読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やりやすいことから少しずつ

好きだと言えないくせして子供みたいに死ぬほど言ってもらいたがってる

真心ブラザーズ ライブ「KING OF ROCK 20th」に行ってきました! 感想(その1)

ストイックが似合う人似合わない人


真心ブラザーズのアルバム「KING OF ROCK」発売20周年を記念したライブが行われました。
このアルバムは私が真心ブラザーズにはまったきっかけでもあるので、もちろん行ってきましたよ。
アルバムについてのエントリはこちら。↓
ese.hatenablog.com
会場は渋谷リキッドルーム。渋谷だと思っていたのに、最寄り駅は恵比寿なのね。
f:id:ese19731107:20150501170144j:plain
チケットはソールドアウト。当日券販売もなし。うむ、めでたい。調べたらここのリキッドルームのキャパは900くらいなのね。それじゃあすぐ売り切れるわ。


いざ開場。私はだいぶ後ろの入場整理番号だったのですが、スペースを見つけてそこそこ前方上手側(桜井さん側)にポジションを取りました。
f:id:ese19731107:20150501184905j:plain
お花の写真。何と来ていたのはこれだけ!このプレミアムライブ、東京ではここでしかやらないのに。フラカンの皆様、ありがとうございます。義理堅い。


グレートマエカワさんはライブにもいらしていたようです。
開演時間が近づくにつれて会場は混み混みになっていきます。「前に詰めてくださーい」というスタッフからのアナウンス。さすがソールドアウト。


19:10、客電が落ちていよいよスタート!
バンドメンバーが登場して楽器をスタンバイ。そしてYO-KING登場!「だる~い感じ!」
「スピード」に続いては「高い空」。この曲、キーが高いのにさすがYO-KING、素晴らしいボーカルです。
「愛」はCDではスカパラのホーンが入っていたのですが、今回のライブはマウンテンホーンズもうつみようこさんもいない、ドラム(ビバさん)、ベース(上野さん)キーボード(山口さん)だけのシンプルな編成だったので、アレンジもちょっとシンプル。物足りなさもありましたが、ここだけのアレンジが聴けたのでそれもよし。


この辺でMCかな、と思っていましたが、まだノンストップで続きます。
マイ・バック・ページ」に続いて「上手な眠り方」。桜井さん、CDの時より確実にボーカル力上がっています。いい曲だ。
この曲では桜井さんがアコギを弾いてYO-KINGがエレキを弾くのですが、YO-KINGはほとんど弾かない。この「弾かない」ことに堂々としていられるのがYO-KINGYO-KINGたる理由だ。
あと、桜井さんはこの髪型にしてとてもよかった。かわいいしカッコいいし若い。
「すぐやれ今やれ」は、「爆発しそうハイな気持ち」の部分が「気が狂いそうハイな気持ち」になっていました。あえてなのかな。まあ、このアルバムは歌詞カードないから「正解」自体がないんだ。その時歌う歌詞が正解なんだ。


ここでようやく初MC。よかった。このまま突っ走ってしまうかと思った。ストイックに曲を連打していくライブも楽しいしカッコいいけど、真心には似合わない。途中で「え、まだやるの?」「真心なのにマジじゃん」など思ってしまいました。
YO-KING「今、ほっとしたでしょ。あ、しゃべるんだ、みたいな」
大阪では「スピード」の前にこのライブの趣旨を説明したのですが、10分くらいしゃべってしまい、最初のテンションがなくなってしまったので今回はいきなり始めたそうです。
Y「すぐ考えを変えられるっていうのも天才のひとつだからね。すぐアジャストするから」桜井「『アジャスト』言いたいだけでしょ」桜井「ビジネス用語とか言いたいよね。『コンプライアンス』とか」Y「言いたい!コンプライアンス!」
ベースの上野さんはずっとMB'sのイメージですが、このアルバム当時はまだ参加していなかったそうです。このアルバムではフクチさんがメインで弾いていたのですが、次の「サマーヌード」で「このベースは俺は弾けない」と辞退したので、上野さんにお鉢が回ってきたとのこと。
という桜井さんの説明に対してYO-KING「え、でも『サマーヌード』は一郎君が弾いたわけじゃないよね?」桜井「あの曲は沖山雄一さん」違うのかよ!桜井「事実をねつ造したかったけど、諦めました」


本日のお二人の格好。桜井さんはTLCの赤いTシャツ。なぜ今さらTLC何だと思ったら、アルバム発売当時に流行っていたからとのこと。
YO-KINGは赤いウインドブレーカー。何とその当時着ていたものだそうです。YO-KING「還暦ライブもこれでやる」とのこと。
桜井さん「赤いヤッケで」。思わず二人で「ヤッケて!」と突っ込み合っていました。素晴らしい阿吽の呼吸。


いつもの真心の空気になって後半戦スタート。
「マイ・リズム」のエンディングの後、変な間が。「…、あ、俺か」何と桜井さんが次の曲のきっかけだったのに忘れてぼーっとしていたようです。
もう一度エンディングからやり直して「マイ・ガール」。
「忠告」のアウトロははじける展開になるのでここでYO-KINGにいろいろやってもらいたかったのですが、演奏中に次の曲のギター準備などを始めてしまい、特に何もなし。あーん、残念。
「今しかない後がない」ときて「STONE」!この日一番の大盛り上がり。このライブはCDの曲順に演奏するのですが、この曲がここにあって大正解。
「日曜日」で一旦終わるのかな、と思っていましたが、そのまま「スピード2」。桜井さんのワウペダルがあまり上手くなかった…。


ここで本編終了。時計を見るとまだ20:20。まだ全然物足りない!
もちろんアンコール待ちの手拍子ですよ。
こういうときの手拍子って、何でだんだん早くなって最後には崩壊してしまうんだろう。私は意地になって他と合わせず同じテンポで手拍子を続けます。みんなも同じテンポキープすればいいのに。


長くなってきたので、一旦切ります。次回アンコールと全体感想を書きます。


KING OF ROCK

KING OF ROCK