やりやすいことから少しずつ

好きだと言えないくせして子供みたいに死ぬほど言ってもらいたがってる

映画『シャン・チー/テン・リングスの伝説』 感想

カンフー×ドラゴンボール×キングギドラ×マーベル


MCU最新作『シャン・チー/テン・リングスの伝説』を見てきました。公式サイト↓
marvel.disney.co.jp
MCUのフェーズ4としては『ブラック・ウィドウ』続く作品ですが、『ブラック・ウィドウ』は「『エンド・ゲーム』でナターシャお疲れさま!最後の花道として単独主演作用意したよ!」という位置づけ(物語の時代も当然『エンド・ゲーム』より前なので、新しい展開や布石はなし)なので、実質本作品が『エンド・ゲーム』以降の第一作。そしてMCU自体も『エンド・ゲーム』で一旦終了なので、本当にこの作品から新たな時代が始まるのです。


とはいえ、私はあまり期待していませんでした。


この作品の予告編を見て、見に行くかなー。行かないだろうなー。
www.youtube.com
MCUばっかり追っているわけにはいかないんだよ。世の中には他にも面白い映画がたくさんあるんだよ。でもまあ仕方ない、MCUだから見に行こう。
と思っていたところ…
f:id:ese19731107:20210904110553j:plain
面白かった!!


やっぱり、カンフーは面白い。アクションとして華がある。本作の武器:テン・リングスの使い方もいろいろ工夫があって面白かったし。リングを弾丸のように発射、リングをまとめて防御の盾、力を下に向ければ跳躍力のアシスト、いりいろできるね!


オープニングの「テン・リングスの歴史」もコンパクトで分かりやすかったし、その後の「スーパーカーで登場→と思ったらホテルの駐車場係」というギャグもいい。同僚のケイティの運転で目を丸くするシャンの表情もいい!渥美清か!
バス内でのアクションは、狭さやブレーキが利かないなどの条件(制限)の中でのアクションなので、工夫があってよい。そこでケイティがバスを運転するというのも伏線と回収になっているし。
さらに、このときの動画がバズって「バスボーイ」として有名になり、格闘場でのアクション、妹との再会、と上手いことつながっていく。
ここでの足場アクションもよかったなー。縦(上下)と横(左右)でずっとハラハラ。ケイティの「竹が折れちゃうよー」の部分もよかった。


「テン・リングス」は『アイアンマン』シリーズで登場していた謎の悪の組織で、これが本作とどう繋がるのかなーと思っていたら、「あのテン・リングスは我々の組織名を勝手に騙っていただけ」という説明。なるほど。確かに『アイアンマン3』では首謀者とみられていた男が単なる役者だったもんなー。矛盾はなく仕切り直す上手い説明。


で、ラストは父子対決。ここ、もう少し明確に「父を超えた!」もしくは「超えたと思ったがやはりまだ父の方が上だった」が分かるとよかったのになー。
あと、父は敵だけど「愛故に狂った」わけで、そこは正気に戻してあげたかった。で、父の愛の承継としてリングを受け継ぐ、という流れが美しいと思うのよねー。
その後の『ゴジラVSコング』のような竜の対決は正直長かった。ケイティの弓が絶体絶命の危機を救うところは、分かっていても「よし!」と思っちゃうね。ベタであってもフリとオチ、伏線と回収は大事。「今度は見捨てない」のセリフも!
このクライマックスの部分、全体的に『ドラゴンボール』感がありましたね。リングをまとめて発射すれば完全に「カメハメ波」だもんな。


とちょびっと文句をつけるところはありましたが、全体としてはとても面白かったです。ミッドクレジットでアベンジャーズの世界観に繋がるところもよい。次回はドクター・ストレンジと共演するのかな?
ついでにもうひとつ文句を。母親の死因、可哀相すぎるだろ。父親の敵に母親を男30人がかりでリンチするのかよ!せめて父を殺すつもりで間違って母が死ぬ毒殺、とかにしてやってよ。


本作はアジアが舞台なので、劇伴もずーっとアジアっぽい音階、コード、音色が使われていましたね。嫌みにならない程度なので違和感は感じませんでした。また、ター・ロー村も「アメリカ人が考えるアジア」だけどあまりヘンテコ感はないという上手いバランス。『ブラック・パンサー』のワカンダ(≒アフリカ)も同じことを感じました。
それにしても、こういう作品でアジアが取り上げられる際、もう日本はその選択肢に入ってこないんだろうなーという寂しさがありますね。『クレイジー・リッチ』を見たときにも思いましたが、もう日本はお呼びでないというか、こういうハイクラスのカルチャーのお仲間に入れてもらえない感じ。


キャストは、皆さんよかったですが、ケイティ役のオークワフィナが優勝、トニー・レオンが準優勝ですかね。オークワフィナはあの声がいいですね。昔の泉ピン子か今なら伊藤沙莉か。


ああ、もうMCUなんて追いかけるつもり薄れていたのに、また火が点いちゃったじゃないか。11月公開の『エターナルズ』はまた全然空気感が違いますが、これもこの先繋がっていくんでしょ?ケビン・ファイギ社長は既に10年先までいろいろ考えているんでしょ?楽しみじゃん。
ああ、また追いかけなくちゃ。