読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やりやすいことから少しずつ

好きだと言えないくせして子供みたいに死ぬほど言ってもらいたがってる

舞台「いやおうなしに」 感想

最高に最低な楽曲を最低で最高の物語に!


舞台「いやおうなしに」を見てきました。公式HP↓

いやおうなしに|PARCO STAGE
この舞台は、面影ラッキーホール(現Only Love Hurts)の楽曲を使って物語にしているのです。面影ラッキーホール、知っていますか?私はこの舞台があるまで知りませんでした。この舞台のために予習と思って聴いてみたら、これが最低で最高!
「歌謡ファンク」という謳い文句は確かにその通り。でも、クレイジーケンバンドのような「粋」な感じはゼロで、底辺の人たちが最低な生活を過ごす人間模様でした。最低。でも、カッコいい。
いくつか曲を貼っておきます。

面影ラッキーホール "好きな男の名前腕にコンパスの針でかいた" @ WWW - YouTube

面影ラッキーホール/俺のせいで甲子園に行けなかった - YouTube

O.L.H.(Only Love Hurts) a.k.a. 面影ラッキーホール「あんなに反対して ...
いい曲なのに、最低の歌詞。でも、それは描かれている世界が最低なだけで、この歌詞能力、すごいでしょ?
でも、いくらいい曲だって、こんな歌ラジオでもテレビでも流せない。レコード会社だってプッシュのしようがない。売れようがない。残念だけど、しょうがない。
公式HPはこちら。↓

top – O.L.H.(Only Love Hurts) オフィシャルサイト
ついでにこっちも。このバンド説明を読んでください。↓
OMOKAGE LUCKY HOLE - アーティスト情報 - P-VINE, Inc.


こういう歌を元に舞台をやったら、そりゃ最低な世界になります。なので、この舞台の感想をネットで見ると否定的な意見もいくつかありました。そりゃそうだ。この舞台は、この楽曲を知っている人でないと受け入れるのは難しいかもしれません。ある意味、人を選ぶ舞台です。
私は事前に予習もしていたし歌謡曲もファンクも好きだし歌詞の世界観もドはまりしたので、ウェルカムで見ていました。
最高だ!最低で、最高だ!


元々舞台用に書いたわけじゃないのに、ストーリーと世界観にばっちりはまっている楽曲たち。そしてそれを歌う俳優たちも、上手い!歌もラップも上手い!
こんな世界観なのでひらすら辛いお話なのですが、ラストは(捻じくれながらも)希望に向かっていくエンディングで救われました。やけくそな未来。開き直りのハッピーエンド。無理くりなポジティブ。


脚本も素晴らしいです。楽曲に絡めながら進めるってだけで大変なのに、それぞれの夫婦の秘密とその後を描き、「愛」の形のあれこれを提示し、本来の物語の筋である「高校野球の先輩との因縁」も決着する。そして息子にぴっくり。素晴らしい。
でも脚本を褒める感想にお目にかからないのはなぜ。


俳優さんたち。
古田新太
素晴らしいに決まっている。歌も演技も佇まいも、全て素晴らしい。
小泉今日子
いやー、歳取ったなあ。顔の皺もアゴの下も二の腕も。でも、歌は素晴らしい。あと、やっぱめっちゃ小顔。
高畑充希
彼女がめちゃめちゃ良かった!かわいいし歌は上手いし演技は怖いし。
かわいい。冒頭、チアガール姿で出てきたときは北乃きいかと思った。彼女は今いろいろドラマも出ていますが、私普段テレビドラマを全く見ないので、分からないのです。でも、主役やるような「ど真ん中美人」ではないですよね。それでも、めちゃめちゃかわいかった。この子でこんなにかわいいってことは、堀北真希とか新垣結衣とか栗山千明とか石原さとみとか北川景子とか見たらびっくりしちゃうんだろうな。
歌が上手い。歌手やれよ、っていうくらい上手かったです。後で調べたら、既に歌手活動やっているのね。そして、舞台ピーターパンをやっていたのか。元々歌の能力も評価されていたんですね。Wikipedia読むと各方面から絶賛の嵐ですごいなあ。
演技が怖い。今作ではかわいい女子高生でありながら、実は怖い役どころ。これがはまってた。この俳優陣に負けず劣らず、というか勝っていた。強くて怖い。
以前「万獣こわい」という舞台で夏帆がこういう怖い役をやっていたのですが、迫力不足で物足りなかったことを思い出しました。これが高畑充希だったら…。
舞台「万獣こわい」 感想 - やりやすいことから少しずつ
田口トモロヲ
悪くてダサくて情けなくて気持ち悪い。素晴らしい。
三宅弘城
私、三宅さん好きだわー。あのたくましい腕。声もしゃべり方も好き。悪いDVヒモ男なのに、何だか憎めない。ラストの高田さんとの芝居では、ちょっとウルッとしちゃった。好きだわー。
●高田聖子
薄幸顔がステキ、と思っていたのですが、他の写真見たらちゃんと美人さんなのね。
山中崇
途中の「ヒロシです」のパロディが面白かった。「モノボケやりまーす。やらなきゃいいのに!」と自分で言いながらモノボケをして、案の定すべる様も素晴らしかった。
●政岡泰志
この人、何か気持ち悪い。「空耳アワー」の俳優みたい。
●駒木根隆介
デブのくせにラップ上手いなと思ったら、「SRサイタマノラッパー」のIKKUだったのか!分からなかった。

SRサイタマノラッパー映画予告編 - YouTube
これも名作なのでぜひ見てください。
●三浦俊輔
濃い二枚目で、何でもできる。テツandトモのテツみたいな顔。
●高山のえみ
え、この人、本当に性転換手術を受けた女優さんなの?なるほどー、いろいろ納得。そしてそれがあの「ビックリ」を生むのね。
という素晴らしいメンツ。


今回、私の席はY列でした。ABC順のYですから、だいぶ後ろです。それが、何とこの劇場ではXYZが最初の3列なのです!つまり、2列目です。しかもど真ん中。しかも1列目の人がないという奇跡の連発。裏ドラも乗って満貫だ!
だからこそ高畑さんのかわいさもキョンキョンの現実も見ることができたのです。
しかし、こんなに近いということは、演者さんからも見えるということです。ど真ん中最前列がつまらなそうな顔をしていたら演者さんのテンションにも影響が出てしまう。そうなると舞台全体の空気にも影響が出てしまう。つまり、私の反応にこの舞台の成否がかかっているのだ!そう思ったら、余計にぎこちなくなってしまい、結局無表情に近かったような気がする…。


あと、こういう音楽劇の場合、曲中に手拍子をしたり曲終わりで拍手をしたりするのはNGなのでしょうか。音楽のライブとは違いますが、どれくらいのリアクションをすればいいのか分からず、ちょっと戸惑いました。ここで無反応だと演者さんが気を悪くして舞台の出来栄えが下がってしまうのでは、など。


エンディングで全員勢ぞろいの後、カーテンコールは一度きり。あれ、もう終わり?何度も出てきてその都度拍手が大きくなってついには観客も立ち上がってのカーテンコールがやりたかったのに。やはりあれか、私のせいなのか。


面白かった。今からチケット取るのは難しいかもしれませんが、当日券など頑張って取って見るべし!そして面影ラッキーホールを予習して行くべし!

f:id:ese19731107:20150222170659j:plain

歌謡ファンク喜劇「いやおうなしに」公開稽古/O.L.H.(面影ラッキーホール)の世界が舞台に ...