読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やりやすいことから少しずつ

好きだと言えないくせして子供みたいに死ぬほど言ってもらいたがってる

「モテキナイツ2」に行ってきました! 感想(その2)

音楽 ライブ 真心ブラザーズ

初めてロックンロールを体験した


カリスマドットコムに続いてライブアクトは渡辺俊美。私、名前は知っていますが音楽は全くチェックしていませんでした。
渡辺さんはガットギターで、その他のバンドメンバーはドラム、キーボード、ギターというベースレスの編成です。ガットギターなのでラテンテイストな曲が多い。明るいのに憂いがある。
このバンドは、キーボードの子がとっても良かったです。クラムボン原田郁子みたい。ああいう、才能のある女の子はみんなあんな感じになるの?
後半、くるりの「東京」をカバー。ここではギターの人がベースに持ち替えて演奏。うん、やっぱりベースあった方がいいな。
さっきから「キーボードの子」「ギターの人」と書いていてすみません。名前が分からないんです。ライブ中にメンバー紹介してくれるのですが、演奏中だから聴こえないのです。

渡辺俊美 "夜の森" (Official Music Video) - YouTube

渡辺俊美 "安らぎの場所" (Official Music Video) - YouTube


次のDJブースはジョニー大蔵大臣。「水中、それは苦しい」も含めて、名前は聞いたことあるけど音は全く知りません。
「親から生まれた桃太郎、ジョニー大蔵大臣です」という自己紹介で始まったジョニー大蔵大臣は、ひたすら面白かった!
「普段は水中、それは苦しいというバンドをやっているんですが、パフュームみたいなポップなバンドで、メンバーは1,000人いるんですけど、みんなバイトで今日来れなくて」
「浜辺でカメにいじめられていたところを大根監督に助けられました」
「チューニングは恥ずかしいことではありません。僕が最初にチューニングをしたのは小学校6年生の頃で、あの当時は今みたいにDVDもネットもないから、主にマンガでチューニングをしていました」
「チューニングのやりすぎでバカになるっていうのは迷信ですので、みんなもどんどんチューニングしてください」
ああ、こんな文章では面白さが伝わらない。そしてだいぶ忘れている。この日のパフォーマンス、誰かまとめてYouTubeに上げてくれないかな。一発で好きになるから。
しゃべれば劇団ひとり並み、ギターを弾けばそのカッティングはアベフトシ並み、そして曲ははなわ以上のクオリティ。これは、すぐにテレビ出られるぞ。R-1でも準決勝までは絶対に行けるぞ。有吉曰く「テレビのハイエナども」が寄ってきそうなフレーズと間。これはいいものを見た!

水中、それは苦しい「農業、校長、そして手品」 - YouTube

ジョニー大蔵大臣 - YouTube


何と大トリはN'夙川BOYS!
一応「モテキ」つながりで以前アルバムをチェックしましたが、「物語はちと不安定」以外は全くはまらず、なぜ人気があるのか分かりませんでした。
なので今回もそんなに期待していなかったのですが、これがやられた!持っていかれた!アゲられた!
ベースレスのバンドなのにドラムもギターも上手くない。歌もちゃんと歌っていないからどんなメロディーなのかよく聴こえないし、歌も上手くない。
なのに。
リンダもマーヤも客席に入り込み、クラウドサーフでだいぶ後ろまで運ばれる。それでも演奏は止まらない。ついにはお客さんに足を支えられながら立ち上がって歌うマーヤ!
曲を知っているとか演奏力や歌唱力がどうとか、そんなの関係ねー!いつしか会場中は拳を振り上げ、この日一番の大盛り上がりになっていました!もちろん私も!
正直ここまで、この日の盛り上がりのピークは久保ミツロウDJのももクロ「走れ」だったのですよ。ジョニー大蔵大臣の爆笑を除けば。それがここで最高記録大きく更新!!
いやー、いい体験でした。私はN'夙川BOYSに音楽ではなくロックンロールを教えてもらいました。
そしてアンコールでは何と、嬢王蜂のアヴちゃん登場!さらに会場爆発!
こちらも初めての体験。よく分からないけど「すげーもん見た」「やばいもん見た」ことだけは分かりました。

N'夙川ボーイズ - 物語はちと?不安定 - YouTube


ようやくエンディング。
DJブースからだいぶ酔っぱらった大根監督が最後のあいさつ。
「『モテキ2』を作れという声はよく聞くんですが、全て無視しています。でも、このイベントだけは続けていこうと思っています。このイベントこそが『モテキ』最大の財産だと思っているんで」と嬉しい発言。でも、これ以上続けると、「モテキ」に使われた曲はもう出尽くしちゃんじゃない?かといって「大根ナイツ」じゃお客さん集まらないしな。


大満足で会場を出て時計を見ると、何と22時!スタートが17時だから、何と5時間立ちっぱなしの踊りっぱなしのはしゃぎっぱなし。確かに疲れましたが、大満足の濃密な時間でした。
実は今回、スガシカオ・真心が出たときに「もう帰ってもいいかな」なんてちょっと思ったのです。それが、いろんな角度から楽しさ・面白さ・熱さを更新してくれて、結果大満足の完全燃焼!
深夜高速バスで帰って翌日仕事に行きましたが、エネルギー注入されたので睡魔にも負けずに元気で過ごせました。でも、このイベントの熱さを語っても職場の人には全然伝わりませんでした。カリスマドットコムがね、夙川BOYSってのはね、嬢王蜂のね、ジョニー大蔵大臣っていうのがいてね、それは水中、それは苦しいなんだけど…。
当たり前ですが、世間には知られてないなあ。


セットリスト↓
RO69から頂戴しました。

■スガ シカオ
1. Party People
2. 91時91分
3. コノユビトマレ
4. Re:you
5. Festival

真心ブラザーズ
1. EVERYBODY SINGIN' LOVE SONG
2. BABY BABY BABY
3. 消えない絵
4. 流れ星
5. 愛
6. ENDLESS SUMMER NUDE
7. 拝啓、ジョン・レノン

■Charisma.com
1. HATE
2. 歪LOVE
3. NOW
4. メンヘラブス
5. AUTOMADE
6. GEORGE

渡辺俊美
1. 安らぎの場所
2. 夏の約束
3. ピノキオ
4. 東京
5. Another Sun
6. オトコのリズム
7. 夜の森

■ジョニー大蔵大臣
1. 安めぐみのテーマ
2. 農業、校長、そして手品
3. おっと!オトタケ
4. アゲインアゲイン
5. 芸人の墓

■N'夙川BOYS
1. プラネットマジック
2. Freedom
3. 24hour
4. 路地裏BE-BOP
5. Candy People
6. 物語はちと?不安定
EN. The シーン