読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やりやすいことから少しずつ

好きだと言えないくせして子供みたいに死ぬほど言ってもらいたがってる

RHYMESTERライブツアー「KING OF STAGE Vol.12」 at ZeppNagoyaに行ってきました! 感想(その1)

はるばるの甲斐


(ネタバレあります)
RHYMESTER(ライムスター)ライブツアー「KING OF STAGE Vol.12」の名古屋公演に行ってきました。わざわざ、はるばる、名古屋まで。
本当は東京公演に行きたかったのですが、仕事の都合上行けずTwitterで愚痴を漏らしていたら、チケットを譲っていただけることができました。Twitter最高!文明の利器最高!
f:id:ese19731107:20151012173505j:plain
今回はZepp公演なのに「前方指定席」という謎の仕様。どういうこと?と思って現地に着くと、一階前方がパイプイスで、後方バーの部分からスタンディングになっていました。ほうほう、なるほど。
指定席は楽ちんだ。開演ぎりぎりに着いても席は確保されているし、荷物もイスに置けばいい。会場内もゆっくり見回ることができる。
f:id:ese19731107:20151012173821j:plain
RHYMESTERなのにプレゼントBOXがある。アイドルみたい!
f:id:ese19731107:20151012173825j:plain
何も入っていませんでした…。


今回の席は6列目下手側(Dさん側)。何だこのいい席!改めてこの席ありがとう!
さあ、開演!
もちろんオープニングはアルバム「Bitter,Sweet&Beautiful」のオープニングイントロ。
幕が開くと、半円のスクリーン(円柱を半分に切ったような形)があり、そこにアルバムロゴが映し出されています。そしてそのスクリーンが上に上がっていくと、RHYMESTERの3人がそこにいる!後ろから当てられている照明で、3人のお顔は見えません。


イントロの次は「フットステップス・イン・ザ・ダーク」。うん、この流れも予想通り。
しかし、3人は動きません。照明もそのままでバックライトに照らされてお顔が見えないままラップします。何だこれ、この演出カッコいい!
次の「Still Changing」でようやく正面からも照明が当たり、3人のお姿を拝見。今回は黒と赤を基調とした衣装で、もちろんカッコいい。
RHYMESTER - Still Changing - YouTube


ここまでは予想していた曲順ですが、この次はどうなるのかなーと思っていたら、「ペインキラー」!おお、これがきたか!
曲終わりで最初のMC。
宇「これ、マジな話なんだけど、東京でこの間ライブがあってめちゃくちゃ盛り上がったんだけど、ライブの後、会場でCDが飛ぶように売れたんだって。俺、それ聞いて『マジかよ!アホか!』って怪鳥音を上げまくった」宇「いるもんな、今どきあいさつで『いつもYouTubeで聴いてます』っていうの」D「あとね、『昔ファンでした』っていう奴」


MC後「SOMINSAI feat. PUNPEE」。もちろん曲途中でPUNPEE登場。この曲、聴けば聴くほど変な曲だよなー。
PUNPEEがいるからもちろんこの曲も。「Kids In The Park feat. PUNPEE」「モノンクル」。


RHYMESTER - Kids In The Park feat. PUNPEE - YouTube

でもやっぱり、私はPUNPEEがあまりはまらない。トラックもラップも。フック(サビメロ)は才能あると思いますが、それ以外はあまりしっくりこない。今回のアルバムがあまりはまらなかったのはPUNPEE曲が多かったからだな。
お嫁においで 2015 / 加山雄三 feat. PUNPEE - YouTube
これは面白いぞ。


PUNPEE退場後、不穏なベース音。これは「ガラパゴス」!
RHYMESTER - ガラパゴス - YouTube
今回のライブは半円のスクリーンに映像が出るので、ビジュアル的にもカッコいいし見栄えがする。いいぞ、今回!
そして次は何と「20世紀~開け心」!フルコーラスではありませんが、こんなクラシックを入れてくるとは意外。
この流れで「WE LOVE HIPHOP」。なるほど、ガラパゴスな進化を遂げた日本語HIPHOPの流れを追っているのですな。
と思っていたら「B-BOYイズム」!この序盤でこれか!確かにこの流れだったら外せない選曲だけど、この序盤で興奮しすぎだ!


ここで第一部終了。
スクリーンが下りてきて、またパロディCM。今回はボラギノール(静止画で進むあれ)。「外にはさっとパーカー羽織って、中にはTシャツをするっと注入」って、どういうことだよ!
ボラギノール CM サラリーマン篇 山本卓 - YouTube

天藤製薬 ボラギノール「遊園地」 - YouTube
続いては過払い金を取り戻す弁護士協会のCM。これはそんなに面白くないなーと思っていたら、ナレーションはlecca!無駄に贅沢!
そして前回大好評だった「宇多丸クリニック」をJINさんもDさんもやるバージョンが流れましたが、やはり宇多さんに敵う出来はありません。あの笑顔がいいんです。
城本クリニック テレビCM 「コロコロ編」 - YouTube


第二部スタート。
まずは前回のツアーのオープニングで披露したほぼアカペラの自己紹介ソング。「Rで始まりRで終わる」ってやつ。
続いて「The Choice Is Yours」。おお、この曲がここか!いつも本編ラストに置かれていてそこが定位置だったのをここに持ってきたのか。うん、いい!
曲後半で宇多さん「決めるのは…、お前だー!」と客席の個人を指さすのが面白かった。これ、今後の定番になりそう。私も指して!


宇「選ぶのは君だ、ということは…、ミステリーコーナー」です。Dさんはなぜかステージから退場。
そして入れ替わりでしゅうけい君登場。今回は頭にビクターのキャラクター「ニッパー君」を頭に載せて登場。
f:id:ese19731107:20151018220033j:plain
今回は今までのようなやらせ的なものではなく、本当に20曲の候補曲が的(に見えるハードディスク)にあり、ここからランダムに選ばれた3曲をメドレーにしてすぐ歌うというもの。えー、これは本当にすごいぞ。
矢(に見える通信機器)を投げるのはお客さんから選ぶということで一生懸命に手を挙げましたが、やはり選ばれず最前列の人が選ばれました。くそう。
で、選ばれたのが「耳ヲ貸スベキ」「ロイヤル・ストレート・フラッシュ」「ザ・グレート・アマチュアリズム」という3曲!何というブチ上がる選曲!しゅうけい君も「最高得点です!」と言っていましたな。
しゅうけい君退場。今回はあまり宇多さんとからみがなくて残念。もっとしゃべってほしかった。
入れ替わりで戻って来るDさん。宇多さんの後ろに立って「志村後ろ後ろー!」みたいなからみをやっていました。仲いいな!


ここからどの順番で歌うのか、何番まで歌うのか、どうやってつなげるのかをステージ上で話し合う3人。いやー、本当に即興でまとめるのね。本当にこの会場でしか見れないんだもんなー。ライブは文字通り「LIVE」ですな。
演奏したのは「ロイヤル~」「耳ヲ」「アマチュアリズム」の順番。私は「ザ・グレート・アマチュアリズム」が大好きで、ライブ本編のクライマックスでこれやられるとめちゃめちゃ盛り上がるのですが、「次この曲」と分かっているとそんなに盛り上がらないな(自分の中で)。やはりセトリは知らずに「うおー、この曲が来た!」とびっくりしながら体感した方が楽しいな。
アマチュアリズム・レボリューション21/モーニング娘。にライムスター - YouTube
これは誰かが作ったマッシュアップですが、すごく出来がいいので聴いてほしい。


まだライブは半ばですが、長くなってきたので一旦切ります。続きはまた次回。忘れないうちに早く書かなくては。頑張れ私の海馬。


Bitter,Sweet&Beautiful

Bitter,Sweet&Beautiful