読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やりやすいことから少しずつ

好きだと言えないくせして子供みたいに死ぬほど言ってもらいたがってる

映画「ブラック・スワン」 感想

ナタリーーーーーー!!!!!


映画「ブラック・スワン」を今さらですが、見ました。
素晴らしい映画ということは方々から聞いていましたが、「でもバレエ映画だしなあ。バレエ興味ねえし」と思って今までスルーしてきました。
で、見たらこれはバレエ映画ではなくホラー映画じゃねえか!(TSUTAYAのジャンルだとミステリーになっていた)


お話は、まあよくあるっちゃある物語。芸事・芸術に打ち込むあまり自我や人間性が崩壊していく物語。「バードマン」「セッション」を思いながら見ていました。それにプラスして「自分の夢を子供に託す過剰に束縛する母親との物語」も。


この作品は、キャスティングが上手い。いい子ちゃんの主役ニナにナタリー・ポートマン。彼女も子役時代からヒロインばかり。そんな彼女がいい子ちゃんの殻を破るために破滅に進んでいくのですが、これをやり遂げたからこそアカデミー賞主演女優賞を受賞できたのでしょう。破滅しなくてよかった。
舞台監督のヴァンサン・カッセルも、ライバルのミラ・クニスも、「そういう人!」にしか見えませんでした。
そして、極め付きがウィノナ・ライダー。落日のプリマで、自分を捨てた舞台監督にすがりつき、自ら自動車事故に遭う。かつてのスターも時代とともに必要にされなくなっていく。ニナは彼女に憧れ、彼女の化粧品やアクセサリーを盗んでいたのですが、万引きで逮捕されたウィノナから万引きするのか!監督、このキャスティング、わざとですか?w


もちろん脚本も演出も素晴らしいのですが、この作品は圧倒的にナタリー・ポートマンの演技にやられた!
前半の明るく健気な優等生から中盤の不安定さ、後半の混乱と破滅への道、そしてクライマックスの黒鳥!まさにブラック・スワン!あの自信に溢れた悪い顔!今までの弱さや不安ばかりだった彼女の顔が全てフリに見えます。
役作りとしてだいぶ減量したそうで、本当にプリマっぽい。男の私から見ると痩せすぎで女性としての魅力(エロス部門)はあまり感じなかったのですが、女性目線だとどうだったのでしょうか。
ここまで痩せること、バレエを踊れること、セクシーなシーンも演じること。これ、日本ではできない作品ですね。この役をできる女優さんはいるのか。
バレエのシーンはボディ・ダブルで別の人が演じた箇所もあるらしいのですが、私はバレエの上手い下手は分からないので何も気になりませんでした。
私は普段脚本重視で映画を見るたちで、俳優の演技はあまり気にしないし気にならないし気がつかないのですが、この作品はナタリーにやられた。


あー、これは劇場で見るべきだったなあ。



映画『ブラック・スワン』予告編