やりやすいことから少しずつ

好きだと言えないくせして子供みたいに死ぬほど言ってもらいたがってる

映画『トップガン マーヴェリック』感想

映画館で映画を見る幸せ


トム・クルーズ最新作『トップガン マーヴェリック』を見てきました。
topgunmovie.jp
私は前作を見たことがなく、本作も当初は見るつもりはありませんでした。しかし、何だか世間は絶賛の嵐。そんなに素晴らしいなら見に行こうかなと思い、まずは前作で予習。
ザッツ80’s!王道ハリウッドエンタテイメント!ヒーハー!軽く明るいテイストは、その後の日本のトレンディドラマや織田裕二吉田栄作などを思い出させる出来でした。まあ面白かったけど、そこまで名作って感じではない。トム人気でミーハーにヒットした、というのは納得。


さて、本作。Xジャパンのアルバム以上に間隔の空いた続編がどうなっているのか、見てきました。

素晴らしかった!正統な続編でありつつトム映画でもあり、映画館で見るべき映画でした!
※「トム映画」とは、どんな作品であっても役名よりトムが前面に出ちゃう、物語より作品よりジャンルより前にトムがいるトム・クルーズ映画の特徴のことです。


映画開始時の「アメリカ海軍は精鋭中の精鋭を~」からの『トップガン マーヴェリック』のタイトルの出し方、その後の戦闘機の離着陸のシーン、もちろん『デンジャーゾーン』、完全に前作と同じ!
その後もトムがノーヘルでバイクを走らせたり、バーでわいわいしたり、そこでかかっている音楽が80’sだったり、バーで絡んだ相手が教官だったりと、前作のオマージュだらけ。
その極めつけが、グースの息子が同じアロハシャツ着て同じ曲をピアノで弾いて歌うというシーンですが、ここでマーヴェリックは過去と照らし合わせて時代の変化とグースの喪失を改めて感じるわけです。そして、ここから物語はオマージュから新しい時代と変わっていきます。
この、前半オマージュだらけで楽しい!というところからその後はオマージュをほぼやらない(ビーチのシーンくらい?)トーンの変化がよかったです。これ以上オマージュだらけだと懐古映画になっちゃうから。前作ファンへの目配せはもう十分だよね?ってこと。


前作は「このチームのNO.1を決める」というスポーツもの、ライバルもの的な物語で、本作でもその要素はありつつ、メインの物語としてのゴールは「ならず者国家への先制攻撃を成功させる」というものです。その作戦内容と困難さは、何度もコンピュータシミュレーションで描かれ、練習で描かれ、見ている私たちに「どういうことをやるのかとその難しさ」を分かりやすく説明してくれます。このおかげで、見ていて「今どういう状況か」というのがとても分かりやすかったです。コンピュータシミュレーションで描かれていた状況を実機でも同じように見せてくれるという撮影技術による部分も大きい。
正直、前作は「戦闘機がすごいことをやっているのは分かるけど、具体的にどこが誰で今どういう位置関係?」が分かりにくく、そこは見ていて引っかかるポイントでした。それが本作ではとても分かりやすくてノンストレスでした。


クライマックスの作戦は、完全に『スターウォーズ4』ですね。マーヴェリックが味方を助けるために被弾。敵地に落とされて敵機に見つかってもはやここまでかと思った瞬間にルースターが助けに来る!しかしルースターも被弾!さてどうする。
ここから、トム映画に変わります。飛行機がないなら敵軍から盗めばいい。なぜかちょうどF14が無傷で置いてあるし敵は誰も気づかないし無事離陸できちゃう。トム映画です。


ここでの戦闘も熱かった!持てる技術をフルに使って何とか1機撃退したものの、もう弾がない!脱出もできない!敵にロックオンされミサイルが発射されてしまった!の瞬間に味方の登場!アツい!
帰還後、マーヴェリックからルースターに「君は命の恩人だ」というセリフに対し「父の代わりです」と返すルースター。そのセリフを噛みしめるようなトムの表情がよい!私、ここで泣いちゃった。


あー、面白かった。エンタテイメント万歳。
敵国に勝手にミサイル撃ち込んでいいの?と思う部分はありますが、敵国が抽象化されているのと、何よりトム映画なので、その辺のリアリティのゆらぎはあまり感じませんでした。トムの力は偉大だ。


本作を映画館で見ることができてよかったです。戦闘機の爆音でイスが震える。私の見たスクリーンは4DXとかではないので、通常音響でこの迫力。IMAXなどで見たらさらにすごかったんだろうな。
劇中、これからは無人戦闘機がメインになるんだからパイロットはもういらないという軍人のセリフがあるのですが、それに対してマーヴェリックは「だが今日ではない」と答えます。これ、映画についてのことですよね。生身のアクションなんて意味あるの?全部CGでできるじゃん。映画館って意味あるの?家でNetflixで見れるじゃん。そういう未来は確かに来るかもしれない。だが、今できることは今全力でやろうよ。それが今の映画をよりよくすることだ。
トムの意志、確かに受け取りました。


この作品は、今、映画館で見てください。


2022年5月ツイートまとめ

ひたちなか海浜公園とあしかがフラワーパークの旅2022、初夏。

ネモフィラと藤


GWに旅行に行ってきました。仕事が忙しくて書くのが今になってしまった。とにかく写真を置いておくために書く。


朝4時出発。旅のためなら早起きはへっちゃらさ。
4時間かけてひたちなかに到着。

翼のゲート!ロックインジャパンでおなじみの!

ホワイトステージ!

朝8時過ぎでこんなに人がいるの?みんな早起きだなー。

ネモフィラ、見えてきました。
ここはヒルサイドステージの先なんだな。



ネモフィラ、きれいです。そして、広い!


人が多いなー。みんな早起きだなー。


公園は広いので、もっと歩こう。

ここは…、グラスステージ!


ぴょんぴょん橋!


お昼を食べよう。

ここはロックフェスのように屋台のお店がいくつもあるんですね。何となくしらす丼。美味しかった。


チューリップはもう終わりの季節ですね。
11時くらいに公園を出発したのですが、この時間からやってくる人たち多数。周辺の道路は大混雑で、信号ではなく交通誘導員が車を捌いていました。さらに、高速道路に入ったらひたちなかICの出口では高速を下りる車で左車線大渋滞でした。君たち、今からだと会場に着くのはたぶん1時間以上先ですよ。


次なる目的地は、宇宙。

つくばエキスポセンターです。
数年前に来たことがあったな。
ese.hatenablog.com

1985年のつくば万博コスモほし丸と2021年の宇宙なんちゃらこてつくんが同じ空間にいるとは。

プラネタリウムを見よう。

正直、アニメシーンばかりで宇宙知識はほぼなく、つまんなかったです。


ここでは錯視の展示会が行われていて、それがとても楽しかったのでたくさん写真載せますね。














不思議だなー。


まだまだ行くぞー。

普段アイスやお菓子は食べない私ですが、旅行で食べるアイスは美味しいね。

あしかがフラワーパークです。めっちゃ人いる!

めっちゃ人いる!
ここは藤棚が有名で、夕方以降はライトアップをしているのです。だからか、皆さん夕方めがけて来るのかな?まあ、私たちもそうなんだけど。
写真をたくさん載せますね。









素晴らしい!
日が暮れてライトアップがきれいになってきましたが、あまりに人が多すぎギブアップして退園。今日のフラワーパークは渋谷より人が多かった。
駐車場を出るとまだまだ来る人たちの車列がすごい。君たち、これから駐車場を探して車止めて中に入ったら、もう閉園時間じゃない?それくらいの渋滞でした。皆さん入れたのかしら。


本当は宿もこの辺に取りたかったのですが、さすがこの季節のためどこも空いてなく、桐生まで車を走らせました。


篠原涼子の地元なのでポスターがある。
宿に着いたのが遅い時間なので、夕食は近くの居酒屋へ行こう。


うーむ、周辺あまり何もないな。


可もなく不可もない個人居酒屋。フグヒレ酒をいただく。


朝食はホテルで。

ここは大浴場はあるけど温泉ではないので、温泉に行こう。

伊香保温泉黄金の湯館。ここはサウナもあってとてもよい。


というわけで旅おしまい。
今回はお花メインの旅で、花は咲く時期が決まっているので、見に行ける時期は狭い。なのでこんなに混んでいたんだなー。
今までの私だったら行っていない旅プラン。人生は長い。世界は広い。またいろいろ行きたいですね。


映画『流浪の月』感想

役者の仕事は台詞を言うだけではない


映画『流浪の月』を見てきました。
gaga.ne.jp

李相日監督作品としては『フラガール』『悪人』『怒り』に次ぐ4作目。
ese.hatenablog.com
ese.hatenablog.com
ese.hatenablog.com
過去作の感想を読んでもらえれば分かるとおり、李相日監督自体はそれほど大好きではありません。大仰な演出がダサいなーと思うことはあります。それでも、本作は広瀬すず×松坂桃李という組み合わせ。そりゃ見に行くよね。

(すみません、ピントが…)


以下、ネタバレあります。ちなみに原作は未読です。


よかったです。「映画」を見た。


冒頭で広瀬すず(更紗)と横浜流星(亮)のベッドシーンがあり、そこでは「私も広瀬すずとベロチューしておっぱいまさぐって濡れ場演じたい」なんてゲスい気持ちで見ていたのですが、すぐにそんな下品な気持ちはどっかいきます。広瀬すずが素晴らしくて。
あとね、昨今の日本映画のニュースを見聞きしたり最近の世の中の情勢を考えると、こういう長いベッドシーンっているのかな?とも思ってしまいました。セックスした、だけでいいじゃん。チューしてごそごそしてすぐ次の場面でいいじゃん。その際の二人の感情がどうなのかは仕草や表情で表せるじゃん。そこまで長く映す必要ある?


15年前、雨が降ってきたのに公園から帰らない少女・更紗に声をかけ、家に連れていった文(ふみ)。その後共同生活を送り、2ヶ月後に逮捕。世間はロリコン誘拐犯罪者と断罪しました。
更紗は、父を病気で亡くし母は恋人と逃避行し、現在は伯母さんと暮らしている。しかしその伯母の中2の息子から夜な夜な性的ないたずらをされている。そんな環境へは戻りたくないと文との生活を選んだ更紗。


15年後。事件のことは結構周りでも知られている。それに対して「慣れちゃった方がいろいろ楽だよ」と達観した姿勢を見せる更紗。それは「気にしていない」ではなく「そうしなければ気持ちを保てないから」ですよね。
そうやって何とか生きてきた更紗でしたが、たまたま寄ったカフェで15年ぶりに文(松坂桃李)と再会します。文は自分に気づいていないのかあえて素知らぬふりをしているのか。
気になる更紗はそのカフェに通うようになります。それを怪しいと思う婚約者の亮は職場に探りの電話を入れたりカフェに現れたりします。それは愛情故の束縛なのか。
亮の実家で亮の妹?姪?から「元カノもDVっぽいことされてた。実家に問題があって帰る場所のない女性を選んでいる」ということを吹き込まれます。彼の行動は愛情・束縛・モラハラ・DV、どれなのか。
意を決して文に会いに行く更紗。そこで文が女性と付き合っていることを知ります。「よかった。文が普通の幸せを手に入れた」と喜ぶ更紗。喜びだけなのか?寂しさもあるのか?
職場の噂好きママたちに呼び出されて見せられたネットの記事。あのロリコン犯がこの近所にいるらしい。危ないわよ、あなたに知らせた方がいいか迷ったんだけどね、と同情してくれるママたち。動揺する更紗に「大丈夫?」と優しい言葉をかけるママたち。おめーらがやっているのは善意と哀れみを装った野次馬だよ!わざわざ記事見せつけて「大丈夫?」じゃねーよ!
文の写真をネットにばらまいたのは亮でした。何でこんなことしたの?彼がこれまでどんなに大変だったか分からないの。詰め寄る更紗に対してグーパンチをお見舞いする亮。「あいつはロリコンの犯罪者だろ!あんな奴のどこがいいんだよ!」とさらに蹴る殴る。
何とか逃げ出して鼻血まみれの顔で街を歩く更紗。うずくまっているところに声をかけてくれたのは文でした。15年ぶりの再会。更紗は、性的暴行はなかったと証言するも信じてもらえず、伯母の息子のことは言えなかったため文が犯罪加害者となってしまい、文の人生を壊してしまったことに対して罪悪感を持っていました。
亮から逃げ出して文の隣に部屋を借りて新生活を始めた更紗。楽しく生活ができていたのに、ネットや週刊誌はそれを許してくれません。記事になり、勤め先の本社は「ウチの社名を出すのはなんとしても避けたい」と言います。
その頃、職場の同僚が恋人と旅行に行くので娘を数日預かることになります。文とともに面倒を見ていましたが、同僚はそのまま帰ってこない。
その後、アパートには怪文書がばらまかれ、文のカフェの建物にはスプレーで落書きがされ、通行人からは興味本位でスマホを向けられます。
文は恋人・あゆみ(多部未華子)から「あなたが私としなかったのはロリコンだから?」と訊かれそうだと答えます。「大人の人ともできるんじゃないかと思って。利用したみたいでごめん」
怪文書の件で更紗が亮の家を訪ねると、亮は精神的に弱っていました。自分のことを愛してくれると思っていた女性の裏切り。その結果、自傷行為を行い警察沙汰になります。
警察署内で週刊誌の記事を元に文との関係や預かっている少女のことについて訊かれる更紗。「中瀬亮の件ですよね?」と言っても聞いてくれない警察。「佐伯文を引っ張ってこい。少女を保護しろ」と部下に指示します。
文のカフェに警察が押し入り、少女を保護するとともに文に任意同行を求めます。少女を連れていこうとする警察に激しく抵抗する文。
更紗がカフェに来ると、文は隅っこで体育座りをしていました。再び文の人生を壊してしまったことを謝る更紗。そこで突然服を脱ぎ出す文。文は体の成長が不完全で、第二次性徴を迎えることができなかったのです。
文と人生をともにすると決めた更紗。僕と一緒にいるとまた世間に叩かれるよ。そうなったらまた別の場所で生活すればいい。流浪の月。


作品は150分と長尺なのですが、それに見合った物語の長さでした。こういう話なのでDV夫から逃げて運命の人と駆け落ちする的な話なのかなと思っていましたが、それはまだお話の中盤。そこからが本筋です。
ゆっくりじっくり撮るのでテンポは遅めだし過去の同じシーンを何度も出すので、もう少しすっきり短めにできたのではとも思いますが、見ている間はそんなにダレることなく見ることができました。
それはたぶん撮影監督ホン・ギョンピョの力。自然光を上手く生かした撮り方で、「映像として美しい」と思えるショットの連続でした。あと、映画って雨粒を映すために常に土砂降りにしがちですが、本作は小雨で撮っており、それも自然でとてもよかったです。
劇伴もよかった。緊張感のあるピアノ。途中の文と更紗の楽しかった思い出のシーンで明るい曲だったのはちょっと違和感あったけど。


長くてゆったりとしたテンポでも見ることができたのは物語の力や撮影の力だけでなく、役者の力も大きいです。
広瀬すず
これまでは「いるだけで輝いている」というスター俳優であり、若さゆえのきらめきもありましたが、本作は完全に「俳優としての力」で輝いていました。目の表情が素晴らしい。しゃべらずとも心の機微を伝えてくれます。
途中、文との再会後にスワンボートを漕ぐシーンで、本作中数少ない心からの笑顔を見せてくれます(それ以外は社交辞令的な愛想笑いばかり)。そこがよかった。やはり輝いているぜ!
いつも暗めの服を着ているのも目立たないように生活をするためなんだろうな。
松坂桃李
彼はどの役でも素晴らしい。本作は感情を面に出すことの少ない役でしたが、それでも十分喜怒哀楽を演じてくれました。本作では激やせしていますが、それは文というキャラクターに説得力を持たせるため。そしてもちろんラストの裸のシーンのため。
母からのネグレクトのせいで彼は感情を表に出さない人間になったんだろうな。そしてその彼を救ってくれたのが更紗なんだろうな。
横浜流星
私は彼の演技を見たことがなかった(Wikipediaを見たら『中学生円山』に出演しているそうですが、全然記憶にない)のですが、彼はこういう役が似合うねー。愛情溢れる→反転してモラハラDV男に。こういう役が似合ってしまうのは彼のブランドイメージにとってマイナスかもしれんけど。
ラストで精神を病んでしまうけど、そこまで執着するかな?次なる獲物を探せばいいのに。あと、彼のやったことはひどくて悪いことだけど、彼の言い分(再び文と会うなんておかしい)は理解できます。そういう面でDV男のみの描き方でなかったのは救い。


脚本上気になる部分がないわけではありません。
文の彼女のあゆみは、どうして彼と付き合うことになったのか。彼のどこに魅力を感じたのか?馴れ初めは?
未成年同士の事件なのにマスコミは名前出すかな。
ラストの警察のやり方。いくら任意同行とはいえあんな乱暴なやり方するかな。少女の親に連絡するなどもう少し確認してから動くのでは。
そしてそもそも、いくら性的暴行がなく本人の意志でそこに居続けたとしても、未成年者の誘拐には変わりありません。更紗の家庭環境が心配なら児童相談所などに連絡をすべきです。


とはいえ、そんな世間の事実や常識とは異なる関係性であった二人なので、世間の正しさと二人の間の正しさは別のものです。二人の選択が正しいかどうかなんて、私たちが判断できることじゃない。


というわけで、李相日作品ではいちばんよかったです。お話(脚本)だけでなく映像や演技でも楽しむことができました。これぞ映画。これが映画。


広瀬すず過去記事いくつか。
ese.hatenablog.com
ese.hatenablog.com
松坂桃李過去記事いくつか。
ese.hatenablog.com
ese.hatenablog.com
ese.hatenablog.com
ese.hatenablog.com
ese.hatenablog.com
ese.hatenablog.com



マスオさん生活始めました

悪くない


2020年に世間を賑わせた私の結婚。その後アパートでラブラブな新婚生活を送っていましたが、この度奥さんの実家に入ることになりました。


きっかけはいくつかあります。
奥さんの実家はお義父さんがもういないので、お義母さんひとり。年齢も年齢だし、過去の病気の後遺症もあるので、いつまでもひとり暮らしってのは心配。もうしばらく大丈夫かなと思っていましたが、最近のエピソードを聞くとちょっと心配度が増している。
そして、私のアパート生活も2年を迎え、更新の時期になってきました。変わらず生活しているだけなのにお金を取られる不思議。定められた家賃はきちんと毎月納めているのにさらに金を払えという理不尽。
どうしようかなと思っていたところ、不動産屋より新たな連絡が舞い込みます。「来月より、アパートの家賃を値上げします」。えー、経年劣化して古くなり、減価償却され価値は減っているはずの不動産を、このご時世に値上げ???
これが決定打。アパート出よう。


そうと決まれば引っ越しだ。
問題は家具家電。2年前に引っ越した際にいくつも新規購入してしまいました。実家には家具も家電もすべてある。さてどうする。
たまたま、奥さんの友人がこの時期に実家からアパートに出ることになりまして、いくつか引き取ってもらえることになりました。お渡しの値段は、リサイクルショップに売るよりは高く、リサイクルショップで買うよりは安いくらいの値段にして提示。めでたくいくつかは買い取ってもらえることになりました。毎日きれいに使っていてよかった。
残りはリサイクルショップに売却。値段は「うーむ、こんなもんか」くらいでした。まあ、捨てるよりはいい。


引っ越しの準備って、どれくらい前からしますか?私はひとりで何度も引っ越しをした経験から、いざダンボールに詰めるのは3日前くらいからでした。それももう着ないであろう服やCD・本などの収納くらいで、その他のほとんどは日々生活するのに使っているので、実際詰めるのは前日から。それで十分間に合います。
しかし奥さんは何日も前からダンボールにいろいろ詰め、実家へピストン輸送。そんなことする必要ある?引っ越し業者が運んでくれるんだから、自分で持っていく必要なんてないじゃん。と思いますが、それを言うといろいろ面倒なので「頑張ってるね」とだけ言っておきます。


さて、引っ越し当日。
引っ越し業者の動きは速い。ドアや壁に養生シートを貼り、大きな家具はカバーを掛け、どんどん運んでいきます。


無事運び出しが完了したら奥さんは先に出発し、荷物の到着を待ち受けます。私は不動産屋に連絡し、退去の立ち会いをお願いします。



さよならアパート。いい部屋だったけど結露がすごかったな。


奥さんの実家に向かうと、ちょうど引っ越し業者が荷物を下ろしているところ。全部下ろしてもらって終了。
さて、私たちの仕事はこれから。この箱はどこだ、この荷物はどの部屋だ。
新居への引っ越しの場合は、荷物がゼロだから配置しやすいですが、既に生活が行われている家に新たな荷物を入れるのは難しい。この部屋に荷物を置くには、まずこの部屋の荷物を片付けなければならない。


奥さんの部屋が広いのでそこを二人の寝室兼リビングにしようという計画でしたが、いざ家具を置いてみると狭いな!ベッド2台は場所を取るしアパートから持ってきたテレビやソファはでかいし、いくら広い部屋でも狭いな!
ということで、私のタンスなど衣装関係は別の部屋に移動し、何とか最低限の荷物だけにしましたが、それでも狭いな!
とはいえ、ここは自宅です。部屋はまだある。置ききれない荷物は別の部屋に置いちゃえばいい。
何日か試行錯誤しながら、何とか形になりました。


住む場所が変わったとなると、通勤方法も変わります。
これまでは徒歩通勤が可能な場所に住んでいましたが、これからは電車通勤です。高校までは地元の学校に通っていたし、大学もすぐ近くにアパート借りていたので初めての電車通学・通勤です。もちろん定期券の購入も初めて。長い期間で購入した方が安いのかなと思い6ヶ月分を買ったら、10万円弱もしました。田舎の電車、高い!
そしてもちろん、田舎の電車は本数がありません。私が乗る電車は、始業時間の1時間前に着きます。早すぎる。しかし1本遅くすると始業時間に間に合わない。田舎の電車、不便!
というわけで1時間前に着く電車に乗って行くのですが、そうなるともちろん駅に着く時間はもっと早く、家を出る時間はもっと早く、起きる時間はもっと早いわけです。眠い。
そんな時間に着くともちろん誰もいない。なので私がシステムの電源入れたりブラインド上げたり窓開けたりポットのお湯注いだり各デスクのゴミを回収したりキャビネットのカギを開けたりと朝の雑用をこなしています。みんな、もっと私に感謝してもいいんだぜ。


朝の電車がこんなダイヤ本数ということは、夕方~夜の電車ももちろん本数がありません。定時に帰る電車はちょうどよい時間の便があるのですが、定時に帰れる日なんてないので意味がない。その次は1時間半後。それまで残業しなければならない。早く仕事が終わってもその時間まで待たなければならない。
と思っていたのですが、実際は仕事がもっと忙しく、その時間でも終わらないことが多いです。というわけでその次の便。なんとさらに1時間40分後。遅い!田舎の電車、不便!
この遅い電車に乗ると、家に着くのはさらに遅くなり、ご飯食べて風呂入るともう寝る時間。そんなの嫌だから夜更かししても、翌朝はどうせ早く起きなきゃならない。眠い。


田舎の電車は不便ですが、朝は間違いなく座れるのでありがたい。そしてこの時間を使って読書ができるのがありがたい。これまではライブへ行くときの新幹線などで本を読んでいましたが、ライブに行くこと自体減ってしまったので本を読んでいない。家で読むとなぜかすぐ眠くなるし、家だったら録画したテレビ番組やNetflixなどを見ちゃうので、本読まないんですよね。
読書はよいぞ。映画やマンガとは違う別の芸術表現ですね。お話そのものの面白さもありますが、文章の美しさや気持ちよさなども楽しめます。みんな日本語の読み書きできるから文章や歌詞を書くことに対してリスペクトが少ないですが、素晴らしい文章や素晴らしい歌詞は、あなたでは書けないんですよ。文章を書くことと素晴らしい文章を書くことは全然違うからな。


話が逸れた。
というわけで、現在は遠い場所から通っており、市役所職員なのに別の市民になってしまいました。
そしてマスオ生活は、特に不便はありません。朝が早くて眠いよーと、奥さんと二人で出かけるのが難しくなったことくらいかな。
人生すごろく、少しずつ進んでいます。次のマス目は何かな?