読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やりやすいことから少しずつ

好きだと言えないくせして子供みたいに死ぬほど言ってもらいたがってる

岡村靖幸SPRINGツアー2016「幸福」 に行ってきました! 感想(その2)

与える人


これまでのお話↓
ese.hatenablog.com
ライブは中盤戦。白石さんのMCコーナー。既にこれも岡村ちゃんライブの楽しみの一つになっています。
白石さん「岡村靖幸スプリングツアー2016、幸福へようこそーーー!」
東京は男性が多い、反応が早い(白石さんが「せーの」という前にいろいろ言っちゃう)、今日は撮影が入っているので、後に何かありますよ(DVD!)、などなど。
バンドメンバー紹介で、よこりんからは「MC、白石元久!」と言われておりました。マニピュレーターでなくMCなのね。そのよこりんはメガネ&カチューシャだったので「休みの日のホスト」に見えたのは私の心に閉まっておきます。


で、このMCコーナーの後は当然「あの娘ぼくがロングシュート決めたらどんな顔するだろう」でその後は「だいすき」なわけです。ここは、もう変わらないのです。以前は「もうー、同じすぎ。そろそろ変えてよ」と思っていましたが(今でも思っているけど)、この流れは寅さんとか水戸黄門とか歌舞伎とかと同じく「王道で定石で本流」なのです。マンネリと言われればその通りですが、このセトリは「そこにあるべきもの」であり、この曲が一番輝く場所なのです。また、あるベイベの方に言われた「初めて岡村ちゃんのライブを見る人もいるのだから、一番いい形でやるのは当然」という言葉も「その通り!」と深く頷きました。
「だいすき」では「東京ベイベ、ぼくは君のことが…だいすきです!」というお決まりのセリフも、毎回キャーッとなってしまいます。何を言うか分かっているのに!くそう、掌で踊らされているぜ。
あと、岡村ちゃんはくるくる回りますが、どこかの曲でバレリーナのように手を水平に組んでくるりと回っていたのはこの曲だったかな。あー、忘れた!


幕が引かれて第一部終了。まだアンコールではないので何もしなくても続きは保証されていますが、手拍子をするぜ。
再び幕が開いて岡村ちゃん再臨!
えーっと、この曲は何だ?またもイントロドンで分からない私。アレンジ違いの「(E)na」でした!何度見てもこのタイトル秀逸。


で、次の「ヘアー」でまた一瞬圧縮がありました!今さら?と思いましたが、この曲のパワーを思い知りました。私が言うのもなんですが、この曲順は逆の方が盛り上がったのでは?敢えてなのかな?
「ヘアー」は、岡村ちゃんの元々のファンク要素と「Me-imi」以降のクラブ重低音サウンドが融合した現時点最高峰の岡村ファンクミュージックだと思っています。


続いての「ステップUP↑」はまた前回のツアーに引き続きミドルテンポバージョン。これ、Aメロは歌謡曲っぽくていいんだけど、サビやホーンのメロディの部分が何か間延びする感じなんだよなー。良し悪し。


再び白石さんタイム。物販の宣伝でした。面白いけど、あざといなー。
DVD収録のために男女でそれぞれ歓声だけを録ろう(女性の黄色い声、女性の野太い声、男性の声、男性の黄色い声)のコーナーもありました。男性の声は野太い声も黄色い声もキモいねん!私もそのひとりだけど。女性の黄色い声はパワーがある。卵くらい割れそう。


本編ラストはもちろん「SUPER GIRL」。この曲の「ダンスチャンスロマンスは自分次第だぜ」という部分を岡村ちゃんが言うたびに岡村ちゃんのこれまでのことを思い毎回泣いていたのですが、最近はそういう感傷的な気分にはもうならなくなりました。それは、もう「そういうこと」は心配する必要がないからです。過去のストーリーはもう関係なく、ただ素晴らしいパフォーマンスをしてくれるミュージシャンだからです。
もうね、歌もデンスも余裕綽々。この後半でこの声の伸びとダンスのキレ。どういうことだ!おい、そこの50歳!
また、この曲の後半で側転をする場面があって、毎回心の中で「どっせーい」という掛け声とともに森光子の「放浪記」のでんぐり返しを思いながら(つまりはヒヤヒヤしながら)見るのですが、今回は足が高い!きれい!これも過去最高の側転が出ました!


アンコール。弾き語りは上手(ステージ見て右側。白石さん・よこりん・純朗さん側)。
札幌公演でプリンスの「Sometimes It Snows in April」を歌ってくれたと聞いていたので期待していたら、今日も歌ってくれました!

R.I.P. Prince - Sometimes it Snows in April - Live in Norway 2010

Prince - Sometimes it snows in April
そのまま流れで「だいすき」をテンポゆったりめバージョンで(「エチケット」ピンクジャケットに収録されているあの感じ)。さっきバンドセットで歌ったばかりなのになぜ?と思ったら、


ということだったのか!気づけなかった!


東京ベイベ」では

東京ベイベ、会えてうれしいぜ。
Zeppベイベ、幸せが何か分かるの?俺は幸福と幸せについて暗中模索中なのさ。
子供を愛でるとき、星空がとてもきれいなとき、お母さんが作ってくれたカレーライスが旨いとき、友達ってめっちゃ大事だって思うとき、セクシーなものを見たとき、どれが一番幸福なの?ぼくにとって、君にとって。
君は答えをもう見つけたの?最初に言ったように俺はまだちょ、ちょっと、模索中っていうか。
だけど君に会えてうれしい!幸福だぜえ。君もそうだといいな。

と歌ってくれました(複数の皆さんのツイートを参照して書きました)。
岡村ちゃんは雑誌の対談などを読むと知識もあるしとても大人な感じがするのに、感性だけは若いままなので、こういうときにやられちゃう。平易な言葉だからこそみんなの心に沁みるし共感される。そして急に放り込む「暗中模索」のような四文字熟語や固有名詞。やられちゃう。


Lion Heart」もお馴染みの定位置ですが、歌声が素晴らしいのでうっとりと聴けます。この曲は本当に「歌上手いなあー」と思いながら聴いています。


スタッフがオベーションを持たせるのはDATEが終わる合図。
オベーションというギターの特性もあるのかもしれませんが、岡村ちゃんが弾くギターはリズム楽器のようでカッコイイ。あと、コードの聴こえも指の押さえ方も、「そのコード何?」という音ばかりでカッコイイ。
ラスト「Out of Blue」は1コーラスは岡村ちゃんがアコギ弾き語りで歌うのですが、今回はリズム激しめの弾き語りで新しくてよかった。
ラストの投げキッスは、左右・奥・2階にはたくさん投げていましたが、1階前方正面にはキッスを投げてくれませんでした。しかし、ラストのラストでの決めポーズでのキッスは私にくださいましたね。大丈夫です、分かっております。


終わってしまいました。
レコ発ツアーなのでアルバム曲はもちろん全て演奏してくれましたが、全体としては今までと同じ構成。以前はここで苦言を呈していた私ですが、もうやめます。この形が一番岡村ちゃんの良さがでるなら、それでいい。でもアンケートには書こう。開演時間を早めてくれ、も書こう。


また毎回同じこと書きますが、「過去最高だった!」。本当に「ダンスチャンスロマンスは自分次第」だし、年齢やアクシデントはやらない言い訳でしかない。やろうと思えばいつからだって始められるし再挑戦できる。
どれだけの努力や研鑽があるのかは私には分かりませんが、岡村ちゃんはそれを体現してくれています。自分もやらなきゃ。まずは部屋の掃除から。


もうひとつ思ったこと。岡村ちゃんはエンターテイナーだなあと。つまりそれは「与える人」ということです。我欲がない。100%私たちを楽しませるためにパフォーマンスしてくれるのです。
ありがたい。だから岡村ちゃんファンをやめられないし、私たちもライブではマナーよく、みんなが楽しくライブに集中できるようにしなきゃですね。
改めて、私は岡村靖幸がだいすきです!


f:id:ese19731107:20160428215255j:plain
終演後のステージを撮りましたが、ピンボケ。私のスマホめ!
f:id:ese19731107:20160428215759j:plain
f:id:ese19731107:20160428215809j:plain
f:id:ese19731107:20160428215812j:plain
お花いくつか。これの他に楽屋にはユーミンからもお花が届いていたそうです。


次はツアー最終日、新潟!楽しみ!


●セットリスト↓
(このセトリはこちらのページで見つけました。岡村靖幸 @ Zepp DiverCity (東京都) (2016.04.28) | ライブ・セットリスト情報サービス【 LiveFans (ライブファンズ) 】
1.できるだけ純情でいたい
2.Can't Hide Love(アース・ウインド&ファイヤー
3.新時代思想
4.どぉなっちゃってんだよ
5.カルアミルク
6.Punch↑
7.祈りの季節
8.ぶーしゃかLOOP
9.揺れるお年頃
岡村ちゃん退場。バンドタイム)
10.ラブメッセージ
11.彼氏になって優しくなって
12.イケナイコトカイ
13.いじわる
14.愛はおしゃれじゃない
15.ビバナミダ
(白石さんタイム)
16.あの娘ぼくがロングシュート決めたらどんな顔するだろう
17.だいすき
<第2部>
18.(E)na
19.ヘアー
20.ステップUP↑
(白石さんタイム)
21.SUPER GIRL
<アンコール>
22.弾き語り
「Sometimes It Snows in April」(プリンス)~「だいすき」~「東京ベイベ」
23.Lion Heart
24.Out of Blue


幸福

幸福