やりやすいことから少しずつ

好きだと言えないくせして子供みたいに死ぬほど言ってもらいたがってる

何も覚えてない、何も覚えられない

私の頭の中の消しゴムでかすぎ


歳を取ってきたので物忘れが激しい、新しいことが覚えられないというのは皆さん共通の話題でしょうが、最近自分で「ちょっと仕事や生活に支障をきたすレベルでヤバいな」と思うので、今回のエントリを書きます。

覚えてない編

もともと私の子ども時代は自意識の形成も遅かったので、何も覚えていないのも無理はありません。
ただ何となく生きていただけ。未来への希望とか現在の悩みとかは何もなく、ただ飯を食べ、寝て、うんこをしているだけの少年時代でした。
なので、小学生までは別の子役が演じていたと思っているし、その後中学までは虫時代、高校は犬時代と自ら命名していて、大学に入ってようやく人になった感じがあります。そこからは記憶があります。
現在高校卒業以来の地元生活を送っているのですが、誰も分かりません。田舎なので中学までの同級生、高校の同級生はたくさんいるのですが、誰も分かりません。
記憶って上書き保存を繰り返すから昔のことも覚えているのだと思うのですが、その上書き保存って、何度も思い出したり誰かと思い出話をしたりするから繰り返し上書き保存されていくのだと思うのです。
私にはそれがない。高校時代はほぼ帰宅部だったこともあり、強烈な記憶がないのです。高校を卒業してすぐに地元を離れたので、継続して付き合っている友達もいない。なので、思い出すことも語り合うこともなく、どんどん忘却の彼方に記憶は消え去っていきました。
高校の担任の名前も分からない。自分が何組だったかも覚えてない。元カノの名前も憶えてない。昨日の夕飯も覚えてない。ヤバいです。


今までは地元とのつながりもなかったので何も問題なかったのですが、現在地元に帰ってきて、いろいろ支障があります。
同級生がまず分からない。その同級生も中学までの同級生なのか、高校からの同級生なのかも分からない。「あいつの1コ上の先輩」なんて上級編はもうお手上げです。さらに「あいつの家の隣の家の息子が」なんて応用編は考える気も起きません。
そもそも、「誰と誰の年齢(学年)差」や「家族構成とその職業」など、そんな細かい情報が基本インフラになっている田舎って怖いな。防犯カメラ以上の監視社会じゃないか。

覚えられない編

とまあ、過去の情報は何も覚えていないのですが、現在は地元で働くことになり、新たな人間関係が出来てきます。
職場の同僚・上司、仕事で知り合う人など。えー、これがまた、覚えられない!
仕事上の付き合いの人は、その仕事で会えば、顔は分かります。「○○商工会の人」とか。でも、名前は覚えていません。私の周りの人はもちろん付き合いも長いので気さくに会話していますが、私は名前が分からないので会話の手順に大きな制約があります。そもそも、名前が分からないので話しかけられません。
そして、田舎なので仕事以外の場でも出会うことがしばしばあります。肩書きもスーツもユニフォームもない場面。もう無理です。「知っている人」以外の情報が出てきません。名前以前に、どういうつながりでの知り合いなのかが分かりません。
なのに、先方は「ああ、エセさん」なんて名前で呼んでくれるのです。「ああどうも。お疲れ様です」以上で会話は終了です。だって何者かも分からないので、どういう会話していいか分からないもの。
それにしても、先方はよく私のことを覚えているなあ。私は初対面ではとても社交的に振る舞うので、覚えやすいのかもしれません。そして2回目以降は私の人見知りが発動するので、会話がぎこちなくなってしまう。
これではいかん。と思うのですが、人見知り以前に覚えてないんだもん。どうしようもない。

覚えてないし、覚えないし、忘れる編

というわけで、過去は覚えてないし現在も覚えられない私です。そしてこれが最近さらにひどくなってきています。
固有名詞が出てこない。有名人の名前とか映画のタイトルとか。これは私くらいの年齢になればある程度はしょうがないと思うのでそんなに気にしていませんが、最近はもっとひどくて、隣にいる同僚の名前が出てこないこともあるのです。話しかけようとして、えーっとお前は誰だっけ?と一瞬悩むときがあるのです。
あと、外部から「○○株式会社の△△です」と電話が掛かってくると、○○か△△のどちらかしか記憶できない。課内に取り次ぐ際も「○○株式会社からです」「誰?」「お名前はちょっと…」や、「何とか株式会社の△△様からです」「どこの人?」「それはちょっと…」なんてことがしばしば。


最近、ちょっと笑えないレベルだし仕事にも支障をきたすなと思うのですが、そう思っても覚えられないし忘れていく。若年性何とかなのかな。
もともとこのブログだって本を読んでも映画を見ても全て忘れるのでその備忘録として始めたのです。
そのおかげで、ここに書いてあることはさすがに覚えていますが、このライブは誰と行ったんだっけ?とかこの劇場は以前何の舞台で来たんだっけ?とか、ブログに書いてないことは全て忘れています。


さて明日からも「ああどうも。お疲れ様です」で乗り切ろうっと。


私の頭の中の消しゴム [DVD]

私の頭の中の消しゴム [DVD]

見てないけど。