読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やりやすいことから少しずつ

好きだと言えないくせして子供みたいに死ぬほど言ってもらいたがってる

楽しくない合コンであっても、大人の対応は必要だよね

雑感

単なる愚痴です


昨日、合コンをしてきました。今後につながる何かもなく帰ってきたのですが、どうももやもやするのでここに書き散らかそう。
合コンに失敗したおっさんが愚痴を書いているだけなので、何も面白い話はありません。そしてこれは私側の視点しかないので、女性から見たら全く違うドラマがあっただろうとも思います。


今回は男女とも3人ずつ。それに橋渡し役の幹事(男。彼女アリ)の合計7名で行いました。

女A:ショートカットでちょいぽっちゃり。
女B:ストレートロングでクールな感じ。
女C:ミディアムロングで3人のまとめ役な感じ。

会場の居酒屋に着いてまず乾杯のお酒を決めます。私はもちろんビールなのでメニューを見るまでもないのですが、女性陣がなかなか決まらない。「どうする~?」「これ絶対不味いよね~!」などとキャッキャしています。おーい、店員さん待っているよー。
私は最初はビールしか飲まないので悩むということはないのですが、最初ビールではない人は、毎回お店に来てからあれこれ悩むものでしょうか。最初の1杯はもう決めておいて、それがその店にあるかどうかだけ確認するくらいじゃダメ?
いきなりテンポが悪くてつまづく。


乾杯し、自己紹介。皆さんの名前を聞いた後、「お仕事は?」と訊くと「会社員」という返答。
なんだそれ。
「会社ってどこの?」「事務員」
なんだそれ。
何この個人情報保護。もう興味が失せた。心折れかけた。


でもまあこちらも大人ですから、いろいろ会話するわけです。質問するわけです。
「おすすめの映画ある?」「映画あんまり見ないからなあ」
「何かスポーツする?」「しない」
「休みの日って何してるの?」「うーん、何やってるかなあ」
広がらない。始まらない。つながらない。続かない。
向こうからしたら「おめーらに教える情報はねえ」なのかもしれません。イケメンに限る、なのかもしれません。
いやでもさあ、私たちの顔を見て「こりゃ失敗だ」と思ったとしても、この時間くらいは楽しく過ごそうよ。つまんない時間をつまんなく過ごしたら、そりゃつまらんよ。おもしろきこともなき世をおもしろく、の方が世の中楽しいよ。


今回は男女がそれぞれ横並びで座り、男女が対面する形で始まりました。これがいけなかったのかもしれない。男女が互い違いに座る方式だったらまた違う展開になっていたのかもしれない。たられば。
今回は女性が3人横並びで、真ん中のBさんが一番テンション低かったので、AさんもCさんもなかなかノリノリになれなかったのかもしれません。合コンに来てスカすノリはカッコ悪い。男性に媚びる必要はないけど、場を楽しくしようとしない、楽しくしようとする努力を払い落とすのは止めてほしいです。


途中で「今回はナシ」と悟りました。多分それは男性陣女性陣両方とも。
お開きの時間が近づいてきて、LINEの友達申請をお願いしました。個人的には今後つながっていくつもりはないし近くない相手とは筆不精なのですが、これすらやらずに終わるのも相手方に失礼かなと思い、勇気を出してのお願いでした。
しかし、女性陣は「やり方よく分かんない」と言ってなかなかスマホを持ち出そうともしない!
折れた。折れたね。阿部サダヲばりに心が折れたね。ドラマ見てないけど。
もう私は顔を上げることができませんでした。住所電話番号スリーサイズを訊くわけじゃないんだから。LINE申請くらい今では「訊くことがマナー」だと思っていたのですが。
ようやくスマホを取り出してくれたのですが、実際のところ私の方が操作方法を分かっておらず、同僚にグループ登録などしてもらいました。本来ならお前がこの辺率先してやってくれよ。おっさんにさせるなよ。


始まった時間が遅かったせいもあり(いや今回は遅くなくても)、2次会などはなく解散。女性陣は飲まなかったAさんの車で帰りました。
私もそのまま帰りましたが、私以外の男性陣3人は別の店に行き、愚痴と反省会を繰り広げたそうです。


今回は私たち男性陣の魅力不足・技術不足で上手くいきませんでしたが、それにしても塩対応すぎないか、と思いました。
でも女性陣側からしてみれば別の言い分もあるでしょうから、一方的に責めることはできません。
いやでもさあ…。以下ループ。


合コンの達人 (ベストセレクト)

合コンの達人 (ベストセレクト)