読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やりやすいことから少しずつ

好きだと言えないくせして子供みたいに死ぬほど言ってもらいたがってる

祝!サザンオールスターズ復活!

この国の宝、胸熱。


サザンが復活しました!
NEWシングルの発売とライブツアーを行います。

サザンオールスターズ、始まる― 2013年・夏、熱い胸さわぎ - YouTube


私、実はサザンにはもう期待していなかったのです。
桑田さんがソロでプロのミュージシャンと一緒にやるようになれば、バンドメンバーに対しては演奏技術について物足りなさを感じるでしょうし、メンバーの年齢もだいぶ進みましたので体力気力の面からもモチベーションが低くなっているのでは、と。
だから今年は何かあるのかな、と期待しながらも何もなくても別にいいや、と思っていました。
でも、いざ発表になると、嬉しいですねえ!


しかも新曲もいい感じ!

サザンオールスターズ CM フォルクスワーゲン「New Golf」 (30秒) - YouTube
CMのラストでメンバーに会うのもいい!
サビの一部しか聴けませんが、「あの」サザンな感じがしませんか?「サザンらしい」「おなじみの」というのはあまり褒め言葉ではありませんが、今のサザンに求められているのはこれだと思うのです。
ベタでサザンっぽい曲で、いい曲。これって実はハードル高いと思いませんか?今までの王道をあえてやること。既に過去の自分が最高飛距離をたたき出している場所で同じ球を投げること。プログレやラップなど、変化球を投げれば曲の良し悪しとは関係なく「今でもサザンは攻めてるぜ」という言い訳もできるのに、あえて同じ球で勝負。だってファンが求めているのはこれだから。サザンではソロ以上に自我ゼロですね。
早く全編聴きたい!


ただ難しいのは、それが正解であっても、ポップスとして正解になるかは別物、ということです。
休止前の「I AM YOUR SINGER」は、ミディアムテンポで切ない曲調、歌詞もファンへの感謝の気持ちが歌われていて、ばっちりの仕上がりです。でも、サザンの歴史に残る曲かと言われれば違うような気がします。ポップスの魔法は難しい。
でも、最近また聴いてみるとサビは素晴らしいですね。Aメロの間延びしたメロディが好きじゃないんだな。
サザンオールスターズ/I AM YOUR SINGER - YouTube
公式からだと画像ごと貼れないのかな?


もう、サザンはそこにあればいいんです。革新とか斬新とか求めていません。志村けんの「だっふんだ」、アントニオ猪木の「元気ですかー」、寅さんの夢オチ、水戸黄門の印籠と同じでいいんです。そこに批評性を持ち込む必要はありません。


さあ、ライブです。
チケット争奪戦は明らかで、一般発売で取れるとは全く思いませんが、チャレンジはしてみよう。これを逃すとさすがにもう次はないかもしれないので。諦めたらそこでライブ終了ですよね、安西先生
でも、こんな真夏に屋外でやらなくてもいいんじゃない?メンバーもファンももういい年齢ですよ。じゃあ、このまま秋~年末まで続けてくれればいいんだ!そうだ。年越しライブもお願いします!


その他、好きな曲を貼っておきます。公式チャンネルはフルコーラス流してくれないんだな。そして「キラーストリート」以降しかないのか。過去のあの曲やあの曲は置いてないんだな。
サザンオールスターズ/ロックンロール・スーパーマン ~Rock'n Roll Superman~ - YouTube
公式以外からもいくつか。なるたけシングル以外を。

サザンオールスターズ/彩~Aja~ - YouTube

サザンオールスターズ - 海 (Live) - YouTube

思い過ごしも恋のうち サザンオールスターズ - YouTube

2012.02.25 心を込めて花束を - YouTube
昔の曲は音が悪いしアレンジが古臭いですが、曲はいい。
きりがないのでこの辺で!チケット当たれ!


桑田佳祐サザンオールスターズ関連のエントリ↓
桑田佳祐ライブDVD&新曲同時リリース! 感想 - やりやすいことから少しずつ
桑田佳祐ライブ2012(さいたまスーパーアリーナ)に行ってきました! 感想(前編) - やりやすいことから少しずつ
桑田佳祐ライブ2012(さいたまスーパーアリーナ)に行ってきました! 感想(後編・ネタバレあり) - やりやすいことから少しずつ
桑田佳祐言の葉大全集「やっぱり、ただの歌詩じゃねえか、こんなもん」感想 - やりやすいことから少しずつ
桑田佳祐最新ベストアルバム「I LOVE YOU-now & forever-」 - やりやすいことから少しずつ
桑田佳祐ベストアルバムの歴史 - やりやすいことから少しずつ
桑田佳祐・サザンオールスターズの歴史 - やりやすいことから少しずつ
桑田佳祐「音楽寅さん」 感想 - やりやすいことから少しずつ