やりやすいことから少しずつ

好きだと言えないくせして子供みたいに死ぬほど言ってもらいたがってる

映画『イニシェリン島の精霊』感想

いくらなんでも


映画『イニシェリン島の精霊』を見ました。
www.searchlightpictures.jp

島民全員が顔見知りのこの平和な小さい島で、気のいい男パードリックは長年友情を育んできたはずだった友人コルムに突然の絶縁を告げられる。急な出来事に動揺を隠せないパードリックだったが、理由はわからない。賢明な妹シボーンや風変わりな隣人ドミニクの力も借りて事態を好転させようとするが、ついにコルムから「これ以上自分に関わると自分の指を切り落とす」と恐ろしい宣言をされる。

(公式サイトより)
このあらすじと予告編を見て、何も知らなければ見に行かなかったでしょう。それでも見に行ったのは、マーティン・マクドナー監督作品だから。
とはいっても、私は彼の作品を『スリー・ビルボード』しか知りません。でも、この作品は大傑作だったので、本作も期待値高めで見に行きました。
ese.hatenablog.com
ese.hatenablog.com


という高い期待値でしたが、さて。

よくこのテーマで映画撮ろうと思ったな。おじさん同士のケンカですよ。どーでもいいじゃん。大人げないな。
しかし、そんな個人的なミニマムな諍いは島の向こうで起こっている内戦というとても大きな出来事と重なります。発端は些細なことでも、片方が突っ張れば収まらない。収まる可能性があっても、ひとつ歯車が狂えばまたご破算。最終的にはどちらも引っ込みがつかなくなり、どちらかが死ぬまで争いは終わらない。
周りから見れば「そんなことで」と言われるようなことでも、当人にとっては譲れない一線だったりする。それは個人のケンカでも内戦でも同じ。


分かるんです、言わんとしていることは。それを映画的表現で伝えていることも。でも、「とはいえ、本当に自分の指を切り落とすなんて(しかも根元から)!」という部分でどうしても乗れない。やってしまうことも、麻酔なしで切断することも、その後の治療をしないことも、いくらなんでもやりすぎでは。実際にコルムは鬱などの病気を煩っていたのでしょうか。そうでなければ、「いくらなんでも」と思ってしまいます。


そこは映画的に誇張した表現であるとして書き進めよう。
ラスト、数日前から本土での砲弾の音が聞こえない海を眺めながら、完全に決裂し和解できない二人。それでも、ほんの少しだけ「含み」を感じさせるラストシーンでした。この余韻は素晴らしい。


何も考えずぼんやり毎日過ごす人、考えて「目覚める」人、狭い世界に嫌気がさし飛び出す人、小さな世界に翻弄される人。それぞれの生活と性格を説明セリフなしで伝えてくれる脚本は素晴らしい。もちろん役者の演技も。


指の部分はむむむと思いましたが、それ以外では「よくぞこんな小さな話・地味な話を、大きな出来事もなく地味なままで面白く撮れたな!」というのが感想です。エンタメ性は薄いですが、マーティン・マクドナー監督はやはり有能だなー。


2022年12月ツイートまとめ

2022年を振り返る

初老への道


毎年ラストに書くこのエントリ。今年も「特に何もなかったな」の1年でした。


全体まとめ


↑クリックしていくと2020年以前の過去のまとめ数字を見ることができます。


世間ではフェスやライブは再開されましたが、私のケツは重いまま。「加齢×結婚×仕事×コロナ禍」により、ライブに行かなくても平気な体になってしまいました。新しいミュージシャンにハマるということもなくなり、新たな出会いを求めてライブへ、ということもなかったなー。数年前、ライブハウス時代のあいみょんを見に行ったあの頃の情熱を思い出せ。
2023年は、歌舞伎、劇団四季、宝塚などにチャレンジしてみたい。おっさんの枯れた感性に水をやろう!


音楽
毎年「新しい音楽に触れてない」と書いていますが、今年はマジでそういう年でした。Spotifyでシャッフル再生するだけ。もうダメだ。音楽好きとは名乗れない。というわけでTwitterのプロフィール欄をだいぶ簡略化しました。
その中でも、今年はVaundyですね。どの曲もレベルの高いポップソングを量産してくれました。紅白おめでとう!ライブ見に行きたいけどケツが上がらない。


映画
やっとコロナ禍を終え(コロナは終わってないけど)、通常営業に戻った映画業界。でも一握りの作品が特大ヒットするだけで、それ以外の作品は小ヒットのみ。中ヒットがいくつもあると多様性のある作品が作られるんだけどなー。
東京などに行く機会が減ったので、ミニシアターや地方で上映されない小粒な作品を見る機会が減ってしまいました。家で配信で見ても、面白さ2割減だもんなー。
来年も、時間の許す限り映画館へ行こう。
ese.hatenablog.com
ese.hatenablog.com


生活
今年4月から奥さんの実家に入り、マスオさん生活が始まりました。
ese.hatenablog.com
生活としては特に何も問題ありません。お義母さんとも良好な関係でいます。
ただ、電車通勤になったため、朝は早くて夜は遅い。電車内で読書ができるぜ、と思っていましたが、ちょっと読んで寝ちゃうのであまり読書はできませんでした。
職場に早く着いて仕事をしても、残業代は出ません。夜は仕事が残っていても電車の時間があるので帰らなければならない。こちとら田舎なので1本逃すと次が1時間半後なんだよ!で、翌朝昨日の残りの仕事をする。おかしい。この仕事を夜にすると残業代が出るのに、朝にすると無給。おかしい。
そして冬になると電車は止まる。泣く泣く車で通勤しても、ガソリン代などの交通費は職場から出ないし定期代もJRから戻らない。くそう、雪国め。


読書
全然記録はつけていませんが、自分のTwitter「読了」で検索すると24冊かな?新書や仕事関係の本とフィクション(小説)を交互に読むようにしています。
仕事関係の本では松本俊彦「薬物依存症」(ちくま新書)がとてもよかったです。

薬物依存症とは何か、なぜ依存症になるのか、依存症になるとどうなるのか、治療のためには何が必要なのか、などがとても分かりやすく、そして面白く書いてあります。
依存症は、なってしまうと自分では治せません。だって「依存症」だから。私たちは患者に対して「止めろ」と言ってはいけません。止めろと言われて止められるなら依存症ではありません。なので、クスリやアルコールを止めさせるには「止めさせないこと」が結果的にいちばんの近道になるのです。
ということを理解しても、なかなかそのとおりに実践できません。どうしても「何でやらないの」「何でやるの」と思ってしまいます。私のように第三者かつ仕事での関わりであってもそう思ってしまうのに、近親者たちは「そうかー、またやったのかー、苦しいんだね」なんて思えないでしょう。厳しい言葉を浴びせたくなるでしょう。だからこそ依存症は苦しいのです。患者も家族も。
この本はTwitter「読了」にはありません。とてもよかったのでブログに書こうと思っていたけど書けなかったのです。新書系の記事って、ポイントを引用しながら書きたいのですが、それをやるには時間がなくて…、という言い訳。


小説は、伊坂幸太郎「マリアビートル」、村田沙耶香コンビニ人間」などがよかったです。小説は物語そのものの面白さもありますが、文章の気持ちよさも読書の快楽のひとつ。適切な語彙や卓越した表現力を目にすると、自分の使っていない感性のひだに触られるような感覚になります。文章は誰でも書けますが、素晴らしい文章は一握りの人にしか書けません。
当初見込みより読書量は少なくなりましたが、以前よりは多く読めているのでヨシとしよう。来年もいい本に出会えますよーに。


老後
昨年あたりから、急に老後のことが心配になりました。それは昨年から生活保護の仕事を始めて、お金のない老後はこうなってしまうのか、ということを目の当たりにしているからです。
老後問題についてはこれまで何度も書いてきて、不安だ→大丈夫じゃね?→やっぱり不安だと揺れ動いております。
ese.hatenablog.com
ese.hatenablog.com
ese.hatenablog.com
ese.hatenablog.com
先日のエントリで「金は何とかなりそうだ」という机上の空論が完成しましたが、本日こんな記事を目にして、やっぱり不安になってきました(情緒不安定)。


ああ、不安だ。
ちなみに、NISA・iDeCoはどちらも増えていません。ロシアのせいなのか物価高のせいなのか円安のせいなのか私の銘柄選びのせいなのか。


不安ばかり抱いていても仕方ない。「何とかなりそうだ」という空論のもとに考えよう。
今の夢としては、定年後は雪の降らない地域に移住を考えております。そうなると、家賃が発生するじゃないか。不安だ。
年老いてから知らない土地に行ってうまく適応できるのか?周りには知り合いがひとりもいないぞ。ここから友達作るなんてコミュ障の私にはものすごく高いハードルです。友達ゼロで老後さみしくない?濡れ落ち葉老人になりそう。奥さんにウザがられそう。不安だ。
知り合いがいないということは、家具家電パソコンなどの不具合があったときどうしよう。なじみの町の電気屋さんなんてあるのかな。不安だ。
私には子供がいないので、老後末期が不安だ。各種手続きをひとりでできるのか。認知症になったらどうしよう。施設に入るにはどうすればいい。そのお金はあるのか。不安だ。
そして奥さんが亡くなったらひとりで生活できるのか。自分が死んだら葬式やお墓はどうすればいいのか。不安だ。不安だらけだ。
老後末期については、まだ想像ができなくて解像度の高い未来予測ができません。まあ、この辺はさすがに今考えても仕方ない。病気するかどうかで全然違う未来になるし、自分たちの親が何歳まで元気なのかにもよるしな。


最近こういうことを考えてしまうのは、自分が老人手前の年齢になってきたということもありますが、目の前の仕事が辛すぎて現実逃避しているんだろうなーということは理解しています。早く退職して新しい生活を始めるぞ、と「今」から目を背けているのです。


この老後のパートは数日前に書いたのですが、本日ねんきんネットで自分の年金見込みを調べたら、とっても衝撃的な数字が出ました。マジか。まったく「何とかなりそう」じゃない。年金だけじゃ生活できない。老後の資金は自分で何とかしなきゃいけない。それは今の私ではまだ全然足りませんでした。


来年はどんな年になるのかな。プライベートは病気(自分、家族、両親)でもしない限り大きな変動はないと思いますが、プライベートを充実させるには仕事が辛くないことが大事で、そのためには異動があったらいいなーと思っていますが、まだ2年なので動かないだろうなー。つーことは、来年も現実は厳しくて現実逃避の空想をする1年になりそうです。


ブログは、時間をかけてじっくり書く記事はもう無理だと思うので、映画感想とたまの旅行の記録を書くくらいになりそうだなー。
そもそも数年前と比べて、「ブログ」の地位低下は甚だしい。今の毎日の閲覧数なんて最盛期の10分の1くらいですよ。そりゃそうだよね。皆さんSNSで忙しいしテレビネトフリYouTubeと見なきゃいけないコンテンツはどんどん増えて、素人のブログなんて読んでいるヒマないですよね。
それでもいいんだ。私は他人のために書いているのではない(でも、他人が読む前提で書いています)。ブログは自分の「言いたいけど誰も聞いてくれない」を書き記す場であり、海馬からこぼれる記憶を移し替えるために書いているのだから。
来年もよろしくお願いします。


2022年、私の映画(その他&配信編)

家で見ると2割減


前回、今年の映画ベスト10を書きましたが、もちろんそれ以外に見ている作品もあり、家で見た作品もあるので、今回はそれらをまとめて書きます。
まずは劇場で見たけどブログに書かなかった作品たち。以前は映画館で見た作品は全部をブログに書いていましたが、最近は時間も情熱もなくて書かなくなっちゃった。以下、ダイジェスト感想。


『死刑にいたる病』

いくら何でもそんなに上手くいく?また、「この人は犯人なのか」が物語のキーポイントですが、「犯人でした」だったら、「いったい何のためにこれやってたの?」と思ってしまう。ただ人を操るのが楽しいだけ?この辺が乗れませんでした。
※一部ネタバレ防止のため白黒反転させています。ドラッグすると読めます。


『峠 最後のサムライ』

私、時代劇をまったく見ないのです。本作は両家の母をご招待して映画館に連れてった接待映画でした。で、見てみたらやっぱりよく分からない。時代劇の見方が分からない。話も地味だったしな。


『NOPE』

ジョーダン・ピール監督作品なので、あらゆるシーンが何かの暗喩なのかと思い、そういうのを読み取ろうと見てしまった。そんな見方をすれば面白い作品も楽しめないぞ。というわけで、見方を失敗しました。今からもう一度見ても謎が分かっているので楽しめない。うーむ、失敗した。


『窓辺にて』
www.madobenite.com
毎度おなじみ「何も起きない」今泉力哉監督作品における稲垣吾郎の相性の良さよ!単なる会話をしているだけなのに見ていられるのは脚本のおかげか長回しの効果か。


ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー』

Wakanda Forever

Wakanda Forever

  • Hollywood Records
Amazon
これは語り甲斐のある作品ですが、逆に言葉を選ぶなーと思っているうちに日々の仕事が忙しく、日常の彼方へ消えていきました。
チャドウィック・ボーズマンが亡くなってしまったことで前半はエモエモな演出となり、後半は本来ティ・チャラ(チャドウィック・ボーズマン)が担うべき重責や決断をシュリにやらせる物語になったことで映画全体がブレちゃったなーという印象。シュリは本来もう少し軽いキャラで兄をサポートする側だったのに、ブラックパンサーもやることになったので「マジ」なキャラになってしまいました。主役の死というアクシデントがあったので仕方ないけど、本当はもっと面白い作品になったんだろうなー。
MCUはこれでフェーズ4終了ですが、何も進まなかったですね。今回は新キャラの紹介だけのフェーズだったのかな。『アントマン』『ガーディアンズ』の予告編を見ると、また量子世界の「何でもアリ」があって、マルチバースも絡む展開になって、『ガーディアンズ』でガモーラが復活して、になるのかなという予想。


続いて、配信で見た作品。配信オンリーだけでなく、旧作だけどやっと見た作品も含む。見た作品全部ではありませんが、いくつか抜粋で書きます。


音楽

テンポ・間が遅すぎる。劇場で見ていたら緊張感もって見れたのかな?家で見たので何度も止めながら見てしまった。岡村ちゃんのノウホウまでの長尺のコントじゃん。


ドント・ルック・アップ
www.netflix.com
カメラの構図とカット割りが好きじゃないなー。地球規模の危機が来なきゃ世界はまとまらないと思っていたけど実際はそうではない、というのはコロナで証明されちゃいましたね。どんな事態になっても逆張り陰謀論者はいる。ラストはあんな「諦め」でいいのか。役者はよかったです。


浅草キッド
www.netflix.com
うん、面白かったです。もう少したけしのシャイと狂気が出ていたらよかった。でも「面白かった!」まではいかない。何が足りないんだろ。


人数の町

前半はよい(リアリティは薄く説得力は少ないけど)のに、後半尻つぼみ。反乱起きないもんかな?


BLUE

ボクシングシーンがリアル。勝っても負けても人生は続く。引退しても人生は続く。でも情熱は消えない。3人ともよかったよ!木村文乃はいつもの「いい人」だった。


ドロステのはてで僕ら

構造と撮影は面白かったけど、肝心のお話が面白くない。もっとお金があったら面白い展開にできたのかな。


さがす

役者はよかった(特に娘役の伊東蒼さん!)が、お話はそこまででもない。父親の動機が不明。300万円のためにあそこまでやるかな?
全体的に韓国映画っぽいなと思っていたら、監督がポン・ジュノの助監督をやっていると知って納得。オープニングは「母なる証明」か!


プロミシング・ヤング・ウーマン

なんつーお話、なんつー脚本!「やっていない」お前は、本当に「何もしていない」のか?突き付けてくる!!省略の技法も素晴らしい。
配信で見た作品では今年NO.1でした。


ムーンフォール
https://moonfall.movie/
エメリッヒ、さすがに雑すぎでしょ。大きなウソをつくために小さな本当を積み重ねろ。科学的裏付けがあって荒唐無稽は成立する。


透明人間

透明人間 [Blu-ray]

透明人間 [Blu-ray]

  • エリザベス・モス
Amazon
何もないところを映すことにより、何かいそうな気がする。恐怖の源泉は人間の想像力ですね。トムはなんで?と思うけど面白かったです。


佐々木、インマイマイ

面白かったけど、振り返ると言語化しにくい。彼のことを思い出して、現在を動き出すことができた、ということかな?ラストは何?キリスト?あと、低予算かつ短期間での撮影だったせいだろうけど、過去と現在で髪型変えてほしかったなー。


サマーフィルムにのって

この作品のチープさを「あり」と思えずご都合主義に見えてしまいました。
ハダシ側につく学生は何でこんなに素直なの?きびだんごもらった?ラブコメ側のスタンスは結局「敵ではないしそれ以前に眼中にない」だと、対立軸にならない。「敵だと思ったのに悪い人じゃなかった」なら、甘々な脚本だけど構図や編集は素晴らしいとか、何かこちらが得るものがあるとよかったのに。


ハケンアニメ

面白かったようなそうでもないような。
ライバルにする必要あるのかな。共闘でいいんじゃない?あと、今の時代、視聴率は指標として弱くない?


JUNK HEAD

コマ撮りをひとりでやり遂げたことはすごい。世界を一から創りあげたこともすごい。しかし、物語そのものはあまり面白くなかったです。


キングスマン:ザ・ファースト・エージェント

変な映画。ラスプーチンを倒すまで、息子の話、ラスト。3つの別々のお話じゃん。
構図や演出はマシュー・ヴォーンっぽさあり!


こんなところかな。
家で見るとどうしても面白さ2割減になってしまうので、評価が低くなりがち。なので、なるべく映画館で見ましょう。
来年も、いい映画をたくさん見るぞー。そのために時間をくれー。残業嫌だー。休日出勤はもっと嫌だー。話がずれたー。

2022年、私の映画ベスト10

「映画って何かね」論争


今年、映画館で見た映画は24本。そこから10本選ぼうって話なので、分母が小さくて済みません。それでも、今年もいい映画がたくさんあったので紹介させてください。


第10位 ヘルドッグス
ese.hatenablog.com
監督の「クセ」はあるが、アクション映画として面白かったです。続編もありそう。


第9位 エルヴィス
ese.hatenablog.com
「熱狂」の生まれる瞬間が描かれていた。新しい才能に気付くのはいつだって若い女性。おっさんは素直にはしゃげない。
あと、本作を面白いと思ったのは、自分の「推し」を思い浮かべながら見たという部分もあるなー。


第8位 RRR
この作品はブログ書いてないんですよね。「面白い」のつるべ打ち、エンタメ3時間濃縮だったのですが、それ以上の言葉が出ず、ブログに書けませんでした。
私自身にインド映画に対する偏見があるのかなー。もしくはインド映画の歴史や文脈を知らないので語りにくいのかなー。


第7位 線は、僕を描く
ese.hatenablog.com
ちはやふる」の感動再び!を求めて見た作品。私の希望通り「ちはやふる」メソッドのいい作品でした。構造同じだなと思う部分もありましたが、こういうのを求めているんだからそれでいいのだ。


第6位 流浪の月
ese.hatenablog.com
映画は、脚本(お話)だけではない。撮影(構図やライティング)、美術、衣装、音響なども映画の要素です。そしてもちろん役者の演技も脚本の言葉をしゃべるだけではない。そういう意味で、本作は映画としてレベルが高かった。


第5位 ある男
ese.hatenablog.com
観客に伝えるために、どこまで説明が必要か。説明を増やせば分かりやすくなる半面、野暮ったくなり、ウソ臭くなる(実際の人間は説明セリフなど言わないから)。かといって説明不足では伝わらない。どこまで観客を信用するか。監督の技術(語らずとも分からせる)とセンスが重要。それが本作ではとても上手くできていました。
人は出自から逃れられるのか。自分がどれだけ頑張っても「あの人は○○だから」とレッテルを貼られる。変えられないなら別人になってしまえ。そう考える人の気持ちがよく分かる脚本でした。戸籍交換は犯罪かもしれないが、お互いそれで新しい人生を歩めるなら、そんな悪いことではないのでは。


第4位 アバター:ウェイ・オブ・ウォーター
ese.hatenablog.com
この辺から順位付けが難しくなります。なぜなら「映画って何かね」という問いにぶち当たるから。
私が見たのは2Dでしたが、3DIMAXHFRで見たらさらにすごい映像だったんでしょ?「映画館の大画面で見ないと意味ないよ」はよくある物言いですが、本作は普通の映画館で見るだけではまだ足りないわけで、そうなると「お話よりも映像の作品?」という話になります。
もちろんお話も面白かったですが、ベタといえばベタ。お話としての中だるみは素晴らしい映像で充分見ていられますが、不要といえば不要。もっとカットして後日ディレクターズカット版で再度上映すればよいのでは。
とはいえ、圧倒的な映像美でめちゃめちゃ面白かったです。ぜひ映画館で見てください!


第3位 THE FIRST SLUM DUNK
ese.hatenablog.com
これも「映画って何かね」案件ですね。原作をまったく知らない人が見てどこまで理解できたか。登場人物のキャラは?関係性は?いきなり全国大会で試合しているけど、状況が分からんぞ。
本編感想の記事で魚住や晴子さんのシーンがないと書きましたが、これらを入れるには「魚住とは」「晴子さんとは」を入れなければならないので、説明が必要なエピソードは極力カットしたのでしょう。そして「バスケの試合を見せる」に特化した作品になりました。
そう、本作は「バスケの試合を見る」作品なのです。リアルな動きとリアルな時間経過。実際のバスケの試合では長々としゃべりながらドリブルしたり一瞬の攻防の中で会話したりしません。点を取ったり取られたりしたあとに長々と解説などしません。バスケは常に動き続けるスポーツです。井上雄彦はそれを描いたのです。


第2位 トップガン マーヴェリック
ese.hatenablog.com
この流れでいうと、本作は「これが映画だ!」作品ですね。映画や映画スターは既に時代遅れになりつつある。だがそれは今じゃない。
ずっと面白くて、途中トム映画になりつつ(F14を奪う場面)、その後もっと面白いという離れ業。面白すぎて感動するという異常値の作品でした。あー、面白かった。


スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム
ese.hatenablog.com
そんな異常値の映画を抑えて1位になったのはスパイダーマン。これこそ「映画って何かね」ですよね。MCUという大きな流れの中での1作、さらに今はSSUという枠組みもある。そしてスパイダーマンというドル箱映画としての歴史。これらの要素が全部詰まっているので、本作単体で見ても半分くらいしか理解できないはず。そう思うと、本作単体での評価はできず、全部ひっくるめての評価になります。で、これらすべてを背負って入れ込んで面白い作品を作るという偉業を成し遂げたので、めでたく1位となりました!
過去のスパイダーマンが出てくるだけで大盛り上がりなのに、それぞれの作品で主人公が抱えている後悔を成仏させ、それが本作の展開上意味を持っているという恐ろしい脚本。
大人の事情や要請をすべて受け入れ、その上でめちゃめちゃ面白い映画であった本作は今年1位です!


というわけで私のベスト10でした。
来年は『アントマン』『ガーディアンズ』のMCU作品、『スパイダーバース』、デイミアン・チャゼル監督の『バビロン』、『ミッション・インポッシブル』が楽しみだー。


最近は配信オンリーの作品もありますが、「家で見る」ってだけで面白さ2割減になりますね。暗闇と大画面と素晴らしい音響という没入感と集中力が面白さを増す。なのでもし劇場で見たらもっと面白かったのに、という作品がいくつもあったんだろうなー。配信限定作品あんまり見てないけど。
なので、次回はこのベスト10に入らなかった作品と配信で見た作品(配信オンリーに限らず配信で初めて見た過去作も含む)についていくつか書きます。