やりやすいことから少しずつ

好きだと言えないくせして子供みたいに死ぬほど言ってもらいたがってる

RHYMESTERライブツアー2017『KING OF STAGE Vol.13』at浜松窓枠に行ってきました! 感想(その2)

人力と人間力


ライブは後半戦。前半はこちら↓
ese.hatenablog.com
『Back & Forth』はまず後半部分を一部アカペラで歌ってからトラックが入る構成。『ダンサブル』付属のDVD副音声で「ゴスペラーズ村上が『人はアカペラに弱い』って」と宇多さん言っていたので、それを取り入れたのかな。
あー、それにしれもこの曲大好き。アガるアガる!ラップの「見たら分かるすごさ」が凝縮されています。


続いて『Future Is Born』!さらに『Diamonds』!あー、楽しすぎて死んでしまう。楽しすぎてイッてしまう。コトリンゴさんの「お好きですか」「苦手ですか」の部分で宇多さんがこちらにマイクを出してくれたので叫んだら「お前…(苦笑)」みたいな顔されました。あざーっす。
絶頂の中、『The Choice Is Yours』があり、ラストMCで「すぐ帰ってくるから」というバレバレの曲フリで『カミング・スーン』


アンコール待ちは、普通は手拍子ですよね。ライムスの場合は「帰りたくない」という『ブレックファスト・クラブ』の一節を手拍子に混ぜる場合もあるのですが、この日はこれに加えて「フワフワ!」という合いの手を入れる人が現れました。下らなくて楽しい!お客さんもちょっと笑いながらフワフワ!
出てきたメンバーも「おもしろいなー」と苦笑しておりました。いいねー、ライブは楽しいよ。
http://starplayers.jp/rhymester-blog/2017/10/28/%e6%b5%9c%e6%9d%be%e6%a2%af%e5%ad%90%e9%85%92/
Dさん宇多さんは「ホエホエ」と言っていました。
宇「ホエホエがいいのはどんな重苦しい空気も一発で軽薄になるところ」確かにそうですな。


体力あるね、本編の長さはいかが?とお二人は訊いていましたが、全然大丈夫!もっとくれよ!です。なぜなら、これだけ熱狂のライブハウスなのに誰も押さないのです。これってすごくない?オープニングの「いざ開演!」のあの瞬間ですら押さないんですよ。だから無駄な汗や疲れがない。3列目でも踊れるスペースあるもん。ライムスファンは熱と節度の両方を持っている素晴らしいキングオブお客です!


ここでJINさんの「レコード1枚のみプレイ」という極限まで削ぎ落とした「Rで始まりRで終わる」アカペラ!これ、毎回カッコいいなー。『ダンサブル』特典DVDにも入っていますので、ぜひチェック!
そして『B-BOYイズム』!この曲は定番中の定番チューンなわけですが、それでも毎回ブチ上がる。魔法がかかった曲だよなー。


本当にラストの曲『マイクの細道』。うん、この曲の置きどころはここだろうな。ラストの「4・3・2・1」は盛りあがるけど終わってしまうので寂しい!


曲終わりで3人とハイタッチ。嬉しい!
ああ、終わってしまいました。結局アンコール入れても2時間10分くらいかな?もっとやってもいいんだぜ。大箱と違って映像や1部・2部がないので同じ曲数でも時間短くなるのかな。それだったらもっと過去曲やってくれてもいいんだぜ。
そういえば『ダンサブル』から『Don't Worry Be Happy』はやりませんでしたな。Dさんの小芝居見たかったのに!


楽しかった。3列目という近距離だったのもありますが、楽しかった!
RHYMESTERは毎回親切で丁寧で真面目。大箱小箱でセトリ変えてくるのもそうだし、きちんと説明してから曲に入るのもそうだし(たまに説明過多と感じるときもありますが)、つかみ・中盤・盛りあがり・ラストとライブの構成をしっかり考えているところもそうだし、それらがルーティンではなく毎回一から考えているのが嬉しい。だからどのツアーに行っても毎回フレッシュに楽しめるし驚ける。


Zepp Tokyoのセトリを見ました。確かにゲストは豪華で素晴らしいセトリですが、曲だけ見たらこっちの方がいいんでない?小箱セットは大箱セットに負けていませんよ。宇多さんのいう通り「俺たちは人力だから」がまさに発揮される小箱ですから。同時に人間力も。
でも、やはり大箱セットも見たい。ゲストはもちろんですが、大箱ならではの映像や演出を見たい。今回のツアーは大箱セットが前半にまとまっているので、これから大箱セットを見たくても行けない!あー、残念無念。ツアー終了が12/24なので、年明けでもいいので大箱アンコールライブをやってくれませんかねー。お願いします、スタッフの皆様。万難を排してライブに臨みますから!


<本日のセトリ>
1.オイ!
2.スタイル・ウォーズ
3.Just Do It!
4.ちょうどいい
5.ゆれろ
6.梯子酒
7.お ぼ え て い な い
8.ビッグ・ウェンズデー
9.ブレックファスト・クラブ
10.グラキャビ
11.And You Don't Stop
12.ONCE AGAIN
13.ダーティーサイエンス
14.爆発的
15.Back & Forth
16.Future Is Born
17.Diamonds
18.The Choice Is Yours
19.カミング・スーン
<アンコール>
20.「Rで始まりRで終わる」のやつ
21.B-BOYイズム
22.マイクの細道


こうやって並べてみると結構やっていますね。十分。でも、さらにわがままを言えば『Don’t Worry Be Happy』『人間交差点』『ゆめのしま』『Deejay Deejay』あたりも、どうですか?


ダンサブル(初回限定盤B)(DVD付)

ダンサブル(初回限定盤B)(DVD付)

ダンサブル(通常盤)

ダンサブル(通常盤)

↑ライブで「同じ日にアルバム出たんでサ上もよろしく」と宇多さん言っていました。