女性、ワイドショーに出ている3人の下品な顔、「何やよう分からんですわ」のチャンス大城、ボランティア活動を強要される女性の押しの弱そうな感じ、ラストに店長に優しい言葉をかけるチンピラの首の動き(「ちっす」という挨拶のあれ)など、端役に至るまで登場人物全てのビジュアルと演技が素晴らしかったです!
皆さん素晴らしいのに役名と役者名が併記されていないので誰が誰か分からず不満!邦画のエンドロールはなぜいつも役者名だけなの??


吉田監督、あなたは素晴らしい。傑作でした。心がえぐられるので何度も見たい作品ではないし人に勧めづらい作品ですが、いい映画でした。オススメです!


『ヒメアノ~ル』の感想↓
ese.hatenablog.com