読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やりやすいことから少しずつ

好きだと言えないくせして子供みたいに死ぬほど言ってもらいたがってる

岡村靖幸ライブツアー「This is my life」静岡公演 感想(その2)

ライブ 岡村靖幸 音楽

He is my アイドル


前回のお話。↓
ese.hatenablog.com
アンコールです。
今回の弾き語りは下手側(舞台見て左側)。まずは「だいすき」のしっとりバージョンをサビだけ。
続いて「静岡ベイベー」。
「静岡は結構近いぜぇ。こんなに近いなら結構マメに会いたいぜぇ。君も僕に会い来ておくれ」的なことを歌ってくれました。
しかし、あまり内容はなし。多分岡村ちゃんも同じことを思ったのか、また「静岡ベイベー」を続けてくれました。
今回は「君の笑顔はステキなのさ。英語で言うとプライスレスだぜぇ」という内容でした。(うろ覚え!)


エレピから立ち上がって流れてきたこのアコギのアルペジオは「ちぎれた夜」!
この曲をライブで聴けるとは思っていませんでした。この曲は歌詞が難解で、「花」「君」「おじいさん」「同じ証」これらは何を表しているのか?知りたいけど岡村ちゃんは音楽の中身についてのインタビューは受けてくれないので、絶対にきっと答えてくれやしない。


続いては「真夜中のサイクリング」。
この曲は、個人的にはそんなに大好きソングではないのですが、このタイミングで歌われると沁みる!活動停滞期だったときに出たこのシングルは、岡村ちゃんはどういう思いがあって作ったのか、そして今どういう思いで歌っているのか。


曲が終わり、スタッフが岡村ちゃんにオベーションを掛けます。ああ、ということは、あの曲をやって、今夜のライブが終わっちゃうのね…!
オベーションでカッコいいリフを弾きまくる岡村ちゃん。さっきまであんなに自由自在にキーボードを弾いていたのに今度はギターも自由自在ですよ。もう、今さらですが、才能あるなあ!
「多分23歳」などのコール&レスポンスを繰り返すのですが、岡村ちゃんの要求はレベルが高くてついていくのが大変。でも楽しい。


「Out Of Blue」のイントロはライブ終了の合図。いい曲なのに寂しくなっちゃう…!
最後なので岡村ちゃんは隅から隅まで動き回って目線を送ってくれます。もちろん私のところにも本日8回目くらいのアイコンタクトをいただきました(妄想と確信)。
投げキッスは受け取れなかった!残念。


ああ、終わってしまいました。時計を見ると21:05。2時間50分の長丁場、ありがとうございました!
(さて、暴走と妄想の話をしよう)
今回、本当にたくさん目線をいただきました。いや、みんな「私も!」と言うでしょうが、今回はマジで私に多くいただいたのです。
途中「帰り際、スタッフに『岡村があなたに会いたいと言っているのでちょっと楽屋まで来てもらえますか』なんて声かけられたらどうしよう。上着着ると分かりにくくなっちゃうからまだTシャツのままでいた方がいいのかな」なんて考えていました。
(以上、暴走と妄想終了)


今回、本当に声の調子が良かったです。声が出る出る。今までのヒヤヒヤとかハラハラ感一切なし。「エチケット」以降何度もライブを見てきましたが、一番グッドコンディションでした。
そして、岡村ちゃんが楽しそう。笑顔の量も復活以降過去最高だったのでは?
私は、楽しすぎてウズウズモジモジしながらライブを見ていました。子どもが楽しすぎて駆け出して奇声を発して謎のダンスをする感じ。大人なので抑えましたが、足は地団駄を踏むようにウズウズモジモジ。


「男でよかった」。これも今回の感想のひとつ。
私は今までアイドルというものにはまったことがありません。聖子ちゃんもおニャン子モー娘。AKB48も。なのに、このもどかしい想いは「アイドル熱」なのでは!もし私が女性だったら惚れてしまってどうしようもないかも。
今までも岡村靖幸のことは大好きでしたが、それは「天才音楽家」として大好きだったのです。それが今回のライブで「岡村ちゃん」自身もちょっと好きになり過ぎてきている…!危険だ。


もうひとつ。今回、男性ファンが多かったです。静岡だけでしょうか?他の公演でもこれくらいの割合?復活直後は2割以下だったメンベイが、今回は4割近くいた気がします。
うれしいことですが、スタンディングだと女性の方は大変になっちゃいますね。


ちょっと冷静になろう。
今回のライブはホール(イスあり)だったのですが、ホールはいい。傾斜があるので後ろでも見やすいし、デンスもし放題。私は今回15列目の端っこの方だったのですが、十分堪能できました。
もちろんスタンディングの熱気も好きですし、ファンの中にはスタンディングじゃなきゃ、という方もいるでしょう。なので、今後もライブハウスとホールの2本立てでツアーを行っていただきたいです。特に東京は何回か公演するのなら、東京の中でホール公演もやってほしいな。東京はちょうど良い規模のホールが少なくて残念ですが。


セトリについて。
全体の構成はいつも通り(舞台セットもいつも通り)ですが、選曲は良かったです。
今後個人的に聴きたいのは「Peach Time」(「早熟」の「修学旅行MIX」だったら、オープニングにも合いそう)、「虹を見たかい」(美里さんへの提供曲)、「青年14歳」(「禁じられた生きがい」からの選曲はいつまでもガードが固いな)などです。
アンケートに書こうと思ったらそういう項目なかった。残念。


思いつくままに書くのでとりとめもまとまりもないですが、以上で終了。
いやー、良かった。行こうかどうか迷っている人がいたら、必ず行くべし。過去最高の最新型の岡村靖幸に出会えますよ。


セトリ↓
(この方のブログより転載させていただきました。静岡バージョンに直して)
2015-04-29 - sugar-free
1.(オープニング曲。知らない曲でした。)
2.どぉなっちゃってんだよ
3.泣いちゃいそうだよ(渡辺美里への提供曲セルフカバー)
4.カルアミルク
5.Dog Days~ラブタンバリン
6.Automatic(宇多田ヒカルカバー)
7.愛はおしゃれじゃない
8.ビバナミダ
(お着替え&バンドタイム)
9.彼氏になって優しくなって
10.イケナイコトカイ
11.いじわる
12.19~I Still Haven't Found What I'm Looking For(U2カバー)
(白石さんMC)
13.あの娘ぼくがロングシュートきめたらどんな顔するだろう
14.だいすき

~第2部~
15.慕情(サザンオールスターズカバー)
16.Lovin' You(渡辺美里への提供曲セルフカバー)
17.スキャンティブルース(MEGへの提供曲セルフカバー)
18.Come Baby(岡村と卓球。ファンクアレンジ。)
19.うちあわせ
(白石さんMC)
20.Super Girl

~アンコール~
21.だいすき~静岡ベイベ
22.ちぎれた夜
23.真夜中のサイクリング
24.Out Of Blue


彼氏になって優しくなって

彼氏になって優しくなって

愛はおしゃれじゃない

愛はおしゃれじゃない