やりやすいことから少しずつ

好きだと言えないくせして子供みたいに死ぬほど言ってもらいたがってる

マスコミが放送しているのは「報道」ではなく「感情」

そりゃいじめはなくならないよな


舛添さんが都知事を辞職しました。私は東京都民ではないので直接関係はないのですが、それでも思うことがあり、書きます。


そもそも、舛添さんは辞職をしなければならなかったのでしょうか。
政治資金規正法は入ってくるお金は厳密に規定されていますが、出す部分に関してはほとんど規定がありません。なので、舛添さんはそれに則り、公私混同なお金の使い方をしたのです。「違法ではないが不適切」ってやつです。
でもね、何が政治に役立つのかは誰が決めるのでしょうか。クレヨンしんちゃんから家族の大切さを学ぼうとしたのかもしれない、中国服から中国との関係改善の糸口を探ろうとしたのかもしれない、家族で正月旅行をすることで世間の動きを知ろうとしたのかもしれない。
どれも私が勝手に書いていることなので正しくないかもしれません。しかし、その正解不正解を出せるのは舛添さん本人だけです。
ひとつひとつを取り出して「これは政治に役立つのか」と問いただすのは基礎研究をしている学者に向かって「この研究は何の役に立つの」と訊くようなものです。短絡的な費用対効果だけで判断してはいけません。


2歩譲って舛添さんが公私混同なお金の使い方をしていたとしましょう。というか私もそう思っているけど。
公私混同なお金の使い方が世間にばれ、その分はお返しします。今後は無給で働きます。
これで不満ですか?何が不満ですか?舛添さんがセコいからですか?私も舛添さんはセコいなーと思います。あの顔が腹立つからですか?私も何だかムカつく顔してるなーと思います。
でも、それが辞職に値しますか?いや、ただ辞めさせて別の人に代わるだけならいいけど、50億円かかるのですよ。その価値があるほどの大罪ですか?その価値があるほどのセコさですか?


数百万のセコいお金の使い方(繰り返しますが違法ではありません)は咎めるのに選挙に50億円かかることはOKなの?みなさんどういう損得勘定で動いているのでしょうか。
その50億円で保育所作ったり給料上げたりしてもらった方がよくないですか?
これだけ叩かれれば今後はきちんとしたお金の使い方をするでしょう。さらに今後は無給で働くそうですよ。いちばんいい都知事じゃないですか。


100歩譲って、世間が「辞職しろ」という風潮だとしても、マスコミがそれに乗っかるのは「報道」に携わる人のやることでしょうか。というか、そもそもマスコミが「辞職しろ」という方向で報道したからこうなったのだと思っていますが。
舛添さんがやったことは確かにセコいことですが、それは法律違反ではないし、そもそも参議院議員時代の話で都議会には関係ないし、ファーストクラスは過去の都知事も使っていたし、石原都知事は自分の息子に税金を使っていたし、首都大学東京も新東京銀行築地市場も移転も東京五輪も、目立つ政策はことごとく失敗していたし、もっと傍若無人だったし、ということを並列に公平に中立に報道してくれたのでしょうか。
睡眠障害の人やワインの人やHDDをドリルで壊した人や地球を何周もするほどガソリンを使った人やうちわを配った人や、そのものズバリ政治資金規正法に違反している疑いのある人などはなぜ叩かないのでしょうか。


怖い人には逆らわず、反撃しない人は容赦なく叩く。完全にいじめの構図ですよね。


business.nikkeibp.co.jp

テレビ画面のこちら側にいる人々は、「疑惑」や「事実」に対する、理詰めの結論としての「判断」ではなくて、「態度」や「人柄」への感情的な「嫌悪」や生理的な「不快感」の表明として、舛添さんに辞任を求めたわけで

ということです。ただ、一般人がそう思うのは仕方ないですが、マスコミまで「不快感」で報道してよいのでしょうか。いい・悪いという判断は私たちがするので、マスコミはその材料を出してください。その材料は「感情」ではなく「事実」です。


繰り返しますが、一般市民が感情論になるのは仕方ないです。人間だもの。でも、そういうときこそ、マスコミは公平中立に事実を報道してもらいたいのです。
今回のような報道の仕方がいじめの構図だということは、頭のいいテレビマンは分かっていると思います。それでも、視聴率が取れるならいじめに加担することを選ぶのですか。
報道として、いやマスコミとして、いや「大人」としての矜持やプライドはないのでしょうか。家に帰って子供に「これはいじめではないのか」と訊かれたらどう答えるつもりなのでしょうか。
もしこの問題の期間中にいじめで自殺をした子供がいたら、「いめじはけしからん!」というニュースを流すんでしょ。多重人格者か!お前だよ!


と思っていたら、ワイドショーでこの構図に異を唱えた人がいました。
lite-ra.com

バカバカしいにもほどがありますよね。だって、どんなに多く見積もっても1000万も不正使用してないですよ、これ。それで46億円かけてこの後選挙するんですよ。都議会とか麻痺させといて、アホかって話ですよね。(略)マスコミもそれに乗っかってガンガン報道し、それを大衆も喜んで聞いていたわけですよね。ようは、都議会の連中の党利党略、そして、僕ら大衆の、あと、マスコミのイジメエンターテインメント、これでスッキリするために46億円が無駄に使われていて、そして、都政もある程度麻痺するわけですよ。こんなことやってたら滅びますよこの国は

この意見に対して青山解説委員はこう反論しました。

今回、そもそもは小さい話から始まっているというのは事実だと思うんですね。ただやはり舛添さんがそれに対して初期対応を誤って、どんどん話が拡大していき、次々と疑惑が出ていった。(略)今回の話を見て行くと、舛添さんがそうした世論や、周囲との認識の間にどうしてもズレがあった。そのズレの中に驕りというものが見えたので、ここまで来てしまった。(略)これはやはり、舛添さん本人の問題というのが大きかったということは言わざるを得ない

青山さん曰く、舛添さんの問題は「初期対応の誤り」「驕り」ということで、問題そのものの事実の是非ではないというのです。まさに「感情」で裁いているのですね。


きりがないので終わりにします。
私は、舛添さんのやったことは正しいことではないと思っていますが、「違法ではないが不適切」の範疇だと思っています。なので辞職する必要は全くないと思っています。それ以上に50億円かけて選挙するのは絶対に無駄遣いです。
でもこれは私の意見であり、そうではない意見も当然あるでしょう。なのにマスコミが一方的な報道しかしないのが腹立つのです。他にもっと悪いことをしている(らしい)人がいるのにそちらは全く触れないのが腹立つのです。


感情で裁くのは止めましょう。マスコミは公平中立の立場で報道してください。それができないなら「報道」とは名乗らないでください。


群衆心理 (講談社学術文庫)

群衆心理 (講談社学術文庫)

広報・マスコミハンドブックPR手帳2016年版

広報・マスコミハンドブックPR手帳2016年版